qc3級合格

2018年01月09日

3級試験に出てくる「変動係数」の用途は?

3級試験で出題される、ばらつきを表す統計値として「変動係数」があります。
当方品質管理歴30数年の実務経験がありましたが、QC検定試験を通じて初めて知った語句です。
変動係数(CV)は標準偏差を平均値で割った値を用います。式にすると下記のとおりです。
  CV=s/xバー
このように、変動係数は単位をもたない数値です。どのようなところで、この統計値が使われているいるのか調べたことを紹介します。

下図のように、「1人当たり県民所得」の変化をみるのに変動係数に用いられていました。
内閣府から発表されている「平成26年度県民経済計算」より抜粋

一人当たり県民所得
















一人当たり県民所得1





上図より
平成17年~19年の変動係数は  約17%
平成24年~26年の変動係数は  約14%  となっています。

貧富の差が拡大していると言われていますが、10年前と比べると、都道府県間の所得格差は小さくなっていると考えてもいいのではと思います。ただ、平成17年頃にはどういった状況だったのかは、ここでは省略しますが、物価、政治情勢などの他要因もあるので、一概にはいえませんが直近の方が都道府県間のばらつきは縮小し、平均的に暮らしやすくなってきている?。
「変動係数」の用途があるというこをわかっていただけたでしょうか。

3級受験対策は新しくなった3級eラーニング
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2602098.html
特徴
・質問に対する回答は24hr以内にします。(原則)
・スマホでも視聴可能なので、スキマ時間を活用できます。





山田ジョージ at 04:45|Permalink

2017年11月14日

QC検定3級受験対策wコースの更新

3級受験対策のwコースを規格協会から発表されている最新のレベル表に完全対応した内容に更新しました。
更新のねらい
・最新レベル表に準拠した内容
・合格に最低必要な知識へのブラッシュアップ
・実践分野のボリュームアップ
・価格は据え置きです。

3級レベル表
https://www.jsa.or.jp/datas/media/10000/md_290.pdf

       






山田ジョージ at 08:19|Permalink

2017年01月18日

深く勉強しないことが3級合格の近道

この試験を受験するほとんどの方が社会人です。
多くの受検者は、初めて学ぶ「平方和」「分散」「標準偏差」などの語 句の意味を完璧に理解しようとするあまり、その深みにはまって、仕事の合間の貴重な時間を費やしてしまいがちです。
その結果、途中で勉強を止めたり、受検日までに試験範囲すべてを網羅することができなかったりして、不合格になってしまう可能性が高くなっています。「最初から勉強しなかった」という人は論外として、合格できなかった方の多くはこれが原因でしょう。

試験では、計算問題として、平均値やメディアン、平方和、分散、標準偏 差などの項目が出題されますが、合格を目ざすためには、深く勉強しないことが大切です。「平均やメディアンは、中心を表す尺度である」「平方和や分散、標準偏差は、ばらつきを表す尺度である」といった、大まかな理解にとどめておけば十分です。平方和や分散、標準偏差の計算式さえ覚えておけばよいわけです。「平方和や分散、標準偏差の意味するところは何か」「何故このような式になるのか」との疑問を持つのは自然なことですが、その追求はくれぐれも試験に合格したあと、時間に余裕ができたときに行ってください。
さらにいえば、実務では、平方和や分散、標準偏差は表計算ソフトで簡単にミスなく求めることができます。あくまでも、試験のための勉強をしていることを強く意識することが重要です。

社会人のあるみなさんは、ドライに合格を目ざした「完璧な理解」にこだわることなく、始めた勉強を最後まで続けること。これが合格の王道です。





山田ジョージ at 06:42|Permalink