QC検定1級試験

2011年07月05日

QC検定(品質管理検定)1級「信頼性工学」の解答・解説です。

読者の方より、要望がありましたので、昨日の問題の解説をします。

ユニットa、b、cの信頼度α=0.8と仮定した場合、各システムの信頼度は次のように計算されます。

システム1:信頼度R1
       R1=0.8×0.8×0.8
         =0.512

システム2:信頼度R2
       R2=0.8×(1−(1−0.8)2乗)
         =0.768

システム3:信頼度R3
       R3=1−(1−0.8の2乗)(1−0.8)
         =0.928

従って信頼度はR3>R2>R1となります。

システム信頼度





山田ジョージ at 06:15|Permalink

2011年07月04日

QC検定(品質管理検定)1級「信頼性工学」の問題です。

QC検定1級試験「信頼性工学」科目の受検対策用の問題です。下記の問題は、昨年度中小企業診断士1次試験「運営管理」で出題された問題です。

下図に示すようなユニットa、b、cから成る3つのシステム1,2,3を考える。それぞれのシステムの信頼度R1、R2、R3の大小を表す関係式として最も適切なもの選べ。
ただし、ユニットa,b,cの信頼度は全てα(0<α<1)で等しいものとする。

システム信頼度

ア R1>R2>R3
イ R2>R3>R1
ウ R2>R1>R3
エ R3>R2>R1

正解はエとなります。

1級試験では、発表されている70%以上の点数をとっても、、不合格となるケースが発生しています。1級は成績上位者から約15%が選ばれるため選抜試験的要素が強い試験ですので、上記のような難易度が比較的高くない問題は、ミスは許されないと思います。

1級に合格する人は、みなさん正解すると思われますので、あえて解答解説を書きませんでした。




山田ジョージ at 07:38|Permalink