QC検定資格

2013年06月27日

9月実施の試験の申込受付が終了

9月実施の試験の申込受付が終了(6月24日)しました。

申し込まれた方の多くは社会人だと思われます。
社会人は日々仕事があるため、空いた時間を見つけて勉強を継続することは難しい環境です。
「仕事が忙しくて、勉強する時間がとれない」
「仕事が忙しくなければもっと勉強できるのに」
と思っている人が世の中にたくさんいます。
これを理由に、始めた勉強を途中で止める人が多くおられるのではないでしょうか。
モチベーションが低いために、今年の3月実施の試験では、1割強の方が欠席されています。
さらに、団体受験(会社からの強制的受験)といったことも、欠席要因としてあるのではないでしょうか?

今回申し込まれた貴方は
・なぜこのQC検定資格をとりたいのか?
・この品質管理検定資格をとったらどんなメリットがあるのか?
・不合格の時はどんなデメリットがあるのか?
今一度確認しておきましょう。

特に1級を受検(受験)される方は、この2か月間、合格するためには多くの時間を費やすので、強いモチベーションが必要です。




山田ジョージ at 06:13|Permalink

2013年05月09日

2013年3月QC検定試験結果統計データ

2013年3月に実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。
各級の合格率は
          1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%
           ↓      ↓        ↓
2013年3月:12.25% 40.93%  68.85%
と推移しています。

全体で4900人の申込の中約4300人の方が受験されました。
1級が約1ポイント低くなっていますが、2級は、ほぼ横ばい、そして3級は3人が受験して2人が合格できる数値となっています。
準1級が新たに創設されるので、1級の合格率は今回のような数値で推移していくのではと思っています。

上記データより、来年の3月に2級、3級を受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

ある読者の方の相談内容です。
人事異動で、これまでとは全く業種が異なる製造部門で仕事をする事になりました。
入社以来、営業をはじめ、文系の仕事ばかりだったので、新たな部門で生き残っていけるか毎日不安で仕方ないため、知識を武器とする事としました。
QCの資格を取ることが一番手っ取り早いかと思いましたが、
テキストを手に取りがっかり・・・・
高校の時よりずっと文系だったので、本当に数学は分かりません。
計算の方程式など全く頭に入りそうにありませんが、
3級、2級・・・取得は可能でしょうか・・・

このような悩みを持っていいる方には、70%で合格する勉強を推進しています。
QC検定2級受験対策コ−ス
がオススメです。




山田ジョージ at 11:03|Permalink