QC検定3級合格

2016年08月26日

9月4日のQC検定試験まで10日

いよいよ9月4日のQC検定試験まで10日となりました。
10日しかないからといって何も出来ないわけではありません。
この試験は、概ね7割得点すると合格する試験ですので、基本的な問題を正解できるように準備すれば決して合格は難しくありません。
特に3級は、合格率が約50%代であることより、みんなが正解できる問題を、ミスなく正解する試験であって、細部な知識を必要とする問題を正解する試験ではないことを強く意識することです。一部解らないところがあっても最後まで勉強を続けることが大事です。

残りの10日間は繰り返し出題されている基本問題の復習に力点を入れた方が良いかと思います。

70点で合格しようが、90点で合格しようが、合格には変わりありません。
社会人の勉強は徹底的に合格にこだわるべきと考えていますので、高得点で合格しようとして、細部な知識の修得に時間をかけないことです。

いずれにしましても
細部にこだわないよう、最後まで、あきらめずに足掻(あがき)きましょう。

みなさんの合格を祈っています。



山田ジョージ at 07:59|Permalink

2015年03月25日

3月23日のQC検定試験を終えて

今週日曜日23日に受験されたみなさん、お疲れさまでした。
思い通りに解けた問題もあれば、ミスした問題もあり、後悔している人もおられるかと思いますが、試験は終了しましたので、社会人のみなさんは自分の業務の生産性向上に傾注しましょう。

主催者から基準解答が24日にHP上で発表されましたので、自己採点をやってみましょう。自己採点で70%以上、正答している方は、合格発表を待ちましょう。
また、正答率が60%〜70%未満だった方も、このような点数で過去、2級、3級で合格している人もおられますので、落胆するこなく、合格発表を期待しましょう。

今月の18日まで教えていた職業訓練校の生徒(3級受験者)さんから23日の夜、次のようなメールをいただきましたので紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

試験の出来についてですが・・・

正直に申し上げますと、苦手な計算問題につまづいてしまい、完璧とは言えませんでした。
しかし、穴埋め問題は先生に当てられまくったことが功を奏したのか、こちらはなかなか自信があります。
時間内には終わったので大丈夫だと思いたいです・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回、全く自己採点で振るわなかった方は、eラーニングをオススメいたします。
社会人の試験勉強は合格に徹することですので、細部にこだわない勉強法を推進しております。

今申し込まれますと、来年の3月の試験日までサポート(通常:4か月間)いたします。
2級受験対策コース
3級受験対策コース





山田ジョージ at 09:37|Permalink

2015年03月13日

電卓で「平均値」「平方和」を効率よく求める方法

このQC検定試験では電卓(関数機能のない)が持ち込み可なっており、この電卓の効率的な使い方の一例を紹介します。

2012年9月実施の3級試験で出題された下記の5つのデータの平均値と平方和を求める問題問題(抜粋)で説明をします。
  6.0 4.0 7.0 3.0 2.0
最初に平均値は、電卓の「M+」 メモリーを使って次々に加算していきます。
加算を繰り返していくときには, + キーでなくメモリー機能を使って計算します。

平均値のキー操作は次の通りです。
6 、M+、4、 M+、 7、 M+、 3、 M+、 2、 M+ 、MR、  ÷、 5、 =
と入力すると 4.4が表示されます。

続いて平方和のキー操作は次の通りです。
平方和は
データの2 乗の合計”−”(データの合計)の2 乗/データ数” 
で計算できることを利用します。

最初に”(データの合計)の2 乗/データ数”を求めます。
 屐淵如璽燭旅膩廖砲2 乗/データ数」のキー操作は次の通りです。
6  M+  4 M+ 7 M+ 3 M+ 2 M+ MR  ×=
と入力すると 96.8と表示されます。 メモしておきます。

次にデータの2 乗の合計を求めます。
◆屮如璽燭2 乗の合計」のキー操作は次の通りです。
6、×、=、M+、4、×、=、M+、7、×、=、M+、3、×、=、M+、2、×、=、M+、MR
と入力すると 114と表示されます。 

よって平方和は
△乃瓩瓩真値114から,乃瓩瓩殖坑供ィ犬魄くと17.2となります。

ここで、電卓は、下記のメモリー機能をついた物を使っています。
メモリーキーの意味
M+ メモリーに加算(memory plus)
MR メモリーを呼び出す(memory recall)
MC メモリーをクリア(memory clear)







山田ジョージ at 10:47|Permalink

2015年02月26日

これからの勉強で合否が決まります。!

昨年より職業訓練校の短期課程で、「経営管理・生産管理+品質管理検定3級」の講師を務めていますが、前半の経営・生産管理の科目が終了しましたので、昨日(2月25日)からQC検定3級の講義をスタートさせました。

当初23名が受験予定でしたが、就職が決まった方(1名)が退校されましたので受験者は22人となるものと思われます。

第1日目の内容は、3級の試験範囲である手法の分野の一つ
「データの取り方・まとめ方」について説明をしました。

具体的には
.如璽燭亮鑪
・計量値と計数値の違いについての具体例
・計量値と計数値が組み合っている場合

∧貊乎弔班庫
・正規分布
・無限母集団と有限母集団の違い

4靄榲計量
・練習問題として、1,2,3,4,5の5つのデータの
平均値、中央値、範囲、平方和、不偏分散、標準偏差、変動係数の計算
・不偏分散≠分散

す程能力指数
・何故Cp=1.33が良いのか
・Cpkの簡易な計算方法
等です。

3級を受験する方で、これから勉強を始めようとしている人へ
時間的には十分間に合いますので、始めた勉強は最後まで続けることが合格への
ポイントです。




山田ジョージ at 04:18|Permalink

2015年01月29日

QC検定eラーニングでは24時間以内に回答しています。

これまで通信教育を受けたみなさんの中で、解らない箇所があって、質問をするも回答に1〜2週間かかり、苦になった経験はありませんか?
QC検定eラーニングでは24時間以内に回答を差し上げておりますので、受講者の方を
不安にさせません。
2級対策コース
3級対策コース

この試験を受験される人は、ほとんど社会人の方ですので、日常まとまった時間が取れない環境です。
社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることで、完璧を目指さない、ボーダーラインの得点で合格する勉強方法を推進しています。

高得点をとるために、細部な知識を習得にかける時間を、自己の業務の改善(生産性の向上)に費やすことを推奨しています。そすることで、昇進、昇級に結びついてきます。

私たちは、小学校の時に学んだ勉強方法が身についているかと思います。
それは、教科書をベースに、先生の説明を聞いた上で、練習問題をやる。そして、解らないところは先生に聞く。といったことが、みなさんの頭・体にしみついていませんか?
これが勉強の王道ではないでしょうか。

多くの受験生が苦手としている、計算問題が解らない時に、身近に相談・聞く相手がいない人をサポートしております。
eラニング受講者の貴方には疑問点を即解決いたします





山田ジョージ at 08:43|Permalink

2014年03月18日

QC検定3級試験対策講座

先週の3月14日・15日の2日間、QC検定3級試験対策講座を大阪の某企業にて行ってきました。3月23日の試験には会社から11人が受験されるという中で、この対策講座には10名の男性社員が参加されました。
年齢は22歳〜47歳の範囲で、品質保証部門2名、他7名は現場系の部門からの参加でした。

前日の13日まで、県の職業訓練校で20名中19名の女性を相手に説明してきました関係上、今回は男性ばかりなので、引き受けた当初は、少し戸惑いもありましたが、受講者の若い人たちの熱気でそんな心配も吹っ飛びました。

講座内容は、手法分野を中心に、パレート図、ヒストグラム、管理図は演習問題も行いながら理解度を深めるために体得できるような形式で進めました。

さらに、自分も含めて11名分の身長(cm)の計量値データを身近な例として、その、
平均値、メディアン、範囲、平方和、分散、標準偏差を求める演習も行いました。
ちなみに
平均値=171,4cm メディアン=170cmでしたね。

また、3級試験で繰り返し出題されている、ヒストグラムについては、身長のヒストグラムを作成したので、耳慣れない語句である「きざみ(最小測定単位は1cm)」は理解できたことと思います。

3級の合格率はこれまで、約68%で推移してきましたが、直近の昨年の9月は51.15%となり前回と比べ17ポイントも低下しまた。
これまでは3人中2人が合格できましたが、昨年の9月は平均点以上でないと合格できないことになります。

最後に受講されたみなさん、後5日間もありますので、うら覚えの知識は、寝る前の記憶のゴールデンタイムを利用してください。
そすればきっと合格されるものと確信しております。

社会人のみなさんの中で、会社からの指示で3級を受験しなければならない貴方へ。
合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。限られた時間内で合格するようにこだわってください




山田ジョージ at 06:33|Permalink

2014年02月15日

QC検定3級の講師として

今年も、職業訓練校の「生産事務コース」がスタートしました。
このコースは、就職活動に生かすために、生産管理の知識を取得をねらいに、12月から3月までの4ヶ月間実施されます。
その中で、自分は「経営管理・生産管理+品質管理検定3級」であり、15日間、60時間の担当です。
今回は20名の方が受講されおり、男性1名だけで、残りはすべて女性の華やかな雰囲気です。
過去に品質管理に携わってきたは、1名だけで、残り19名の方は初めて品質管理を勉強する方ばかりです。

昨年のこのコースで勉強された方は、17名受験されて合格者14名で、合格率=82%の実績となります。

これまで、3級の全体の合格率は68%でしたので、約14ポイントも高い合格率になりました。
しかし、直近の昨年の9月の3級合格率は51%と大幅に合格率がダウンしておりますので、
気持ちを新たにして全員合格するよう、わかりやすい講義内容で進めていきたいと思っている次第です。

ただ、QC検定3級の資格は、就職活動の絶対的な条件とは考えにくいのですが、しかし、比較優位にたてるとは思いますので、合格してほしいと思っています。
さらに、合格した達成感を次の就職活動に結びつけてほしいとも思っています。


読者の方で、これから勉強を始めようとしている人へ
十分間に合いますので続けることです。





山田ジョージ at 08:35|Permalink

2013年11月13日

過去最低の合格率となったQC検定3級の試験対策

9月1日に実施されたQC検定3級試験の受験者数:約26,000人で約13,000人の方が合格されましたが、合格率は過去最低の数値となりました。
過去4回の3級合格率の推移です。 
        
2011年9月:67.47%
           ↓     
2012年3月:63.16% 
           ↓     
2012年9月:63.38%
           ↓     
2013年3月:68.85%
           ↓     
2013年9月:51.15%

3級の合格率は前回の68%と比べ17ポイントも低下しました。
これまでは3人中2人が合格できましたが、今回は平均点以上でないと合格できないことになります。

合格のボーダーラインは概ね70%以上と発表されていますが、各設問の点数配分は明記されていないので、その採点の実態は解りません。
今回の3級の設問数は107ですので、70%は75問正解すると合格となりますが、もっと低い正答率の人も合格していたのではないかと思われます。QC検定資格の認知度も高まってきた今、採点配分をオープンにされたらどうでしょうか?

社会人のみなさんの中で、会社からの指示で3級を受験しなければならない貴方へ。
合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。限られた時間内で合格にこだわってください。

http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2476317.html




山田ジョージ at 09:12|Permalink

2013年05月28日

3月実施のQC検定3級の合格率は82%

3月実施のQC検定試験の試験結果通知書が主催者から各受験者に発送されました。

今年も某職業訓練校でQC検定3級の講師を1月〜3月、務めてきており、
そこでの訓練生で3級を受験された中で14名が合格されたと訓練校から連絡がありました。
その詳細は
3級受験を申し込まれた方は21名で、
受験されなかった方が4名で、不合格者が3名、合格者14名です。
合格率は約82%となります。
ちなみに、昨年も合格率は82%でした。

合格されたみなさん、おめでとうございます。
この勢いで就職も決まることをお祈りしております。




山田ジョージ at 09:54|Permalink