qc3級試験対策

2018年05月29日

第25回(3月18日実施)の3級試験の考察(手法分野)

3月18日に実施されました3級試験の手法分野について解説をします。
手法分野からは51問題数でした。基本的な知識を勉強していれば80%は得点できる内容でした。

第1問は”サンプリング”から4問出題されました。○、×問題で、いずれの設問も平易な内容でしたので4問全問正解したい問題でした。

第2問は,”基本統計量”、△”正規分布”からの問題でした。平均、中央値、範囲、不偏分散を求める設問の4問全問正解したい問題でしたね。

第3問は”確率分布”からの問題でした。二項分布に関する内容でしたので、ここまで勉強している人は少ないと思われますので、2から3問正解できれば良しとする問題だったかと。

第3問はxバーR管理図からの出題でした。
UCL、LCLを求める問題は、過去の頻出項目であるのでミスしてはいけない問題でした。

第5問は"QC7つ道具"からの出題でした。いずれの設問も平易な内容でしたので5問全問正解したい問題でした。

第5問は"相関分析"からの出題でした。相関係数を求める式を知っていない人は2問間違えた内容でしたが、後の4問はミスが許されない問題でした。

第7問は”パレート図”から8問出題されましたが、文章問題形式だったので、実践分野かと思いましたが、協会発表では手法分野からの出題でした。いずれの設問も平易な内容でしたので8問全問正解できる問題でした。

第8問は"チェックシート"からのから4問出題されました。いずれの設問も平易な内容でしたので4問全問正解すべき問題でした。

第8問は"新QC7つ道具"からの出題でした。6問出題されましたが、各手法のkeyワードを知っていれば全問正解できた内容です。



山田ジョージ at 06:06|Permalink