QC検定2級

2012年05月23日

2012年3月QC検定2級試験で不合格となった方へ

今年の3月QC検定2級試験で不合格となって、9月に再受験するみなさんへ。
9月に雪辱を期すためにスタートをきられましたか?

多くの不合格者は手法分野で50%未満(予想)だったからだと思われます。
その中でも、頻出科目である「検定」、「実験計画法」を多くの方が苦手としています。

この対策として下記の2点が有効だと思います。
_甬遒暴仟蠅気譴震簑蠅一般化して理解することです。

繰り返し、勉強できる環境を整えることです。
苦手な意識が強く特に四苦八苦している方には、繰り返し学習できる動画講座がオススメです。

◆動画講座の特徴◆
・QC検定セミナーの1/10以下の料金で、繰り返し学習できます。
・教材を見て+聞いて学習するために理解度が高まります。
・理解できない点は、24hr以内に回答しております。

さらに、最も注意するべきことは、
社会人の勉強は合格することに、徹底的にこだわるべきです。
満点や高得点をとることが目的ではありません。
弱点の科目に多くの時間をかけて勉強するよりも、最低限の点数をとれるよう
戦略を立てるべきです。
合格のボーダーラインとされている70点で合格しようが、90点で合格しようが、
資格としては同じことなのです。

完璧を目指した勉強していると、途中で挫折する可能性が高く、長続きしません。
始めた勉強を止めてしまうと、不合格へ一直線です。





山田ジョージ at 09:20|Permalink

2012年05月14日

合格率の低下したQC検定2級対策は?

3月の2級試験の合格率は
新基準となった2009年からQC検定2級の合格率は約50%で推移してきましたが、
2010年の9月では42%、2011年の9月は41%と連続して40%代の数値とダウンしており
ついに、2012年の3月では、38%と40%を割ってしまいました

今回自己採点で63%の方が合格されていますので、主催者サイドは、2級の合格率をある程度
抑えていこうとの方針が、過去3回の合格率から読み取れと思います。
ただ、各設問の点数配分がオープンにされていないので、63%≠63点ではないことを、付け加えさせて
いただきます。

社会人の勉強は徹底的に合格にこだわるべきと考えています。高得点で合格しようが、70%で合格しようが、合格には変わりありません。
完璧を目指した勉強スタンスだと、挫折する可能性が高いので、社会人の勉強としてはオススメではありません。

手法分野の中で、特に「検定」、「実験計画法」を苦手としている方は
2級受験対策コース
をオススメします。

2級受験対策コースの特徴です。
・手法分野に特化した講座内容です
・納期(Delivery):質問に対する回答を24hr以内で対応しています。
・品質(Quality):数多くの合格者を輩出し続けています。
・コスト(Cost):業界最安値の受講料金体系(当方調べ)!(QC検定2級コース: 13,000円!)、

さらに、動画講座も用意しております。

動画サンプルです。
http://www.youtube.com/user/korosuke199907



山田ジョージ at 07:22|Permalink

2012年05月08日

2012年3月QC検定試験の合格率がダウン!!

3月の実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。

各級の合格率は
              1級     2級      3級
前回(2011年9月):16.73% 40.73%  67.47%
      ↓      ↓        ↓
今回(2012年3月):12.95% 38.48%  63.16% 

となっています。

特筆すべきは、2級の合格率が過去最低の数値と40%を割りました。
前回を除けば、これまで50%を維持してきましたので、12ポイントも
ダウンです。

今回の2級合格者で、自己採点で70%以下の63%の正答率でも合格された方がいましたが
それでも低い合格率となりました。

手法分野の中でも、単回帰分析、検定、実験計画法である程度点数を取らないと
合格はできなかったということでしょうか?

いずれにしましても、
来年の9月に受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

70%で合格する勉強を推進しています。今なら、9月の試験日までサポートしています
QC検定2級受験対策コース
がオススメです。



山田ジョージ at 07:44|Permalink

2009年10月27日

計算問題の苦手な方に

合格された方からメールが続々と入ってきております。
今日紹介する内容は、
2級eラーニングコースの受講者で、過去2度苦杯を味わったN県のK様からのうれしい合格メールを紹介します。

こんばんは、ご無沙汰しております。
WEB合格発表を確認したところ、無事、受かっていました。
恥ずかしながら、何度も、見直してしまいました。
過去2回2級を受験して不合格でしたので、藁にも縋る思いでこのQC検定受験対策サイトにメールを入れました。

計算問題がどうしても理解できず、悩んでいまいたので大変助かりました。
本当に、感謝、感謝の一言に尽きます。
ありがとうございました。
みんな、頼りにしていると思いますので、今後も、健康に気を付けてがんばって下さい。

以上メール内容です。

これから2級に挑戦するみなさんで
◆計算問題が解らないからあきらめていませんか?
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◆そんな貴方に2級合格の夢を叶えてくれるコースです。


   2級eラーニングコース




山田ジョージ at 18:32|Permalink

2009年07月18日

9月試験までのポイント

9月のQC検定試験まで後1ヶ月強となりました。今回受験される方で勉強している方で一部解らないところがあっても最後まで続けることが大事です。これからのがんばりが結果を左右します。今年の試験を受験される方は、体調に気をつけて準備して頂ければと思います。
このQC検定試験は定員枠が決まっていなく全体で70%とれば
合格できるといわれておりますので自己との勝負です。

試験直前の1ヶ月の学習によって、かなり得点を伸ばすことが可能です。この時期の学習のポイントを挙げておきます。

 1.各分野で50点未満になりそうな分野があれば、その分野の学習を優先する。
 2.過去問を解き、復習する。
 3.学習時間を確保する。(有給休暇の利用等)

7割で合格する試験ですので、基本的な問題を回答できるように準備すれば決して合格は難しくありません。

皆さんの合格をお祈りしています

さらに、2級手法分野の自己の知識の理解度を確認するための
・「基本統計量(無料)」の作成しました。
統計量の計算問題の基本箇所をおさえていただきたいと思います。

このレポート希望される方はプロフィールの連絡先より申し込みください。

続きを読む



山田ジョージ at 06:15|Permalink

2009年05月18日

途中でやめない勉強方法とは

勉強していく上で大事なことはなんでしょうか?
それは「始めた勉強を最後まで続けること」です。
スタート当初は、モチベーションも高いので、学習も前に進むと思います。
ところが、時間がたつと新鮮さも薄れ、また解らない箇所が出てくると深みにはまって、情熱も徐々に冷めてくることが一般的ではないでしょうか?

これは、スポーツやダイエットなどでも同じで、このまま放っておくと挫折の道へ一直線です。

これを防ぐには、途中でやめにくい状況をつくることです。
その手段として、身近に教えているスクールなどがあれば通学コースに通う方法があります。
しかし、そのような環境のない方には通信講座が有力な方策の一つとなってきます。

これは、入学金などを先に払い込んでしまえば、人とは誰しも元をとろうという気持ちが起こるので、独学で、参考書を勉強するよりも長続きしやくなると思います。

通信学習のメリット(VS独学)
・解らないことが聞ける。
・2人3脚で進めるので、挫折率が低い。(下記実例)

(H県K様)
お世話になっております。
半分あきらめながら、先程webの発表を確認いたしました。
結果合格しておりました。
山田様からの『最後まであきらめずにがんばってください』のメールで、気合をいただき 当日まで追い込むことが出来ました。

従って、一人で市販の参考書で勉強さることより通信教育を利用されて受講された方が効率的・効果的と判断します。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   QC検定2級e-ラーニング
    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
QC検定2級の通信教育は実施しているところはここだけです。 

それから自己投資は必ず身銭を切る事です。会社のお金だと挫折しても自分の懐が痛まない分、どうしても緊張感が薄くなりますのでね。

続きを読む



山田ジョージ at 17:29|Permalink

2009年04月07日

70点で合格する勉強法

このQC検定試験は70点以上とれば合格できると主催者側より発表されております。そこでお勧めは70点で合格する勉強方法です。70点主義とは、完璧を目指さない考え方をすることです。

完璧主義で勉強を進めていきますと、理解できないため箇所が出てくると、嫌気がさして、途中で勉強をやめることにもなってきま。
またある一部分が理解できないため、そこで多くの時間がかかってしまうことがあります。

そのような時には、難しい部分は先にとばして、その分の時間を基本的な部分の勉強にあてた方が効率的です。
また、先にとばした部分も、全体を俯瞰することによって再度読み返すと理解できるようになっていることもあります。

70点主義の考え方をしていれば、学習でつまづきそうになったときに「7割出来ればいいんだ」と考えると、精神的にも余裕が生まれ、基本的な部分に時間を掛けることができます。

多くの人は、どこかの箇所でつまづいて時間がかかってしまった結果、最後まで学習していない場合が多いのです。その結果、学習していれば簡単に正解とできる問題をとりこばしてまう原因となります。

70点主義で、最後まで学習することができれば、それだけでかなり合格率は高まります。始めた勉強を最後までやりきることが重要です。
そのためには、これから、QC検定にチャレンジする方は、ページ数の少ない&簡単なテキスト(問題集)の1冊を最初から最後のページまでやりきることが大事です。
計算問題が苦手な貴方にピッタリのコースです。
QC検定2級対策コース





山田ジョージ at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月01日

QC検定受験対策をしましょう!

QC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者サイドから発表されています。
このQC検定受験対策サイトは70点以上合格するために、その勉強方法等を記載しております。いわゆる70点合格を目指したサイトです。

山田ジョージの強み&得意とするところ
・2007年にQC検定1級合格
・1部上場会社でのQC経験が豊富(33年)。
・社内でQC検定受験対策教育を実施。
・メールを利用して社内QC検定通信講座を実施。
その結果
受験者目線で教えることができる。
・受講者が理解しやすい教え方を体得。
などを経験を通じて培ってきました。

今年の7、8月に初めてのQC検定2、3級通信講座を2科目に絞って実施しました。
2級については「基本統計量機↓供廖◆崛蟯悄Σ鶺↓機↓供
3級は「基本統計量機↓供廖◆孱傳達靴墜散餃機↓供廚任后
もちろん基本統計量は、2級、3級と違った内容としております。
そのテキストは
70点以上合格を目指すことを基本的なスタンスとしていますので、ポイントを簡潔にまとめたオリジナルテキストを作成し、練習問題を併せて理解度の強化を図った内容であります。

【受講生からの声(抜粋)】  
今回、この講座を受講していなければ、勉強の方法すらわからないままだったと思います。
簡潔に要点がまとめられたレホ゜ートで、とてもわかりやすかったです。また、質問に対しても、ご丁寧に回答をいただき、大変助かりました。自信にもつながりました。ご指導いただき、本当にありがとうございました。
(女性:2級合格者S様より)

その結果として、9月のQC検定受験は
3級合格率は100%
2級合格率は85.7%の方が合格されました。
(ただし、受験結果の回答をしていな46%は対象外としています)


【合格者の声(抜粋)】
・F県の○○です。
本日、結果が判明し(WEB発表希望しなかったため。)合格が判りました。
ありがとうございました。
次回はこの勢いで1級にすぐさま挑戦するつもりです。
本当にありがとうございました。
(男性:2級合格のO様より)

・お世話になっております。
ご連絡が遅れて申し訳ありません。
今回、ご指導いただいたおかげで無事2級に合格することができました。(併願の3級も併せて)
私も会社では品質管理の業務に携わっているため実践分野のほうは自信があったのですが、手法分野(計算問題)には不安がありました。
本講座のテキストと練習問題で品質管理の手法分野をクリアすることができたと思います。
また、質問事項に対しても丁寧に回答していただいたと思います。
ほんとうにありがとうございました。
1級受験時には、またお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。
(男性:2級、3級合格のS様)

・ご無沙汰しております。
ご返事が遅くなりまして、大変申し訳ございません。
昨日、合格通知がきましたのでご連絡いたします。
色々、ご迷惑をおかけいたしました。
(女性:3級合格のH様)

このような経験をしまして、今回企画しておりますQC検定受験対策コースは、来年3月より実施されます新たな基準に対応する内容としております。
QC検定3級については
新たに追加となった「新QC7つ道具」を含めた5科目
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定3級コース

QC検定2級
「信頼性工学」「新QC7つ道具」を含めた9科目
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース

上記の講座は70点以上で合格を目指した内容でありますので、高得点での合格を推奨しておらず、従って完璧な勉強をすすめておりません。難度の高い問題については、深く入り込まず、基本的な問題をとりこぼさないような内容・進め方をしております。
ここでの難度の高い問題とは、過去、実験計画法、ISO等で2級レベルに合致していない問題のことを言います。今年3月には、主催者サイドからもその事実を認め、2級の合格水準を下げたとの発表もありました。

QC検定を受験する方は会社で働いている人がほとんどだと思います。その受験する動機は、会社から指示。クライアントから要求。自己啓発などさまざまであると思います。
会社での仕事で勉強する時間のあまりとれないない人達のために合格に少しでもお役にたって、そして合格の喜びを味わっていただく、そういったサービスを継続的にできうる立場にこの12月からなりました。
特に計算問題が苦手で2級になんとしても合格したい方を応援・支援するコースです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース

このような人にぴったりのコースです。
・会社からの要請がプレッシャーとなっている人
・計算問題を苦手としている人

・市販されている書籍を読んでも理解できず挫折している人
・身近にわからないことが聞ける人がいない方

また、安心返金システムをとっていますので、教材内容と練習問題を実際に確認し、期待に反していれば全額返金するシステムです。
(ただし、1回目のテキスト、練習問題でご判断いただくことになります)

70点以上合格を目指し、QC検定2級については特化したコースで、その勉強方法を提供しているのはここだけです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース




山田ジョージ at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月25日

QC検定2級対策

QC検定試験の対策の第1歩はこれまでのどのような問題が出題されたのか、その傾向を把握することが重要です。

QCストーリーの中での現状把握といわれているフェーズです。
これまでの出題傾向を2級計算問題解説集としてまとめましたので、ご希望のかたは申し込んで見てください。もちろん無料です。
2級計算問題ワンポイントレッスン書
【記載内容】
.瓮献▲鵑竜瓩疂(データ数の違いよる)
∧進和、分散、標準偏差、自由度について
J册扱舷
な散の加法性(2つの変数が独立している場合)
ナ散の加法性(2つの変数が独立していない場合)
Υ待値と分散の公式
Ч程能力指数
偏りの考慮した工程能力指数
データ変換による平均値、標準偏差の求め方
標準正規分布変換

次に過去の問題を一通り解答することをお勧めします。ここでは自分がどんな科目が苦手で、この科目なら大丈夫だということを区分・整理することです。これはQC7つ道具で「層別」といわれていますね。

次に重要なことは、この検定試験は概ね70点とれば合格すると主催者サイドから発表されていますので、難解な問題には100%理解しようとして時間をあまりかけていけないと思います。

2級の難度の高い問題は過去の記事でも記述しましたので参考にされてください。実験計画法、ISOの語句の定義等がその具体例ではないでしょうか。
仮に5問出題されたとして、基本的な内容で2〜3問解ければよいといった考え方をすることも大事です。全体で70%とれば合格するといわれていますので。

以上がQC検定をこれから勉強していく上での、準備とこころ構えになってくると思います。

また、2級では統計の分野から計算問題が出題されます。ここが大半の人にとっての合格の壁となってくると思われます。
過去に、品質管理基礎コースや統計学等を学んだかたは、市販されているテキストで勉強されてもいいと思いますが、そうでない方は、身近に解らないことを聞ける相談相手がいるかどうかも大切な要素になってくると思います。
若い人だとあまり気兼ねなく聞けると思いますが、年齢を重ねてきた年配者や肩書きを持ている、課長、スタッフ、リーダーになってくると、なかなか基礎的なことは聞けませんよね。
そのよう人達に何とか試験に合格してほしいとの思いから、7月8月に項目を絞って2科目で通信講座をやってみました。
その中で、初歩的な質問でも答えていくスタンスです。特定な私だけですから気軽にメールで問い合わせなどできたと思っております。

その9月の実績は2級では85.7%の方が合格されました。
(ただし、受験結果の回答をしていな46%は対象外としています)
また、3級では受講された全員100%の人が合格されました。

今回は新しくなった基準に対応した通信講座を用意してやっております。また完全返金システムをとっていますので、安心システムです。ただし、最初のテキストと練習問題でご判断することになりますが。

まずは、無料レポートから過去の傾向をご自身で把握して、自分なりの対策を立ててください。

2級計算問題ワンポイントレッスン書

【記載内容】
.瓮献▲鵑竜瓩疂(データ数の違いよる)
∧進和、分散、標準偏差、自由度について
J册扱舷
な散の加法性(2つの変数が独立している場合)
ナ散の加法性(2つの変数が独立していない場合)
Υ待値と分散の公式
Ч程能力指数
偏りの考慮した工程能力指数
データ変換による平均値、標準偏差の求め方
標準正規分布変換続きを読む



山田ジョージ at 09:19|Permalink

2008年11月21日

効率的な勉強方法とは

QC検定2級試験は、来年から新たなになったレベル表に基づき
「品質管理の実践」「品質管理の手法」の2分野から出題されます。

「品質管理の実践」といわれている分野は、市販の参考書で勉強
されてもOKだと思います。
しかし、「品質管理の手法」は計算問題が出題されます。そして、
次回からは従来1級問題であった「信頼性工学」が2級試験に
追加されました。

そこで質問です
・あなたは検定に出てくる”Χ”はなんと読みますか?
・あなたは、確率計算に必要なC、n!は知っていますか?
・このような基礎的・初歩的なことを聞ける人が近くにおられますか?
 
上記質問項目に不安のある方は、系統的に勉強していく必要があると
思います。このQC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者側
より発表されております。そのためには、基礎的な計算問題の
取りこぼしをしないということが大事です。
2級受験対策コースを用意しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース

●教材満足度に応じた返金システムの運用(安心システム)
教材内容に満足いただけないならば、納め戴いた受講料金を
全額返金をいたします。(安心システム)
ただし、
初回に送付しました教材(基本等計量気離謄スト&練習問題)で
ご判断していただくことになります。

●2級対策コース科目の内容
 擺靄榲計量機
・平均値の求め方
・メディアンの求め方
・平方和、自由度、分散、標準偏差の求め方
・変動係数の求め方

◆擺靄榲計量供
・工程能力の求め方
・規準化による正規表の見方
・分散の加法性(独立。独立でない)
・統計量tの求め方
【相関/回帰機

・相関係数の求め方
・データ変換した時の相関係数の求め方
・相関係数の考え方
・最小2乗法の求め方
・系列相関(大波の相関、小波の相関) 

ぁ攸蟯悄寝鶺↓供
・回帰とは
・寄与率、回帰係数とは
・回帰直線の求め方
・回帰による分散分析表の作り方

ァ攜…蝓推定】
・検定・推定とは・正規分布
・F検定
・t検定
・Χ2乗検定
・区間推定

Α撻汽鵐廛螢鵐阿噺〆此
・サンプリングの種類
・検査の種類とその方法
・OC曲線とは
・規準型抜き取り検査

А攫存碍弉菲 
・フィッシャーの三原則
・実験計画法の種類
・分散分析表の作り方

─擲領変数と確率分布】 
・確率とは
・確率の性質
・確率分布
・確率分布の種類
 (1)正規分布の計算例
 (2)二項分布の計算例
 (3)ポアソン分布の計算例
 (4)超幾何分布の計算例
・期待値と分散の基本性質

【管理図】
・管理図の種類
・xbar-R管理図の書き方
・x-RS管理図の書き方
・点の並び方のくせ

【信頼性工学】
・バスタブ曲線の見方
・信頼性の3大要素
 (1)耐久性(信頼度、MTTF、MTBF)
 (2)保全性(MTTR、アベイラビリティ)
 (3)設計信頼性
・信頼性の基本
 (1)FMEA
 (2)FTA
 (3)信頼性ブロック図とFT図との関係

【新QC7つ道具】
・親和図法
・連関図法
・系統図法
・マトリックス図法
・マトリックス・データ解析法
・アローダイヤグラム法
・PDPC法

品質管理2級受験対策サイト





山田ジョージ at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月20日

検定・推定について

QC検定2級を受験される方への質問です。
検定に出てきます”Χ”はなんと読むのか知っていますか?

これまでQC検定2級で出題された検定・推定の分野からは
3回連続で出題されています。
その実績は
2007年9月【問2】で4問
・検定・推定の知識を問う良、否で答える問題
2008年3月【問2】で5問
・t検に関する問題
2008年9月【問2】で7問
・Χ2乗分布に関する問題
です。
問題数が増えてきていることが解ります。

2007年では、検定・推定の一般的な知識を問う内容
でしたが、今年の3月のt検に関する問題で、t検定量を
求める問いもありました。これはtを導き出すための計算式を
知っていないと解けない問題です。
また、9月では分散の検定を行う時には、Χ2乗を使う
ことを理解していないといけない内容でした。
(ここでΧはエックスと読むではなくなくカイと読みます。)

このように、検定・推定の問題はその出題内容も徐々に
難易度が高くなってきています。いわゆる知識のみでなく、
その各検定の適用例、計算、そして各分布表の見方を
勉強しておく必要があると思います。

ここでΧを”かい”と読まれなかった方へ。
・身近に解らないことを聞ける人はいますか?
       ↓ NO
・私と一緒に合格への勉強しませんか。
       ↓ Yes. We can
QC検定2級受験対策サイト

QC検定対策コース
続きを読む



山田ジョージ at 08:57|Permalink

2008年11月17日

2009年3月実施QC検定試験に向けて

2009年にQC検定2級を受験される人へ

日本規格協会のホームページからです。

2級を目指す方々に求められる知識と能力は、
基本的な管理・改善活動を自立的に実施できるレベルです。
・一般的な職場で発生する品質に関係した問題の多くをQC七つ道具及び新QC七つ道具を含む統計的な手法も活用して、自らが中心となって解決や改善をしていくことができる
・品質管理の実践についても、十分理解し、適切な活動ができるレベルです。

【試験の実施概要】
・QC七つ道具等を含む統計的な手法の活用や実践を自主的に実施するために必要とされる知識の理解度
・確率分布、検定・推定、相関分析・回帰分析、実験計画法、抜取検査、信頼性工学、品質機能展開、統計的プロセス管理などの基本的な事項
・3級〜4級の試験範囲を含む理解度の確認
とあります。
【対象者】
品質にかかわる部署(品質管理、品質保証、研究・開発、生産、技術)の管理職・スタッフ

管理職は2級レベルの知識、技能を持っていることが必要であると、日本、世界のQCの牽引役である規格協会からオープンにされましたね。

管理職のみなさんが対象者となりました。
・これまで部下に叱咤激励だけしていればよかった貴方
・俺は管理職だから、必要ないと言っていたあなた。

推進者の立場である人が、試験に落ちると恥ずかしいので、秘密裏に受験しようとしているあなた。
解らないことは、人には聞けませんよね。
そんなあなたに、ぴったりのコースです。
QC検定2級受験対策サイト
申し込みは
QC検定2級対策コース
です。

そのような事例が過去ありましたね。
以前に読者(1級を通りたいが、2級も落ちたら「恥」となる、QC検定推進者より)から相談された内容です。

当方50歳台、3/23のQC検定に初めて1,2級併願で応募致しました。 品質に厳しい企業に長く籍を置いてきましたので、QCに関しては自信が有りQC検定も「チョロい」と思っていましたので、12月下旬に申し込み、年明けから問題集をAmazonで購入し勉強を始めました。
現実は、正直言って数理統計学を忘れて居るか、最初から習得して居ない内容が続出、2級すら自信が持てない状況です。
また品質の原理原則は十分理解して居ますが、JISやISOの言葉の定義や表現には、「丸覚えしなくては成らないのか!」と苦労しています。追加で問題集や参考書を購入しましたが、消化不良中です。

私も50歳台ですから気持ちが良くわかります。その後、合格されたかどうかは連絡はありませんので不明です。
なんとか2級には合格していることを思っておりますが。






山田ジョージ at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月12日

統計解析で内閣支持率を推定する。

QC検定で統計解析の推定について

先日、全国世論調査の結果が新聞で発表されていました。
その中の調査項目の一つであった「今の内閣を支持しますか?」
は40.9%となっていました。
ここで世論調査について統計の観点から解説します。
*調査の方法はコンピューターでランダムに電話をかける方法
でRDD法と呼ばれている方法。n=1027人となっています

世論調査とは、全員と対象におこなうのではなく、全国の有権者
の中からランダムに選び、それらの人を対象に調査することです。
たとえ、全員の有権者を対象にしなくても、一部の有権者を対象
にするだけで、かなり精度の高い結果が得られると言われてい
ます。この世論調査のように、集団から一部を抜き出しておこな
う調査を標本調査と言われています。
大数の法則
「nが十分大きければ、ほとんどの場合、標本で得られた平均値
は母集団の平均値に近い値をとる」
が該当してきます。

中心極限定理
「nが十分大きければ、母集団の従う確率分布に関係なく
標本平均は正規分布に従う」

ではこの標本から
有権者全体の内閣を支持する割合を求めてみます。
その支持する比率=母比率をpとすると
その標本の支持すると答えた人の人数をXとすると、Xの従う
確率分布は二項分布B(n、p)となります。
ここでnが十分に大きいと考えて、中心極限定理より
期待値=np、分散=np(1−p)の正規分布に置き換えること
ができます。

今回で支持すると答えた人の割合X/n=標本比率p-barとした
とき母比率pを推定してみるとします。
標本が十分大きいとき、標本比率p-barは期待値=p、
分散=p(1−p)/nに従うとみなすことができます。
この標本比率p-barを標準化してZに置き換えると
Z=(p-bar−P)/(√P(1−P)/n) となり
このZは標準正規分布N(0、1)に従います。

それでは、母比率pに対する信頼区間を求めてみますと、
標準正規分布N(0,1)に従う確率変数Zが95%の確率で
満たす不等式は
    −1.96<Z<+1.96より
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
p-bar−1.96√p(1-p)/n<p<p-bar+1.96√p(1-p)/n
となります。
ここで標本nが十分に大きいので、大数の法則により標本比率
p-barはpに近い値をとると考えると
「95%の確からしさで母比率pは標本比率p-barを中心にした
幅が2*1.96√p-bar(1-p-bar)/nの区間内にある」
といえることになります。
これを計算すると
     37.5%<p<44.3%
となります。
今回の世論調査は
1027人のうち420人が「支持する」と回答したことより
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
有権者全体としては95%の確からしさでは
     37.5%<p<44.3%
の人が支持するとなります。
いずれにしても、50%に達しておりませんね。

*−1.96<Z<+1.96とありますが、なぜ1.96なのか
解りますか?これが解らないとQC2級の合格は?。。。。
そんな人のために
QC検定2級eラーニング





山田ジョージ at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月06日

QC検定2級には通信教育は効果的か?

来年3月から実施されるQC検定2級試験は、従来1級の試験項目であった「信頼性工学」「新QC7つ道具」が新たな項目として追加となります。試験範囲が広くなったと言うことです。
この環境の変化に如何に効率的に勉強していくかが合格のポイントとなってくると思います。そこでその手段として大きく分けて「市販の参考書で勉強」「通信教育を利用して学ぶ」の2つがあると思います。

確かに、過去に統計を学んだ方、品質管理基礎コースを修了した方等で計算問題を苦にしない人は、市販されている参考書で勉強されてもOKだと思いますが、
しかし
計算問題を苦手としている人
・例えば:C(コンビネーション)、!(階乗)等の基本的な語句の意がわからない人
・解らないことを聞く人が身近にいない
に対しては通信教育が効果的だと思います。

なぜなら、
・解らない点はメールで質問することができる。
・試験の対応した練習問題を解くことにより実力が養成される。
要点をまとめたテキストによって効率的に学べる。
からです。

従って、上記の条件に該当する方は一人で市販の参考書で勉強さることより通信教育を利用されて受講された方が効率的・効果的と判断します。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   QC検定2級e-ラーニング
    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
QC検定2級の通信教育は実施しているところはここだけです。

【これまで受講者された方の声】
山田様
メールのお返事が遅くなり申し訳ございません。
合否結果ですが、無事、2級に合格することができました!
自己採点では、67%の正解率だったので、ダメかと思っていました。自分でも信じられません。
今回、この講座を受講していなければ、勉強の方法すらわからないままだったと思います。
簡潔に要点がまとめられたレホ゜ートで、とてもわかりやすかったです。
また、質問に対しても、ご丁寧に回答をいただき、大変助かりました。自信にもつながりました。
ご指導いただき、本当にありがとうございました。
(女性:2級合格者S様より)

山田様
F県の○○です。
本日、結果が判明し(WEB発表希望しなかったため。)合格が判りました。
ありがとうございました。
次回はこの勢いで1級にすぐさま挑戦するつもりです。
本当にありがとうございました。
(男性:2級合格のO様より)

山田様
お世話になっております。
ご連絡が遅れて申し訳ありません。
今回、ご指導いただいたおかげで無事2級に合格することができました。(併願の3級も併せて)
私も会社では品質管理の業務に携わっているため実践分野のほうは自信があったのですが、手法分野(計算問題)には不安がありました。
本講座のテキストと練習問題で品質管理の手法分野をクリアすることができたと思います。
また、質問事項に対しても丁寧に回答していただいたと思います。
ほんとうにありがとうございました。
1級受験時には、またお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。
(男性:2級、3級合格のS様)

山田様
ご無沙汰しております。
ご返事が遅くなりまして、大変申し訳ございません。
昨日、合格通知がきましたのでご連絡いたします。
色々、ご迷惑をおかけいたしました。
(女性:3級合格のH様)




山田ジョージ at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)