qc合格発表

2015年03月25日

3月23日のQC検定試験を終えて

今週日曜日23日に受験されたみなさん、お疲れさまでした。
思い通りに解けた問題もあれば、ミスした問題もあり、後悔している人もおられるかと思いますが、試験は終了しましたので、社会人のみなさんは自分の業務の生産性向上に傾注しましょう。

主催者から基準解答が24日にHP上で発表されましたので、自己採点をやってみましょう。自己採点で70%以上、正答している方は、合格発表を待ちましょう。
また、正答率が60%〜70%未満だった方も、このような点数で過去、2級、3級で合格している人もおられますので、落胆するこなく、合格発表を期待しましょう。

今月の18日まで教えていた職業訓練校の生徒(3級受験者)さんから23日の夜、次のようなメールをいただきましたので紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

試験の出来についてですが・・・

正直に申し上げますと、苦手な計算問題につまづいてしまい、完璧とは言えませんでした。
しかし、穴埋め問題は先生に当てられまくったことが功を奏したのか、こちらはなかなか自信があります。
時間内には終わったので大丈夫だと思いたいです・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回、全く自己採点で振るわなかった方は、eラーニングをオススメいたします。
社会人の試験勉強は合格に徹することですので、細部にこだわない勉強法を推進しております。

今申し込まれますと、来年の3月の試験日までサポート(通常:4か月間)いたします。
2級受験対策コース
3級受験対策コース





山田ジョージ at 09:37|Permalink

2015年01月06日

品質管理検定レベル表の改定の予告

日本規格協会のHPで
http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/qc-top.asp
品質管理検定レベル表の改定の予告について【第20回(2015年9月6日開催予定)より適用】
改定内容や新レベル表の詳細については、2015年1月下旬にQC検定センターページ内にて公開予定です。 内容のお問い合わせ等につきましては公開までお待ちください。
と発表されています。

ちなみに、前回2008年に実施された改訂はの趣旨は
「2008年初めに実施したアンケート及び多方面からのご意見をもとにレベル表の見直しを実施し、改定を行いました(2008年10月8日)。
今回のレベル表の改定では、より見やすく、よりわかりやすい試験範囲とすることと、試験項目の社会での活用の実情に照らした見直しを行いました。」
とありました。

詳細は下記記事で取り上げておりますので、参考にご覧ください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1223142.html


いずれにしましたも、
今回3月に受験する人は、一発で合格するよう、勉強を継続することが重要かと思います。




山田ジョージ at 09:14|Permalink

2014年10月14日

QC検定WEB合格発表(2014年9月)

2014年9月のQC検定試験の合格発表がありました。
合格されたみなさんおめでとうございます。

また、各級の合格率は 
                        1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%  
              ↓      ↓        ↓
2013年3月:12.25% 40.93%  68.85%
           ↓      ↓        ↓
2013年9月: 6.89% 37.22%  51.15%  
              ↓      ↓        ↓
2014年3月:11.89% 29.86%  50.69%
              ↓      ↓        ↓
2014年9月:11.95% 24.99%  50.95%

なんと!!2級の合格率は25%です。びっくりです。
過去最低の合格率となった前回(3月)と比べても5ポイントも低下しています。

ざっくりと2級試験問題の手法分野を見ましたが、難問はなく、基礎知識で十分対応可能だったかと思う次第です。

前回以上に、限りなく合格基準を70%近くまで引き上げてきたのではないでしょうか。
ここまで合格率が低下してくると、点数配分をオープンにして、合格基準を「概ね70%」→「70%」と明確にするべきだと思いますね。

合格基準を70%とすると、合格率は20%を切るのでしょうか?





山田ジョージ at 17:19|Permalink