QC(品質管理)検定

2011年07月07日

人生をお得に生き抜くためにQC検定(品質管理検定)で得た知識を活かす!

昨日NHKの「ためしてガッテン」で放映された「数字トリック見破り術」を見られましたか?

QC検定を通じて統計を勉強されている知識を、実際に活かすことができる身近な内容であったと思います。

放映された内容は下記の4つで、詳しくはサイトをご覧ください。

・「現金4割引き」のお店と、「5割分の商品券を還元」、という店はどちらが得でしょうか?
・全米騒然!モンティ・ホール問題
・がん検診に潜むワナ
・広告・宣伝の数字のトリック
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110706.html


ここで、みなさんに問題です。

「あるコンビニA社は、50人に1人の割合で、購入した物が無料となるキャンペーンを展開しています。一方ライバルのB社は、購入料金の10%引きのキャンペーンを開始しました。
あなたは、どちらのコンビニを利用するのが得になると考えますか?」


解説は後日いたしますので、日頃勉強している頭を休める意味も踏まえて、上記の問題を考えて見てください。

折角、QC検定で“統計”の勉強をされているのですから、業務には生かせなくても、実際の生活にも結び付けたいものです。



山田ジョージ at 08:07|Permalink

2011年06月15日

QC検定(品質管理検定)eラーニングが4年目に入りました。

2008年の9月の試験を受験する方を対象に、その年の6月から、eラーニングをスタートしました。そして、今年の9月に受験する人を対象に実施していますeラーニングは4年目を迎えます。これまで、受講していただきましたみなさんありがとうございます。感謝いたします。
また、合格した方から過分なる評価までいただき重ねて御礼いたします。

私が1級にチャレンジしていた2007年には、QC検定の歴史が浅く、そのためQC検定用のテキスト等が市販されていなく環境が整っていない状況であり、なにか資料があればよいのだがとの悩みを抱いておりました。他の受験者のみなさんもそんな悩みをきっと持っているとの思いから、情報を発信したわけであります

2007年9月のQC検定1級に合格しました。約30年QC関係の職務に携わってきましたが、この合格した事実は、会社(6000人)の中で初めての1級合格者であることが解り、失いかけていた自信を取り戻すことができました。

合格しました機会に「1級の過去問の解説書」を出しましたところ、自分の思った以上の反響が大きくびっくりしました。
なによりも、インパクトが強かったことは、これまで培ってきた自分の知識が受験者の役に立って、合格された方から、感謝の言葉までいただいたことでした。サラーリマン生活で味わったことのない感情でした。いわゆる、人のために役立っている実感です。

その後、「eラーニング」「レポート」「QC検定セミナー」等を通じて受験者をサポートしてきました。
2級eラーニングは、この業界では先駆けて進めてきましたので、合格者も数多く輩出し、1部上場会社からも「2級eラーニング」を受講していただくまでになりました。認知度も高まったと思っております。

さらに、今年の3月には職業訓練校で3級の講師を務めてきました。

最近では、受講者がわかりやく、理解しやすいような「動画講座」も開設することができました。

4年目に突入した今、下記の特徴のブラッシュupを図っていきます。
・実績:動画講座もメニューとして追加
・納期:質問の回答は24hr以内継続中です。
・品質(Quality):数多くの合格者を輩出し続けています。
・利便性(Usability):環境を選ばす、勉強できます。
・コスト(Cost):業界最安値の受講料金体系(当方調べ)!(QC検定2級Sコース: 13,000円!)

2級eラーニングのプロモーション動画です。(音声はありません)





山田ジョージ at 10:44|Permalink

2011年01月01日

QC検定合格に向けムダな勉強をしないためにすることは?

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

では、本年最初の記事です。
社会人の資格取得は、合格することにこだわり、そのために完璧を目指した勉強を目指さないことです。これをドライ勉強法呼んでいます。

ただ、1級は成績上位者から15%の人が合格する選抜試験的要素が強い試験ですので、注意が必要です。

ドライ勉強法は合格基準70点で合格するために、基本的な知識だけで合格するための方法です。そのためには、細部の知識いわゆる解らなくてもいい問題=ミスしてもいい問題を認める必要があります。

それでは、どれだけミスしても合格できるのか、実際の試験問題で検証してみることです。
ただ、過去問題は著作権の関係から試験を実施している団体が、関連してくる書籍も独占していることになっているのが現状ですので、発売される書籍を購入する必要があります。

2010年9月の試験問題書籍が発売されました。

過去問題で学ぶQC検定2級 2010

過去問題で学ぶQC検定3級 2010

先ずは、9月の試験問題一度やってみてください。実践分野は正答率(2級、3級)が高いので、ここでのポイントは手法分野で50%が正解できるかどうかです。50%未満だと、全体で合格基準をクリアーしても、足切りされます。過去問題をやみくもに何回も繰り返し勉強することは、効率的ではありません。合格基準を突破するために、最低限正答しなければならない問題を認識することが大事です。言い換えると、ミスしても合格できることを納得しすることです。

70点で合格するために正解すべき問題、ミスが許される問題を解説しております。上記問題集と併せて使えば効果的です。

9月2級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1939470.html

9月3級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1948488.html



山田ジョージ at 00:01|Permalink

2010年12月21日

2011年にQC検定試験で結果を出したい人

社会人になれば誰もが資格を取りたいと思ったことがあるはずです。ましてや、会社からの強い要請や昇格などの条件となっている場合は後には引けない状況です。

でも、時間がなかったり、やる気が起きなかったりで、いまだに取れていない人も多いのではないでしょうか。

学生の頃のようにがむしゃらに勉強しようと心では思うもののなかなか実行まで移すことができません。
はっきりいって学生の頃のように勉強するのは無理とあきらめた方がよいでしょう。

いちばん初めに行うことは合格のための「勉強法」を知ることです。このQC検定は合格定員枠が決まっているのではなく、ある程度の点数をとれば合格できる試験です。ただ、1級だけは別ですが。

2級、3級を受験する人を対象に合格へのステップは過去問題でどれだけ点数をとれば良いのか把握する。
→解らなくてもいい問題を知る。これが大事です。合格するためにレベルを実際の試験問題で確認することです。

2010年9月2級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1939470.html
2010年9月3級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1948488.html

市販の書籍には、各問題の正答が記載されていますが、点数をとる問題、捨てる問題は書いてありません。上記の解説書だけです。

現実を直視し、社会人でも可能な勉強法を実践しましょう。





山田ジョージ at 08:24|Permalink

2010年12月09日

QC検定に合格する「ドライ勉強法」とは

3月に受験するみなさん、合格するには「コツ」があります。

このQC検定試験は、概ね70点で合格できると発表されています。このサイトでは、過去の記事でもコメントしておりますとおり、枝葉末節な細かい問題まで気配りせず、完璧を目指さない「ドライ勉強法」を推奨しております。

市販されている過去問の書籍では、解答が記載されています。しかし、受験者側からみると、問題レベルの判断が難しいため、全ての問題を理解しなければいけないと思いますよね。そういう気持ちが強いほど、完璧を目指した勉強方法に向かっている訳です。そして、完璧を求めるあまり、少し解らないところがでてくると、勉強を途中で止めてしまうことになります。
こうなると不合格へ一直線です。

社会人の勉強は合格することに徹することです。90点の高得点で合格しようが合格ボーダーライン上で合格しようが、何の意味も持ちません。
そのためには
・取りこぼしてはいけない問題なのか
あるいは、
難易度が高いので正答が難しい問題なのか
について知ることが過去問題で必要です。

9月の試験問題に対して、70%の点数を取るために「正解すべき問題」「ミスが許される問題」について、調べてみました。
・2級9月解説書(無料)
・3級9月解説書(無料)

2級、3級を受験するみんさん、読んでみて是非70点で合格する「コツ」をつかんで下さい。
「不安」から解放されるかもしれませんよ。





山田ジョージ at 08:26|Permalink

2010年09月20日

1級の出題範囲は変わったのか?(供

前回の記事で、バランス・スコアカードの中小企業診断士で出題された問題を紹介しました。今回はのそ具体的な問題内容です。

第2問(H19)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 企業は規模を拡大するにつれ、生産の効率化や事業領域の調整、資金繰りや設備投資などあらゆる事業活動を計画的に進めることが重要になる。長期経営計画はそのための代表的なものである。しかし、…拘経営計画にはいくつかの重要な問題点が指摘されている。そのため、それを克服すべく戦略的経営計画が広く用いられている。さらに、近年では▲丱薀鵐后Ε好灰▲ードを導入する企業も増えつつある。
 
(設問2)
 文中の下線部△離丱薀鵐后Ε好灰▲ードに関する記述として最も適切なもの
はどれか。
ア:バランス・スコアカードでは、業績の原動力となるものをパフォーマンス・ ドライバーとよび、これを特定して直接に管理することによって事前段階からの業績管理を可能にしようとする。
イ:バランス・スコアカードには、経営のバランスを図るべく、ビジネス戦略の視点、財務の視点、顧客の視点、業務の視点、学習・成長の視点の5つの視点が設定されている。
ウ:バランス・スコアカードは、業績評価システムの構築を目指すものであり、成果主義的な管理制度には不可欠な管理ツールである。
エ:バランス・スコアカードは、多様な目標を総花的に並べることになるだけに、目標間の横の関係性や因果連鎖を的確に把握することは実際には不可能であり、管理技法としての限界が指摘されている。
オ:バランス・スコアカードは、日本的な目標管理制度を具体化する計画技法として1990年代初頭に開発された。

正解は、アです。

それと、QC検定試験で過去バランス・スコアカードの問題は。2008年の問13で出題されていました。2009年から実施されている、品質管理レベル表が発表される前の内容でしたね。




山田ジョージ at 15:14|Permalink

2010年09月18日

1級の出題範囲は変わったのか?

9月の1級試験は3月と比較して難易度が高くなりました。特に実践分野は、初めて見た語句など出題されて難しかったと思います。3月の試験では実践分野は易しい内容だったので、高い得点をとった人が、不合格となりました。読者の方でも70点後半の自己採点だったが、不合格だったとのメールをもらっていました。

この試験は概ね70点をとれば合格できるとオープンにされていますので、70%以上点数を獲得している受験生を不合格にすることは、QC検定の信頼性が失われる恐れから、その反動で今回は難しい内容になったのでしょうか。?

今回出題された中で、特徴的な問題についてコメントします。

問7:在庫管理
この問題は、手法分野、実践分野のどの分野に入るのでしょうか?一般的に在庫管理は生産管理の範疇ですが、今回出題されました。私の意識レベルでは品質管理の枠組みの中にはありません。
また、1級のレベル表のどこに該当するのでしょうか?そして、「年間の総費用を最小にするための最適発注量を求める問題」がありましたが、これは微分を使わないと求めれない内容の高度な問題と思いましたが。受験された方はどうだったのでしょうか。

問11:バランストスコアカード
これまでバランス・スコアカードと理解していましたが、バランストスコアカードとも言うらしいです。この語句を初めてみたのは、平成19年度中小企業診断士試験の企業経営の第2問です。経営管理手法の一つのことらしいので、出題されたものと思います。しかし、バランストスコアカードまで勉強していた人は少ないと思いますが。

問12:経済性分析
記憶が不確かですが、15年程前に、TPMのセミナーで経済性工学を受けたことがありました。千住先生のセミナーだった思います。調べるとやはりそうでした。
http://www.ae.keio.ac.jp/lab/ie/inada/EE_Keio.htm

また、千住先生のお子さんの真理子さんはバイオリニストだった記憶していまたが、やはり、これもそうでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%BD%8F%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90

そんな訳で、私の意識の中では経済性工学は品質管理の分野に入っていませんので、違和感を感じております。
意思決定会計の分野だと思いますが。

今回の1級は3月と比較すると、実践分野が難しかったので、平均点は低下すると思います。70点とれば上位15%の中に入っているのではないでしょうか。



山田ジョージ at 16:55|Permalink

2010年09月04日

試験前日チェックリスト

5日にQC検定に受験するみなさん、試験までいよいよ明日となりました。

みなさんに準備すべき持ち物、試験場での注意すべき項目をお伝えいたしますので参考にしてください。

試験前日チェックリスト(忘れ物はありませんか?)
・受験票
・シャープペン、鉛筆(鉛筆はBがお勧め)
(鉛筆はあまり先が尖っていない状態がベスト)
・鉛筆削り
・定規
・消しゴム
・電卓(ルートの計算ができるものか再度確認してください
時計(意外と忘れる人が多いので注意しましょう)

解答は直接マークシート記入する。
(一度問題用紙に解答を書いて、そして再度解答用紙に記入しないことです。ムダなことは止める。記入ミスが考えられます。)

解る問題から解いていくことです。1問目に計算問題が出題されていて、これに多くの時間を費やしたので、残りの問題が時間が無くて失敗したケースもあります。

マークシートに記入する時は、該当問題番号をきっちりとあわせるため、解答を該当箇所にマークできるよう定規等を利用し、ズレないように気をつけてください。

勝負の時は一人でとことん戦うしかありません。強い気持ちで、持てる力の全てを試験の解答用紙に出し尽くしてください。
やるべきことはやったといった心地良い、疲労感を味わってください。みなさんの合格をお祈りしております。

また、事前チェック対策として最適なレポートです。
・2級計算問題チェックリスト
・3級計算問題チェックリスト




山田ジョージ at 00:08|Permalink

2010年08月30日

最後まであきらめないことが大切です。

いよいよ試験まで1週間前となりました。受験するみなさんはもう目の前まで迫ってきている感覚でしょう。しかし、だからといって何も出来ないわけではありません。この時期は、体調を整えつつ最後の最後まで学習を続けることが大切です。細部にこだわないよう、時間を効率的に使うように気をつけた方が良いと思われます。最後まで、あきらめずに足掻(あがき)きましょう。

1級受験されるみなさんは、1級試験は成績上位約17%が選ばれる、選抜試験的要素が強い試験ですので、最後の1点を取りに行く気構えが必要です。この執着力の高い気持ちこそが、いざというときに合否の結果を左右することになるのではないでしょうか。

2、3級の受験されるみなさんは、他の受験者が正解しそうな、基本的な知識を問う問題はミスしないようにしましょう。
2級の合格率は50%、3級の合格率は67%です。平均点をとれば合格できます。

ここで2,3級試験での基本知識とは
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1621302.html
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1638444.html
で確認できます。

受験するみなさんのほとんどの人は、日々仕事をこなしながら、家でしか学習できない、忙しい方ばかりだと思われますが、最後まであきらめず、継続することが大切です。

皆さんの合格を祈っております。



山田ジョージ at 06:54|Permalink

2010年08月24日

試験の難易度と合格とは関係ない!

9月5日にQC検定試験の2級、3級に受験するみなさん。これまで解らなかった、難しい問題ばかり理解しようとはしていませんか?このような勉強は直ぐ止めて、基本知識の習得に切り替えてください。

これまで幾度となく記事に書きましたが、2級は合格率50%、3級は68%で推移しております。2級では受験者の半数の人が合格できます。言い換えるとその時の試験で平均点をとれば合格できるということです。
仮に試験内容は難しくなったしますと、受験者の大半が解けないのであれば、自ずと平均点は低下しますよね。従来平均点が60点だったものが55点に変わっただけですので、合格率50%ならば、55点で合格できます。
3級では、合格率が約68%ですから、平均点以下でも合格できます。これまで3級試験で不合格になって、複数回受験される方は、このことを十分認識した上で、どのような勉強ならば合格できるのか、自分で答えを見つけることが大事です。

主催者の発表では合格基準は概ね70%以上とありますが、実際には60点位で合格したとの話を聞きます。
なぜ、合格率を基準するかは、問題作成者が悩まなくて済むからです。仮に70点以上を基準にすると、試験毎に、難易度が変わると、大きく合格率が変化し、試験そのものの信頼性が問われることになります。よって、合格率を基準にすれば、このような心配は必要ありません。

繰り返しますが、2級、3級を受験するみなさん、枝葉末節的な知識を習得することは一切止めて、基本知識のみに目を向けてください。そうすれば、ドライに合格できます。
では、2、3級の基本知識レベルとはどのようなものなのか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
昨年度9月の2、3級の解説書(左記)を見れば解りますよ。




山田ジョージ at 16:11|Permalink

2010年08月23日

2週間の勉強法

9月の試験まで後2週間となりましたが、受験する皆さんは、70%とるために
細部の問題まで理解しようと、していませんか?
この試験は特に、2、3級は70点とらなくても合格できます。

このQC検定試験は概ね70%が合格基準であると発表されているが、その実態は、、昨年の3月から新基準で実施されたデータをみてみると、決してそうでもないような数字であることが解る。

   2010,3月 2009,9月  2009,3月
1級:15%    16%     15%
2級:50%    50%     50%
3級:67%    66%     66%

このデータからは合格ラインは各級の合格率で行なわれていることが推察される。
現実に今年の3月の受験者の方で、自己採点では
・2級受験者:6割前後の得点だったが合格した。
・1級受験者:選択問題で76点をとれたが不合格であった。
とのメールをいただいている。

最後まであきらめず、基本的な知識を勉強することが重要です。欲を出して枝葉末節的な問題まで、理解しようとしないことです。非効率的です。
昨年9月の2、3級の基本的知識問題を解説したレポートが左記の解説書です。参考までに。



山田ジョージ at 06:44|Permalink

2010年07月03日

今から間に合うのか?貴方次第です。

9月の試験まで後2ヶ月となりました。この時期になってきますと、

「2級を受験しようと思うが今から勉強しても間に合うのか?」
「QCの経験がないが3級は合格できるのか?」
等の問い合わせがきます。

結論から言いますと、大丈夫です。十分間に合います。貴方の努力次第です。

その理由は
以前の記事に書きましたが、このQC検定試験は合格基準の点数をとれば全ての人が合格できる試験です。

2級は合格率50%ですので、平均点をとれば合格できます。
3級は合格率67%ですので、平均点以下でも合格できます。

よって、基本的な知識を身に付ければ、2級、3級には合格できます。

また、2級受験者によくある質問では
「極端に数学が苦手です。数学が苦手でもなんとか学習したいと思いますが、大丈夫でしょうか?。」

などの問い合わせがきます。

やる前から、負け戦の考えです。また、これだけの情報では、受験者の方の実力が判断できませんので、実際に直近の試験をやってみて、どれくらい解けたのかなどの情報がないとアドバイスはできないとお答えしております。

70点をとるコツをまとめた解説書を参考にしてください。
2級
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1621302.html
3級
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1638444.html




山田ジョージ at 21:36|Permalink

2010年06月28日

そもそもQC検定試験とは(供

検定試験とは
「基準に合うかどうか検査して合格・不合格などを定める試験」とあります。
(出典:新明解国語辞典 第五版 三省堂(一部改))

ここでの合格基準は、一般的に客観的に判断できる点数等で示されますが、このQC検定試験では概ね70%以上となっており、ボーダーラインがはっきりとしていません。その実態は合格率を基準としている可能性が大きいと思われます。

その理由は
・昨年の3月より各級の合格率が同じ水準で推移している。
(過去の記事でコメント)
・2級受験者で自己採点で70%をとっていなくても合格している。
・70%以上とっていても1級では不合格となった受験者がいる。

定員枠が決まっていない試験ですので、基準をクリアーした人全てが合格できるのが検定試験です。
1級:約15%、2級:50%、3級:67%です。

2、3級では努力した人が必ず合格できます。それも平均点をとれば合格です。
反面、1級は70%以上を獲得しても、成績上位者から15%が選ばれるため、不合格となるケースが発生しています。
1級は選抜試験的要素が強いと思います。

従って、1級受験者とその他の受験者の勉強方法は自ずと違ってきますので、しっかりと認識して臨んで下さい。

2,3級受験者は今からでも決して遅くはないですよ。
手法分野の苦手は方
eラーニングで合格をサポートします。
続きを読む



山田ジョージ at 17:11|Permalink

2010年06月16日

QC検定に合格しないと査定にひびく!?

このQC検定試験には、団体申し込みがありますので、会社の上司から指示されて受験している人が多いと思われます。前回の3月の3級試験を急遽受験を指示され、受験したが不合格となった方からメールが届きました。
この方は、上司から今度QC検定に合格しないと人事評価査定が下がるとまで言われたそうです。

以前「不合格になりそうなタイプ」
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1664671.html
でも書きましたが、やはり複数のテキスト、問題集などを準備して勉強したが、結局頭に入らず不合格だったとの内容でした。
あっちこっち手を広げられる気持ちは解りますが、ここはまず1冊クリアーすることだけを、念頭において進めることが大事です。
このような方はページ数が多くあるような参考書でなく、薄い初歩的なテキストから勉強をまずスタートされることを勧めます。

そのようなテキストはどこにあるのか?
ここにあります。
↓  ↓  ↓  ↓
3級eラーニングです。
(再チャレンジの方は厚遇しています)

3級試験は合格率67%ですので、3人に1人を不合格にする試験です。言い換えれば3人に2人が合格できる試験です。
平均点をクリアーできなくても合格できる試験です。このことが解れば、どのような勉強をすれば良いのかわかりますよね。

基本的な知識を繰り返し勉強すれば、平均点以上はとれます。断言します。

会社の上司から「3級に絶対合格」と指示されている貴方。
いろいろ手を広げない勉強が合格への近道です。それと今回絶対合格するとの強いストイックな気持ちが必要です。合格できればとの安易な気持ちを捨て去ることです。そして、給料を上げてもらいましょう。




山田ジョージ at 06:31|Permalink

2010年05月28日

1級に合格するには1点にこだわる!

QC検定1級に合格するには、70点では合格することは難しいと思います。その時の試験の難易度にもよりますが。合格率を約15%に抑えているので、得点上位者から合格が決まっていく、他受験者との競争です。
正規分布表より面積15%の時のKe≒1.03となりますので、平均点では合格できないことがわかりますが。

その理由は
〆鯒の3月から新基準で実施され3回のその合格率は下記の通り
   今回    前回   前々回
1級:15%   16%   15%

■欝藜験者から選択問題で76点をとったが不合格であった。
とのメールをいただいています。

記述式問題で合格率15%をコントロールされいると推察されます。何故なら
この記述式問題は自社(受験者)での取り組みを記述する内容で、第3者が評価できにくい性質の問題だからです。

3月の問題は
・QCサークルの活性化へのあなたの取り組み内容
・あなたが関与した管理図などの事例
・あなたが関与した品質工学について
の3点が出題されました。

受験者が実際に経験・実践した内容を記述するものであり、各人が自分の会社で取り組んだ内容が、適切かどうか、採点者はどのようにして評価するのでしょうか?受験者の勤務している会社の風土、環境などから違った取り組み内容になっているのではないでしょうか?
これまで実際に取り組む機会がなかった人へ参考になればとの思いです。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/848522.html
私が合格した時の取り組み事例も記載しております。

従って、1点でも他受験者より得点した人が合格します。そのためには高得点を目指した、細部にこだわる勉強よりは、基本的な事項を取りこぼさないことが大事だと思います。
細部に入っていくと、昨年の9月出題の問3の「微分」まで勉強範囲に入り、深みにはまってしまいます。



山田ジョージ at 06:49|Permalink

2010年05月19日

不合格になりそう人

これまで受験生を、セミナー、eラーニング等を通じてサポートしてきた経験から、QC検定試験の効率的な勉強方法を考える上で、試験に合格する人と不合格になる人との思考・行動パターンの違いについて考察してみました。試験に不合格となる人の思考・行動パターンは以下のように推察されます。

◆そもそも全く勉強しない人。
仕事やその他の用事で忙しくて勉強時間が取れないケース。仕事が忙しくて勉強できないと言っているけれど、本当は忙しいのではなく、モチベーションが低いために、勉強をしないのではないでしょうか。
・なぜ資格をとりたいのか?
・この資格をとったらどんなメリットがあるのか?
・不合格の時はどんなデメリットがあるのか?
を今一度はっきりとさせることが肝要です。

また、会社から資格取得を命令されたが今ひとつやる気が起きないケースなどが考えられます。このようなタイプの人達が試験本番を欠席しているのではないでしょうか。1割の方が欠席をされています。(3月の全体欠席率より)

◆テキストの理解が思うように進まずに途中で挫折する人
完璧を目指すタイプに多く見られます。末節的な事項にこだわり、少しでも解らないところが出てくると、前に進めることができず、勉強を止めるような人。女性の方にこのような傾向が見られます。

最初はやる気があって勉強は捗りますが、途中で解らないところが出てくると挫折するタイプです。
このような方は、複数冊以上のテキスト・問題集で勉強している人に多いと思います。実際に過去のセミナーの参加者の中で、問題集、テキストが3,4冊もっておられた方がおられました。その本の中を見たら真っ白でした。2、3級受験されましたが不合格との連絡がありました。

2級は平均点(合格率50%)で合格できます。平均点を取るためには、基本を勉強することです。間違っても枝葉末節事項にこだわらないことです。

どうしても複数冊で勉強したい場合はページ数が少ない入門書で勉強するのか、或いは各章毎、分野別に読んで、読んだ後はすぐに当該分野の過去問の勉強に入るのが良いでしょう。

このような各科目毎の簡潔にまとめたテキスト→練習問題の組み合わせで勉強できるツールがeラーニングです。

手法分野
の対策は
新しくweb上で受講できる環境でとなった
eラーニングコース
でばっちりです。

2級管理画面サンプルです。
・各科目毎のテキストがダウンロードできます。
・理解度を確認のため、テキスト→演習問題に入れます。
・演習問題に解答すると、解説/正解が表示されます。
・繰り返し、何回でも新鮮な気持ちで演習問題をやることができます。

科目一覧


続きを読む



山田ジョージ at 16:26|Permalink

2010年05月13日

2級、3級の勉強はドライに

日本規格協会のHPでQC検定の受験者の男女比率、欠席率などの統計データが発表されているが、この中で受験者が関心あるのは、合格率ぐらいであろう。試験に関する統計データの基本は平均値ばらつきであるので、QC検定を運営している主催者が発表しているデータとして、なぜ、各級毎の平均点ばらつきのデータを開示しないのだろうか?

3月の受験者からいただいたデータで判断すると
・2級受験者の自己採点では、6割も満たない受験生が、合格したとの連絡をもらっているので、2級では平均点=6割前後の得点が合格ラインと推測される。

・3級では合格率=67%であるので、標準正規分布表N(0,1)から、ボーダーラインは、Kp=-0.44の値が読み取れる。これは平均点よりも低い受験者も合格していることになる。
仮に、平均点=55点、標準偏差=5とすると、合格率=67%では、53点とれば合格できるということである。(x-55)/5=-0.44より

試験毎の難易度のばらつきを合格率でカバーしていることが予想される。
よって、合格基準が概ね70%と発表されているが、2、3級では、間違いなく合格できる数字であるが、1級では合格率を15%で抑えたいために、70点以上とっている受験生が不合格になっているので、1級ではそうはいかない状況である。

社会人の勉強は合格することである。満点をとることが目的でない。60点で合格しようが、90点で合格しようが、資格としては同じことなのだから。

2、3級を受験する方は、完璧を目指した勉強方法で時間と労力を使うよりは、徹底的に合格にこだわったドライな勉強方法を勧める。

過去の記事でも書いたが基本知識だけで70点とれるコツをまとめたレポートがあるので、9月に2、3級を受験する人の参考になればとの思いである。
2級
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1621302.html
3級
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1638444.html



山田ジョージ at 06:59|Permalink

2010年04月28日

2級は平均点で合格!?

昨年の3月から新基準で実施され3回が経過した。
その合格率は下記の通りである。
   今回    前回   前々回
1級:15%   16%   15%
2級:50%   50%   50%
3級:67%   66%   66%
不思議なことに、合格率がほぼ同じ数字で推移している。
この試験は概ね70%で合格できると発表されているが、このデータからは合格ラインは各級の合格率で行なわれていることが推察される。

現実に今回の受験者の方で、自己採点では
・2級受験者:6割前後の得点だったが合格した。
・1級受験者:選択問題で76点をとれたが不合格であった。
とのメールをいただいている。

このQC検定資格が発展していくために下記2点を提案する。

々膤粉霆爐鬚呂辰りさせることが望ましい。
国家資格では点数として客観的に評価できる試験はボーダーラインを明確にしている。私が昨年FP技能検定に挑戦した時の合格基準は60点と明確になっていた。このような観点から、少なくとも、客観的に点数評価できる2、3、4級の合格基準は70点と明確にすべきだと思う。

記述問題がある1級については、選択問題+記述問題のトータルで判定通知すべきと思う。そうしないと、なぜ不合格になったのか受験者は解らないからである。最近は判定理由が記載されてるのかどうかはわからないが、私が不合格になった時では、不合格としか書かれていなかったような記憶がある。

国家資格の中小企業診断士の2次試験は記述式問題であるが、その結果はABCランクで判定され、不合格者にその判定結果をフィードバックされている。

今回の1級受験者で選択問題で7割を取れたが不合格となった人は、記述問題で落ちたと認識しているが、果たしてそうであるのだろうか?最低合格ラインを決めて合否を判定しているではないだろうか?仮にそうならば、合格枠を設けるべきだと思うが。その都度の試験難易度によって合格ラインが変化することは受験者にとって対策が難しい。主催者しか解らないことなので、これ以上のコメントは差し控える。

∋邯殻簑蠅鬟ープンする
ほとんどの国家資格の試験問題は発表されていると思うが、このQC試験問題は主催者の著作権のガードでオープンにされていない。これでは、受験生は直近の情報を知ることができないので、試験対策として効率的な勉強ができない。

これまでは主催者側からの月刊誌で試験問題は入手できたが、今後は、収載しないことのようだ。受験者は、主催者から発刊されてくる過去問の対策書を購入するしかないようである。

この資格が国家資格まで発展することを願っている。



山田ジョージ at 17:16|Permalink

2010年04月22日

統計手法のサービス部門での活用例

QC検定試験を受験される方は、ほとんどが製造業の方ではないでしょうか?
今回は、小売業などのサービス業でQCの統計手法が活用されている事例を紹介いたします。

統計手法を用いて、データを分析し、隠れた関係性や意味を見つける方法に
データマイニングがあります。「マイニング」は発掘するの意味であり、蓄積されたデータを「鉱山」に見立て、そこからなんらかの規則性を見出すことをイメージしています。これらの処理はコンピュターを利用して行なわれています。

その実際例として、最も有名はものが「おむつ」と「ビール」の事例があります。あるスパーマケットでは「週末には紙おむつを買いに来る男性は、同時にビールをケースごと買っていく」という規則性をデータ解析で解ったので、紙おむつとビール売り場を近づけてみたところ、売り上げが拡大してと言われています。

QC手法はややもすると、製造現場だけで使用するのものと考えがちでありますが、今日においては、コンピュターを使って、サービス部門での顧客情報をデータ解析等に、効果的に活用されています。
このデータを分析するツールとしてOLAPがあります。

また、データ収集・蓄積には、コンビニ、スーパー等のレジで使われている、POSシステムが代表的なものです。



山田ジョージ at 08:06|Permalink

2010年04月08日

9月に受験しようとしてる方へ

9月に受験を予定している皆さん、今すぐスタートして、ライバルと差をつけましょう。今「2級対策コース」を申し込まれますと90円/日で受講することができます。Sコース、9月5日までの受講期間を5ヶ月として計算)

読者の方から、「仕事が忙しくて、勉強する時間がとれない」との相談メールがきます。
仕事が忙しくて勉強できないと言っているけれど、本当は忙しいのではなく、モチベーションが低いために理由を自分でもはっきり説明できないケースもあるのではないでしょうか。

ここで
・なぜ資格をとりたいのか?
・この資格をとったらどんなメリットがあるのか?
・不合格の時はどんなデメリットがあるのか?

今一度自分にぶつけてみましょう。
仕事が忙しくなければもっと勉強できるのにと思っている人が世の中にたくさんいます。仮に仕事がなく丸一日使える時間があったとしても、1日10時間も12時間も勉強を続けられる人はいないと思います。

「自分は本当にこの資格に合格したいのか」と、あなたの動機をもう一度確認してみましょう。

下記のような受験生をサポートしております。

計算問題が苦手で、一人で悩んでいた貴方。
・初歩的なことを恥かしくて人に聞くことができなかったあなた。
・これまで一般参考書で勉強していたが、いつも途中で挫折していたあなた。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 「2級受験対策コース」「3級受験対策コース」

2級コース特徴
・手法分野の体系的な勉強ができます。
・「実験計画法」「検定」の“コツ”がつかめます。
・質問の回答がスピーデイです。





山田ジョージ at 08:15|Permalink

2010年04月05日

10万人を突破し、新たな気持ちで

このサイトへ訪問された方が累計で10万人を突破しました。立ち寄っていただきましたみんさんに感謝いたします。

私が1級にチャレンジしていた2007年には、QC検定用のテキスト等が市販されていなく環境が整っていない状況であり、なにか資料があればよいのだがとの悩みを抱いておりました。他の受験者のみなさんもそんな悩みをきっと持っているとの思いから、情報を発信したわけであります

2007年9月のQC検定1級に合格しました。約30年QC関係の職務に携わってきましたが、この合格した事実は、会社(6000人)の中で初めての1級合格者であることが解り、失いかけていた自信を取り戻すことができました。

合格しました機会に「1級の過去問の解説書」を出しましたところ、自分の思った以上の反響が大きくびっくりしました。
なによりも、インパクトが強かったことは、これまで培ってきた自分の知識が受験者の役に立って、合格された方から感謝の言葉までいただいたことでした。サラーリマン生活で味わったことのない感情です。

その後、「eラーニング」「レポート」「QC検定セミナー」等を通じて受験者をサポートしてきました。昨年では、1部上場会社からも「2級eラーニング」を受講していただくまでになりました。少しは認知度も高まったかと思っております。

最近では、QC検定3級の講師依頼がきております。正式に決定していないため、詳細は記述できませんが、時期は来年3月実施の3級試験に間に合わせたいようです。

「QC」を自分の専門分野として、そして、幅を広げていくための知識を吸収すべく、目標に向かって行動してまいりますので、よろしくお願いいたします。



山田ジョージ at 08:19|Permalink

2010年03月22日

3月21日のQC検定試験が終る。

21日に受験されたみなさんお疲れさまでした。
如何だったのでしょうか?

今日の休日ゆっくりと気持ちと体を休められたことと思います。

手ごたえがあった受験生のみなさん
WEB合格発表が4月下旬とありますので、約1ヶ月の間、結果を楽しみに待っててください。

反面撃沈した受験生のあなた
・あなたにとってこのQC検定試験に合格することはどんな意味を持っていますか?
・この資格を取得するとどんなメリットがありますか?

今一度動機を明確にした上で取り組まれることが今後のポイントかと思いますので、是非ご自身で考えてみてください。

いずれにしましても、最後まであきらめず勉強を続けてこられた方、お疲れ様でした。
合格をお祈りしております。






山田ジョージ at 20:28|Permalink

2010年03月13日

QC検定試験1週間前の対策

1週間後に受験するみなさん、勉強に集中しすぎ、周りが見えなくなって、細部にはまった「底なし沼勉強」をしていませんか?

この期間は基本知識を繰り返し定着させる時期です。ゆめゆめ枝葉末節な知識を理解しようとの欲をださないことです。

しかし、基本知識の中に、どうしても理解できない項目は一つ二つ位ありますよね。この対処として、試験直前までこの項目を意識し、試験がはじまると即不確かな知識を書いて下さい。精神的に楽になれます。
なぜなら、試験問題で不確かな項目が出題されたとします。その問題を解答する時に忘れているとショックが大きく、動揺します。
だから、問題をみるまえに、不確かな知識はアウトプットしてください。

この時期の最適な勉強として、手法分野の中で特に重点的に確認しておきたいポイントを、一問一答の形式としてまとめてあります、原則的に基本知識を中心にまとめてた予想問題集は、直前時期の確認には最適な教材となると思っています。
3月21日までの期間限定です。
2級予想問題集
3級予想問題集

また、これまで、勉強してこなかった人、まだあきらめないでください。
試験問題の「やまをかける」ことを勧めます。どうせ勉強していないのですから、不合格となっても落胆は少なく、合格すれば儲けモノとの感じでしょう。しかし、何もしなくてな結果は出ませんので最低限の勉強はしてください。そのような貴方にもきっと役立つ資料です。無料です。
2級予想問題集
3級予想問題集

今回3級試験で出題される可能性の高い、測定誤差の「ばらつきとかたより」を記載しました。3級受験者には必読な資料と思います。

最後の1、2点をとりにいきましょう!!

皆さんの合格をお祈りしています。



山田ジョージ at 06:47|Permalink

2010年03月01日

70点合格の「コツ」をつかむには

3月になりました。受験するみなさん、70点で合格するには「コツ」があります。

このQC検定試験は、概ね70点で合格できると発表されています。このサイトでは、過去の記事でもコメントしておりますとおり、枝葉末節な細かい問題まで気配りせず、完璧を目指さない「ドライ勉強法」を推奨しております。

市販されている過去問の書籍では、解答が記載されています。しかし、受験者側からみると、問題レベルの判断が難しいため、全ての問題を理解しなければいけないと思いますよね。そういう気持ちが強いほど、完璧を目指した勉強方法に向かっている訳です。そして、完璧を求めるあまり、少し解らないところがでてくると、勉強を途中で止めしまうことになります。

まずは、70点の合格ラインをクリアーするために
・取りこぼしてはいけない問題なのか
あるいは、
難易度が高いので正答が難しい問題なのか
について知ることが必要です。

昨年9月の試験問題に対して、70%の点数を取るために「正解すべき問題」「ミスが許される問題」について、調べてみました。
・2級9月解説書(無料)
・3級9月解説書(無料)

2級、3級を受験するみんさん、読んでみて是非70点で合格する「コツ」をつかんで下さい。
「不安」から解放されるかもしれませんよ。

さらに70点で合格する「コツ」を実践する教材として
・一問一答形式「2級直前チェックポイント集」(6ページ)(下記写真)
一問一答形式「3級直前チェックポイント集」(5ページ)
をぜひご活用ください。

この直前チェックポイント集は。手法分野の中で特に重点的に確認しておきたいポイントを、一問一答の形式としてまとめてあります。
ただ×かをあてはめるだけでなく、その根拠を説明できるレベルまで、理解を高めておくことが重要です。
なお、原則的に基本知識を中心にまとめてありますので、直前時期の確認には最適な教材となると思っています。

DSCN0322r


申し込みは続きからです。続きを読む



山田ジョージ at 09:37|Permalink

2010年02月18日

「やま」かけも効率的な試験対策

3月に試験を受験する皆さん、試験直前の1ヶ月の学習によって、かなり得点を伸ばすことが可能ですよ。

この時期の学習のポイントです。
1.50点未満になりそうな分野があれば、その分野の学習を優先する。
2.過去問を解き、復習する。(完璧を目指さない)
昨年9月2,3級の完璧を目指さない点数の取り方を記載しています。
2級解説レポート
3級解説レポート

3.有給休暇の制度を利用し、学習時間を確保する。
4.出題されそうな問題に「やま」をかけてみる。
3級予想問題集
2級予想問題集は近々の完了予定です。

3月のQC検定試験まで後1ヶ月強となりました。今、勉強している方で一部解らないところがあっても最後まで続けることが大事です。
全体で7割以上で合格する試験ですので、基本的な問題を正解できるように準備すれば決して合格は難しくありません。

今年の試験を受験される方は、インフルエンザに気をつけて準備して頂ければと思います。

皆さんの合格をお祈りしています。

続きを読む



山田ジョージ at 09:10|Permalink

2010年02月16日

200回の節目

3月21日のQC検定試験を受験する皆さん、試験日までの約1ヶ月間2、3級eラーニングをサービス価格としてご提供いたします。

このブログを始めまして、今回が記念すべき200回目の記事となりました。
2007年8月19日に最初の記事を投稿しましてから、約2年半の期間で、節目の記事となりましたので、200回の記念価格で提供させていただきます。

QC検定は2006年にスタートし、私が1級にチャレンジしていた2007年には、QC検定用のテキスト等が市販されていなく勉強の環境が整っていない状況であり、なにか資料があればよいのだがとの悩みを抱いておりました。

受験者のみなさんもそんな悩みをきっと持っているとの思いから、2008年の3月にQC検定1級に合格しました機会に「1級の過去問の解説書」を出しましたところ、自分の思った以上に反響が大きくびっくりしました。
その頃は1級の過去問の解説書は大手の会社からも出版していない環境でしたので、某教育専門機関からも購入されました。

なによりも、インパクトが強かったことは、これまで培ってきた自分の知識が受験者の役に立って、合格された方から感謝の言葉までいただいたことでした。サラーリマン生活で味わったことのない感情です。

今回、200回の節目として、3月21日までの約1ヶ月間、下記の謝恩料金で提供いたしますので、是非ご参加ください。

2級eラーニング→Bコース:5000円
3級eラーニング→Gコース:5000円

申し込みはここからです。
2級eラーニング
3級eラーニング続きを読む



山田ジョージ at 09:21|Permalink

2010年02月04日

合格にはドライで取り組みましょう!!

まだ基礎レベルの習得に不安がある・・・」という方へ。

解らないところがあっても、立ち止まらず前へ進みましょう!
一番やってはいけないことは「始めた勉強を止める」ことです。

完璧主義だと効率的ではありません。枝葉末節な知識を理解することに振り回されないことが大事です。この検定試験は7割取れば合格するのです。

徹底的にドライに取り組みましょう。社会人の勉強には完璧主義は不必要です。細部にとらわれてしまうと全体が見えなくなって、やる気も失せがちになります。合格することにこだわりましょう。満点でも、ギリギリの70点でも、合格すれば、資格としては同じことなのですから。

また、完璧な学習ができている人は実際はほとんどいないと思われます。
過去問題にどんどん立ち向かいながら、自分がまだ「覚えていないこと」「理解できないこと」を絞り込みます。
その際には、「どれだけ」がポイントになってきます。
2級確認用チェックリスト
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1500856.html
3級確認用チェックリスト
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/900606.html

昨年の9月の2、3級の解説書を作成しました。ここでは、基本知識があれば、これくらいは正解できるだろうとの目安を記してあります。
どこまで」勉強すればとの参考になると思います。
2級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1621302.html
3級解説書
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1638444.html

以前の記事でもコメントしましたが、
具体的には9月実施の2級の手法分野で考えてみましょう。
手法分野では46問題数出題されました。その内の70%を正解するとすると33問解ければいい訳です。13問も間違ってもいい訳です。気が楽になってきませんか?

3月の本試験までに「全体で7割を取ればいいのだ」と良い意味で開き直ってください。
最後まで、あきらめず徹底的にドライに勉強を続けることです。
上記のチェックリスト、解説書は、自己知識を事前チェックするのに効果的であると思います。




山田ジョージ at 10:26|Permalink

2010年01月15日

QC検定2級試験を最短で合格する勉強方法

3月に受験するみなさん、勉強ははかどっていますか?
仕事が忙しく、まとまった時間が取れないからと言ってやらない理由を作っていませんか?

先ずは机に向かうことです。机に向かったら、直ぐにテキスト、練習問題を広げることです。間違っても計画を作ってから勉強を始めようと思わないでください。
細切れの時間を利用して勉強を継続することが大切です。社会人で勉強している人は少ないと思いますので、自信を持ってください。

目標に向かって勉強を継続できるか、この資格試験に合格できるのかどうかは全てあなたの思い次第です。
この資格は定員枠は決まっていなく、概ね70点とれば合格できると発表されています。だからあなたのやる気次第です。

動機をきっちりと持っている思いの強いは、それだけでスタートラインからゴールに1歩2歩も近ずいていますが、反対に動機がはっきりしていない人は最初のサスタートラインすらにも立っていなく、何メールも下がっていると思います。

それにはあなたの動機をもう一度、確認してみましょう。
・なぜこの資格を取得したいのですか?
・資格を取得したら、どんなメリットがあるのですか?

このサイトでは完璧を目指さない、いわゆる100点とらない、70点以上で合格する勉強を推奨しております。細かい知
識まで勉強しないということです。、

目標得点は77点を目標とすることお勧めします。合格ラインの70点に7点を加えた点数とします。1割の7点は保険点と考えてください。
100点を目指せば目指す歩ほど、勉強効率は低下しますし、やる気をなくなってきます。それだけ合格から遠ざかってしまいます。

では、70%勉強法では、どれだけ点数がとれるのかを、昨年9月の2級試験問題で調べてみました。
結果として手法分野:34/46=74%、実践分野:33/44=75%となりました。全体では67/90=74%です。合格レベルです。
(過去の記事でコメントしておりますが、あくまでも私の見解であることを予めご了承してください。)

合格レベルの70点をクリアーするために効率良く学ぶことができるコース
QC検定2級eラーニング
QC検定3級eラーニング      

(受講者から声)
・昨年の9月に2級、3級に合格したM様より
QC検定、2級・3級とも合格しました。
勉強期間が短く、手法はほぼ0からのスタートでしたが、先生から送って頂いたテキストと過去問のみで試験に臨みました。
内容が良くわからず丸覚えしたところもありましたが、必要なポイントがコンパクトにまとまっていて、試験中にテキストが頭に浮かび、回答できたところがいくつもありました
合格はしましたが、理解はまだ足りないところがありますので、引き続きメルマガ等で勉強させて頂きたいと思います。
ありがとございました!

・昨年の9月に2級合格したH様より
品質管理eラーニングありがとうございました。
9月のQC検定で2級で受験してみましたが
合格することができました。
eラーニングの内容は何故そうなるのかといった
説明がありましたの単に検定に備えるということだけでなく
実務でも役に立つ考え方を得たように思います。
では失礼致します

昨年の9月に2級合格したS様より
ご無沙汰しております。

「e-ラーニング」と「直前セミナー」で、お世話になったSです。
連絡が遅れましたが
おかげさまで2級に合格しました。
特に「直前セミナー」が、たいへん役立ったと思います。
次は難関ですが、1級を目指して勉強しようと思っております。
又、ご指導をお願いすることになると思いますので、その時は
よろしくお願いいたします。

・1級を受験予定のM様より
全期間を通して、非常に勉強になりました。
実は、当方既に一年前に2級には合格しております。ただし、まぐれで合格したようなもので、試験範囲についてほとんど理解出来ていませんでした。
この度、無謀にも1級にチャレンジしようと決意し、その為にはまず2級までの範囲を確実にしなければならないと思ったのが、受講の動機です。
おかげ様で、試験対策本を読んでもまったく理解できなかった部分が多かったのですが、かなり理解が増進したと感じております
1級の勉強を進めるにあたり、壁にぶちあたったら、戴きましたテキストに戻っ
て、再度やり直すようにします。
どうも、ありがとうございました。


3月6日予定の
QC検定直前セミナー




山田ジョージ at 08:50|Permalink

2009年12月21日

年を明けてからでなく勉強は今日から

9月実施されましたQC検定試験の受験者数は28,129人となりました。過去の受験者数の変化は次の通りです。  
2005年:3601人
2006年:9985人
2007年3月:9360人 
2007年9月:15136人
2008年3月:17777人
2008年9月:24099人 
2009年3月:24390人
2009年9月:28129人
前回と比べると15%の増加です。

この検定制度を活用する会社側のメリットは下記の通りと発表されております。
・企業全体に品質管理に対する意識を高めることができ、製品品質の向上を図ることができる。
・個人個人の品質管理のレベルを把握することができ、教育計画に活用できる。
・各部署ごとに品質管理のレベルを把握でき、人事計画に活用できる。
・社員、派遣社員などの採用にあたり、活用することで品質管理レベル向上を図ることができる。
・社内教育の軽減が図れる

一方読者、受講者の方からは
・お勤めになっている会社では2級合格が管理職の条件の一つになっているとの声も聞きました。
・派遣社員の方では、正規社員として雇用してもらうためのスキルアップの一つととしてとらえてれている。
・お客さんである(親会社、取引業者)からの要求も出てきているので、QC検定にチャレンジしている。

などなどの理由でQC検定にチャレンジされています。

申し込み締め切りは1月27日となっていますが、3月にQC検定受験される方は準備は早めの方がよいかと思います。月並みですが。
年末年始は何かとあわただしいですから、12月20日過ぎから1月15日まではの約1ヶ月間は、忘年会、クリスマス、正月、新年会といろいろイベントがありますので、勉強できる期間としては、集中的にできない環境となりますが、こま切れの時間を使用し、勉強し、リズムを崩さないようにしてください。

3月に3級を受験する方へのサポートです。
2009年9月3級解説書の無料配布の申し込みは続きへ
続きを読む



山田ジョージ at 14:07|Permalink

2009年11月30日

テキストはいらない!!勉強方法とは

このQC検定試験の出題範囲には「実践分野」と「手法分野」の2つから出題されると発表されています。
出題範囲  より
2級の「品質管理の実践」(実践分野)の大項目は下記の通りです。
■品質管理の基本
■管理と改善の進め方
■品質の概念
■プロセス管理と品質保証
■問題解決
■検査及び試験
■標準化

この実践分野の効率的な勉強方法は過去問題集をテキスト代わりとして、繰り返し利用することが効率的です。
超高速勉強法
そのやり方として
,海譴泙任硫甬醋笋鯑手する。
該当箇所に正解を記入する。(選択番号でなく、正解の語句)
テキスト代わりとして、読む。(2〜3回)
こ催箇所の回答を消して、問題を解いてみる。

間違った問題については△ら再度行い、問題文章の中で前後関係から正解とされている適切な語句を理解できるまで繰り返し勉強を行なう。こうすればテキストはいりません。
本試験では選択肢は複数回用いることはないとありますので、最初解らなくても、ある程度の正解の候補を絞ることができます。その絞った中での一番適切な正解を、問題文として意味が通る感覚を上記の勉強方法で掴むことが大事です。
ここで注意が必要なのは、完璧を目指さず、細かい箇所まで深みまで入らないことがポイントです。この試験は概ね70%で合格できると主催者から発表されています。
9月の2級は90問題が出題されました。63問正解すれば合格できます。逆に言えば27問間違ってもいい訳です。

過去問の書籍
QC検定2級過去問(1〜4回)
QC検定2級過去問(5〜6回)
QC検定3級過去問(1〜4回)
QC検定3級過去問(5〜6回)

ここで、上記書籍を購入したくない方は「標準化と品質管理」より過去問を入手する方法もあります。これはある程度の大きな図書館に行けばありますので、コピーしてくればこと足りるでしょう。

手法分野の対策は
新しくweb上で受講できる環境でとなった
eラーニングコース
でばっちりです。

利点
・同時間、同一場所に集まる必要がなく学習できます。
・自分のペースや達成度に応じて学習を進めることができます。
・会社として従業員への教育、管理できる環境となります。



山田ジョージ at 15:09|Permalink

2009年10月17日

QC検定試験合格のメールが続々と

今回eラーニングを受講した方より合格のメールが来ましたので紹介いたします。

T県のM様
QC検定、2級・3級とも合格しました。
勉強期間が短く、手法はほぼ0からのスタートでしたが、eラーニングのテキストと過去問のみで試験に臨みました。
内容が良くわからず丸覚えしたところもありましたが、必要なポイントがコンパクトにまとまっていて、試験中にテキストが頭に浮かび、回答できたところがいくつもありました。
(中略) 
まずはご報告まで。
ありがとございました!

K県のK様 
QC検定でお世話になりました、Kです。
本日のWeb発表で確認したところ、2級に合格しました。
万一があってはと、発表を確認してからのご連絡となり遅くなってしまいました。
受験した感想は、こんなに難しかったっけ…。
しかし、
自己採点では、 なんと8割を越えて正解できており、ある程度自信もありましたが、
正式に合格発表を確認でき、とても嬉しくおもっています。
ご教授頂いた成果としか言えませんが、
広い出題範囲を効率的に、そしてご丁寧にご指導頂いた“eラーニング”に出会ってなければなければ違った結果になったと思います。本当にありがとうございました。

不幸にも今回不合格になられた方は、来年の3月の試験に向けて
eラーニングで一緒にトライすることをお待ちしております。




山田ジョージ at 20:26|Permalink

2009年10月13日

WEB合格発表

本日主催者側よりWEB上の合格発表がありました。
合格されたみなさんはおめでとうございます。
詳細は日本規格協会のホームページをご覧ください。

今年の3月より新たな試験基準で行なわれて、その2回目の検定試験でした。
合格率を比較してみますと
     3月   9月
1級  15%  16%
2級  50%  50%
3級  66%  66%
4級  88%  87%
との数値となっております。

3月(新基準)以前との合格率のデータを調べてみますと
・1級についてはほぼ横ばいの状態。
・2級は7〜14ポイントの範囲で合格率がダウン。
・3級についても5〜10ポイントの低下。

この2回の実績より
これまで合格率が60%を超えていた2級、また70%をオバーしていた3級については、上記の如く合格率がダウンしていることが解ります。
今後もこのような合格水準の傾向が続くのではないでしょうか?

しかし、主催者サイドからの発表では70%以上で合格できるとありますので、受験生の皆さんは、もちろんこの点数を目標に勉強していくことが必要となってきますが。

今回2級のeラーニングを受講した方より合格のメールが来ましたので紹介いたします。
(N様より)
お久しぶりです。
本日、Web発表で確認したところ、2級に合格しておりました。
自己採点では8割程度でしたので、大丈夫かな、と思っていましたが、やはり実際確認するまでは不安もありましたのでとても嬉しいです。
eラーニングを受講したおかげです。していなければ受験さえ試みてなかったと思います。
本当にありがとうございました。

不幸にも今回不合格になられた方は、来年の3月の試験に向けて
継続的に、最後まであきらめず学習をしていきましょう。
eラーニングで一緒にトライすることをお待ちしております。




山田ジョージ at 20:12|Permalink

2009年09月13日

QC検定試験終る。(掘

今日は、3級チェックリストで勉強されたC様から届きましたメール内容を紹介いたします。

(C様より)
試験は、おかげさまで自己採点ではたぶん合格だと思います。
私はパートで唯一の自主参加でした。勝手に自分から手を上げたので、一発合格しなければ「意味がない」というスタンスで、必死でした。
(中略)
気持ちが焦るばかりの8月下旬にこのサイトに偶然出会って、非常に効率的な勉強ができました。ありがとうございました。
チェックリスト様々で、試験会場まで持ち込みました。
e-ラーニング」はとても魅力的ですので、この先正社員になれて、2級を受験することになれば迷わず受講します!
追伸:本当に試験会場はクーラーきつくて、「冷房対策」アドバイスにも感謝でした。

試験前チュックリストの記事の中で冷房対策について記述しましたことが、受験されたC様のお役にたったことにうれしく思った次第で
あります。
質の高い情報発信を心がけていく所存でありますので、よろしくお願いいたします。




山田ジョージ at 07:25|Permalink

2009年09月07日

QC検定試験終る(供

3級eラーニング受講のKさまよりメールがありましたので紹介いたします。

(K様)
3級コースを受講させていただいていたKです。お世話になります。 まだ結果はわかりませんが、納得のいく答案ができたと思っています。
試験範囲等の説明からわかりやすい添削までたいへんありがとうございました、
受講テキストと練習問題に加えて、問題集1冊を集中的にやりまして、臨みました。結果はまた報告させていただきます。
ありがとうございます。

昨日に引き続き自分にとって大変うれしくなる内容で、少しでも人様のお役に立っていることを実感し身が引きしまる思いです。
励みになります。こちらこそどうもありがとうござました。



山田ジョージ at 17:26|Permalink

2009年09月06日

QC検定試験終る。

本日受験されたみなさんお疲れさまでした。
如何だったのでしょうか?
早速2級eラーニングの受講者から感謝のメールが入りましたので紹介いたします。

(N様より)
本日2級の試験を受験し、帰宅しました。
仕事で残業続きでしたが、1週間前はeラーニングのテキストと過去問のみを繰り返し解いていきました。
手ごたえは合格か不合格か、どちらか微妙なところですが、eラーニングを受講しなかったならば、まず何からすればいいかさえもわからず受験さえできなかったと思います。
ありがとうございました。
一ヵ月後、合格の報告ができるように祈りつつ、感謝の挨拶とさせていただきます。

自分にとって大変うれしい内容でしたので、N様には是非合格していただきたいと思っております。
今後も受験者の目線に立ったeラーニングコースになるべく、質を高めていく所存でありますのでよろしくお願いいたします。
また、現在11月より新たなeラーニングのシステム変更を進めておりますので、2級、3級受験者の参加をお待ちしております。




山田ジョージ at 17:19|Permalink

2009年09月03日

9月6日QC検定試験をうける皆さんへ

試験まで後2日になりました。
受検するみなさんに準備すべき持ち物、試験場での注意すべき項目をお伝えいたしますので参考にしてください。

解答は直接マークシート記入する。
(一度問題用紙に解答を書いて、そして再度解答用紙に記入しないことです。ムダなことは止める。記入ミスが考えられます。)

解る問題から解いていくことです。1問目に計算問題が出題されていて、これに多くの時間を費やしたので、残りの問題が時間が無くて失敗したケースも会社で受検した人(2級受験者)から聞きました。

マークシートに記入する時は、該当問題番号をきっちりとあわせるため、解答を該当箇所にマークできるよう定規を利用し、ズレないように気をつけてください。

●試験前日チェックリスト(忘れ物はありませんか?)
・受験票、
・シャープペン、鉛筆(鉛筆はBがお勧め)
(鉛筆はあまり先が尖っていない状態がベスト)
・鉛筆削り
・定規
・消しゴム
・電卓(ルートの計算ができるものか再度確認してください)
・時計(意外と忘れる人が多いので注意しましょう)
・冷房対策として羽織るもの(特に併願受験者する人)

残りの2日間は新たなことをやらずに、これまでやってきたことの復習を行った方が良いと思います。
基本的な問題をとりこぼさないようすれば、合格基準である70%は獲得できるとおもいますので、最後まであきらめずに、頑張ってください。

勝負の時は一人でとことん戦うしかありません。強い気持ちで、持てる力の全てを試験の解答用紙に出し尽くしてください。
やるべきことはやったといった心地良い、疲労感を味わってください。最後まで決してあきらめずに、粘りに粘って、1点でも貧欲に
点数を稼ぐのです。
みなさんの合格をお祈りしております。

また、計算問題用の最終確認用チェックリスト(2級、3級用)を用意しております。ご希望の方は左記のプロフィールのアドレス申しへお住まい、お名前を明記の上お申し込みください。(無料です。)



山田ジョージ at 19:59|Permalink

2008年10月12日

QC検定レベル表の改定

日本規格協会から
2008年初めに実施したアンケート及び多方面からのご意見をもとにレベル表の見直しを実施し、改定を行いました(2008年10月8日)。
今回のレベル表の改定では、より見やすく、よりわかりやすい試験範囲とすることと、試験項目の社会での活用の実情に照らした見直しを行いました。
新しいレベル表は、2009年第1回QC検定(2009年3月22日実施)から適用。
レベル表はここからです。
http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/pdf/level_all.pdf
と発表がありました。
大きな変更点は
項目では対象となる人材像が追加されました。
これは、IQC(品質管理責任者)を意識したものと
推察されます。
IQC=QC検定2級レベルの能力を有する人と
何かに記載したあった記憶がありますが。
ここにありました。
http://www.jsa.or.jp/jiscba/file/kousyukai_kijun_rev.pdf
品質管理責任者養成のための講習会で
短期コースの受講資格者は
日本品質管理学会認定「品質管理検定」2 級以上の資格を有するもの。
とあります。
私もIQCの経験はありますが、
企業ではQC検定2級を持っていないとIQCには
なかなかなれないということですかね。





山田ジョージ at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月10日

QC検定で出題された分散分析表の穴埋め問題

2005年QC検定1級に出題された分散分析表

         分散ブンサン分析ブンセキヒョウ
因子インシ平方ヘイホウ自由度ジユウド平均ヘイキン平方ヘイホウ
A49.0000 149.0000
B1.0000 11.0000 0.4278
C1.8225 11.8225 0.7797
D10.3861
F25.0000 125.0000 10.6952
A×B0.8100 0.8100 0.3465
A×C0.2025 10.2025 0.0866
C×D0.0100 10.0043
e16.3625  
T95.1100   
 
去る9月7日に実施されたQC検定2級で出題された
分散分析表穴埋め問題です。

         分散分析表
要因ヨウイン平方ヘイホウ自由度ジユウド平均ヘイキン平方ヘイホウ分散ブンサン
A0.1825?  ? ?
B1.800030.6008.571
A*B ??  ?5.661
E0.8400120.070 
合計ゴウケイ5.200023  


どちらも分散分析表の知識はなくても
ちょっと考えれば、加減乗除を使えば
解る問題です。
いずれにしましても、過去の問題はきっちり
やっておいた方は良いと思われます。





山田ジョージ at 13:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)