QC2級合格発表

2018年04月24日

web合格発表(2級編)

先日webでの合格発表がありました。合格されたみんさんおめでとうございます。不合格となった方は、9月の試験に向けて気持ちを切り替えてください。

2018年3月(25回)に実施されたQC検定2級試験の合格率は20%を切って過去最低の数値17.26%となりました。

これまでの最低の合格率は、2016年9月の19.64%でしたので、2ポイント低下したことになります。20%を割るともう難関試験ですね。

今回の2級試験は手法分野で難易度の高い問題(問1,2)が出題されました。しかし、基本知識を身に着けていれば、合格へは十分対応可能だったと思います。
基本知識についての今回の2級解説書の案内がありますので、申し込んでください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2608695.html

また、合格率が低下していることは、
実践分野が長文化傾向になってきて、この分野に時間がとられて、手法分野の計算問題の時間が足りなくなってきていることが挙げられます。

今後の2級受験対策は
・実践分野が長文化傾向なので、過去問で慣れておくこと。
・手法分野の計算問題では、基本的な計算式は、試験場で考えるのではなく、スラスラと手が覚えている状態までトレーニングすることです。

この試験を受験される人は、ほとんどの方が社会人ですので、まとまった勉強時間が取れない悩みがあるかと思います。
このような環境下での、社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることで、完璧を目指さない、ボーダーラインの得点で合格する意識を強く持つことです。
それには「戦略」が必要です。
ここでの戦略とは、まず、敵(出題傾向)を知る。その上で自分側の受験対策(合格への攻略法)を考える。これが鉄則です。

合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。ゆめゆめ、成績上位合格者とかの欲を出さないことです。限られた時間内で合格にこだわってください。
合格にこだわった勉強をススメています。
2級eラーニング



山田ジョージ at 07:38|Permalink