qc3級

2014年04月10日

2014年3月実施の3級試験を振り返る(その2)

第3問は管理図とヒストグラムからの出題でした。選択肢の文章が長文だったために、一見難しそうな感じを受ける問題でしたね。

設問では
・管理限界線上に点があるときの管理図の判定
・R管理図は郡内変動or群間変動
の問題が難しかったと思います。

第4問はパレート図からの出題でした。
設問数6つに対して選択肢7つで、各選択肢を複数回用いることはないとの条件でしたが、問題に不備が発見され(受験者からの問い合わせ?)、訂正が発表されています。
試験中に受験者の方は戸惑われたと思います。
受験者を不安にさせるようなミスはあってはならないと思います。

さらに2級試験では
昨年の3月の2級試験では「正規分布表」が付表として付いていなかったために、受験生に対して大きな迷惑をかけた失態があったにも関わらず、舌の根の乾かぬうちの今回もまた、2級試験で、誤植?のミスが発生しております。

主催者から
「当センターでは、 今後、 試験問題の作成・確認プロセスを見直し、、同様の不備起こさ ないように再発防止に万全を尽くす所存です。」
と発表されています。

いずれにしましても、普及してきたQC検定資格ですので、真摯に見直し作業を進められ、ここで、受験者に対して安心感を与えるためにも、改善内容の発表と点数配分をオープンにされた方が良いかと思います。





山田ジョージ at 09:20|Permalink

2014年04月09日

2014年3月実施の3級試験を振り返る(その1)

第1問は工程能力に関する○×問題でした。
4問中3問正解できれば良しとしましょう。

第2問は基本統計量に関して計算を簡単にするために数値変換したときの計算過程の穴埋めの問題でした。

数値変換といった作業は、パソコンが普及していない約40年ぐらい前に、「実験計画法」のセミナーでやった記憶があります。
それでも、良く計算ミスをしたことを覚えています。
このような計算プロセスを問う問題は、品質管理とは関係が乏しく、試験のためだけの問題でしたね。
以前にも、2級試験で、同様な問題が出題された記憶がありますが。
出題された方は、かなりの年配者か?それとも、問題作りに苦労されているのでしょうか?

パソコンが普及し、計算もミスなく簡単にできるようになった今、このような問題は違和感がありますね。
実務的には、エクセルの関数を使えば一発で、平方和、標準偏差等の答えが出ますので、試験問題としては、整数値のデータで十分だと思いますが。。。

この問題を間違えた人は気にする必要はありません。
3級を受験する人は、このような問題に振り回されず、合格に徹した勉強(70%で合格)をするべきだと思います。



山田ジョージ at 08:49|Permalink

2014年03月18日

QC検定3級試験対策講座

先週の3月14日・15日の2日間、QC検定3級試験対策講座を大阪の某企業にて行ってきました。3月23日の試験には会社から11人が受験されるという中で、この対策講座には10名の男性社員が参加されました。
年齢は22歳〜47歳の範囲で、品質保証部門2名、他7名は現場系の部門からの参加でした。

前日の13日まで、県の職業訓練校で20名中19名の女性を相手に説明してきました関係上、今回は男性ばかりなので、引き受けた当初は、少し戸惑いもありましたが、受講者の若い人たちの熱気でそんな心配も吹っ飛びました。

講座内容は、手法分野を中心に、パレート図、ヒストグラム、管理図は演習問題も行いながら理解度を深めるために体得できるような形式で進めました。

さらに、自分も含めて11名分の身長(cm)の計量値データを身近な例として、その、
平均値、メディアン、範囲、平方和、分散、標準偏差を求める演習も行いました。
ちなみに
平均値=171,4cm メディアン=170cmでしたね。

また、3級試験で繰り返し出題されている、ヒストグラムについては、身長のヒストグラムを作成したので、耳慣れない語句である「きざみ(最小測定単位は1cm)」は理解できたことと思います。

3級の合格率はこれまで、約68%で推移してきましたが、直近の昨年の9月は51.15%となり前回と比べ17ポイントも低下しまた。
これまでは3人中2人が合格できましたが、昨年の9月は平均点以上でないと合格できないことになります。

最後に受講されたみなさん、後5日間もありますので、うら覚えの知識は、寝る前の記憶のゴールデンタイムを利用してください。
そすればきっと合格されるものと確信しております。

社会人のみなさんの中で、会社からの指示で3級を受験しなければならない貴方へ。
合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。限られた時間内で合格するようにこだわってください




山田ジョージ at 06:33|Permalink