QC検定試験

2017年08月28日

9月3日に試験を受ける方へ

もうすぐ、試験ですね。
準備は万全だという方はごく稀で、受験生の多くが準備不足を感じているのではないでしょうか。

この試験は70点取れば合格できますので,満点取ろうなんてことは思わないことが肝心です。
仮に100問題数出題されるとすると30問題数の間違いは許される試験です。

わからない問題は必ずありますので、だから、わかる問題で70点を超えて行こうとする気持ちが重要です。

そのためには問題全体を最初に見極め、初見の問題は飛ばして、できる問題から取り組んでください。
その際にはマークシートのずれだけは要注意してください。


また、分からない問題に対しても、なんとか2択まで持ち込む執着心が大事です。
最近の傾向として、問題文が長文化していますので、時間配分に留意し取り組んでください。

ファイト

https://www.youtube.com/watch?v=-adJsTa2mjg





山田ジョージ at 15:47|Permalink

2016年08月26日

9月4日のQC検定試験まで10日

いよいよ9月4日のQC検定試験まで10日となりました。
10日しかないからといって何も出来ないわけではありません。
この試験は、概ね7割得点すると合格する試験ですので、基本的な問題を正解できるように準備すれば決して合格は難しくありません。
特に3級は、合格率が約50%代であることより、みんなが正解できる問題を、ミスなく正解する試験であって、細部な知識を必要とする問題を正解する試験ではないことを強く意識することです。一部解らないところがあっても最後まで勉強を続けることが大事です。

残りの10日間は繰り返し出題されている基本問題の復習に力点を入れた方が良いかと思います。

70点で合格しようが、90点で合格しようが、合格には変わりありません。
社会人の勉強は徹底的に合格にこだわるべきと考えていますので、高得点で合格しようとして、細部な知識の修得に時間をかけないことです。

いずれにしましても
細部にこだわないよう、最後まで、あきらめずに足掻(あがき)きましょう。

みなさんの合格を祈っています。



山田ジョージ at 07:59|Permalink

2013年11月13日

過去最低の合格率となったQC検定3級の試験対策

9月1日に実施されたQC検定3級試験の受験者数:約26,000人で約13,000人の方が合格されましたが、合格率は過去最低の数値となりました。
過去4回の3級合格率の推移です。 
        
2011年9月:67.47%
           ↓     
2012年3月:63.16% 
           ↓     
2012年9月:63.38%
           ↓     
2013年3月:68.85%
           ↓     
2013年9月:51.15%

3級の合格率は前回の68%と比べ17ポイントも低下しました。
これまでは3人中2人が合格できましたが、今回は平均点以上でないと合格できないことになります。

合格のボーダーラインは概ね70%以上と発表されていますが、各設問の点数配分は明記されていないので、その採点の実態は解りません。
今回の3級の設問数は107ですので、70%は75問正解すると合格となりますが、もっと低い正答率の人も合格していたのではないかと思われます。QC検定資格の認知度も高まってきた今、採点配分をオープンにされたらどうでしょうか?

社会人のみなさんの中で、会社からの指示で3級を受験しなければならない貴方へ。
合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。限られた時間内で合格にこだわってください。

http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2476317.html




山田ジョージ at 09:12|Permalink

2013年10月04日

2013年9月実施のQC検定試験のweb合格発表

10月3日、9月に実施されたQC検定試験のweb合格発表がありました。
合格されたみなさん、おめでとうございます。
しかし、残念ながら不合格になったみなさんは、この悔しさを次回にぶつけてください。

eラーニングの受講者から合格の知らせが届きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2級Xコース受講のTです。
本日QC検定2級の合格発表があり、おかげさまで合格することが出来ました。
このeラーニング講座のおかげで統計の基本から学ぶことが出来たことが、効率的な学習となって、結果的に合格への近道になったと考えています。
ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来年の3月に2級、3級を受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
最初から、100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、勉強を止めてしまう可能性が大きからです。
始めた勉強を止めることになると、不合格へ一直線です。
過去にみなさんにもそういった経験が一度や二度あると思います。

社会人の資格取得は合格することに徹するべきと考えeラーニングコースを推進しております。
今なら3月の試験日までサポートいたします。
QC検定2級受験対策コース



山田ジョージ at 07:21|Permalink

2013年09月26日

9月に実施されたQC検定2級試験(その3)

総じて試験問題の難易度は高かった、9月1日に実施されたQC検定2級試験問題について、今回は実践分野の出題問題を考察します。

【問8】
8問全問できる平易な内容であり、とりこぼしてはいけない問題であった。

【問9】
似たような選択肢が配置されていたが、文章の前後で意味が通るかどうかの観点から、なんとか正解を選ぶことができる内容だったかと思います。

【問10】
設問71の逆品質の語句を選ぶことは難しかったと思うが、残りの設問は全問正解したい内容であった。

【問11】
品質保証活動に関する出題であり、全問正解したい内容であった。

【問12】
長文問題であり、設問80,81はPM活動で使用する語句であった。QCを勉強している方ばかりと思うので、正解できた人は少ないと判断します。

【問13】
8割ぐらい正解できれば良しとする内容だったと思います。

【問14】
,諒珊垳躡垢慮豢腓脇餔彭戮高い。4問中2問正解できれば良しとしましょう。

社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることです。
完璧を目指さず、合格できる勉強を推進しています。
QC検定2級受験対策コース

今申し込まれると、来年の3月(通常は4カ月間)の試験日までサポートしております。





山田ジョージ at 12:11|Permalink

2013年09月18日

9月に実施されたQC検定2級試験(その2)

今回は、難易度の高かったQC検定2級試験の残りの手法分野の問題(【2】,【3】,【5】,【7】)
について解説します。

【2】確率と分散の加法性の問題
\亀分布表からP=0.003→Kp=2.748
データの標準化 (51.3-50.8)/σ=2.748から標準偏差を求めることができます。

∧散の加法性
母平均はQ=Z-X-Yから簡単に求めることができますが、分散は気を付けないとミスします。
分散を平均を求めたような考え方で、0.356を選んだ方は、分散の加法性を再度復習しておいてください。

【3】管理図の問題
この問題は設問数10個ありましたが、3級レベルの内容だったので、全問正解できる問題でした。受験生のみんなが正解する問題だと思われるので、取りこぼすと合格に影響を及ぼす可能性が大きいと思われます。

【5】実験計画法の問題
分散分析表の穴埋め、自由度に関する基本知識を問う内容であって、ここも全問正解したい問題でした。

【7】抜き取り検査に関する問題
全問正解可能な平易な内容でした。

前回の記事でも記述しましたが、難易度が高かった2級試験でした。
今回解説した問題はほとんど正解しないと手法分野全体で70%に届かないことになりますが、しかし、細部の知識に振り回される勉強だと途中で止めてしまう可能性が高まりますので注意が必要です。





山田ジョージ at 16:33|Permalink

2013年09月16日

9月に実施されたQC検定2級試験(その1)

9月1日に実施されたQC検定2級試験は、総じて試験問題の難易度は高かったと思います。
これまでの2級合格率約40%を主催者側が維持するのであれば、合格のボーダーラインはかなり低い点数になることが予想されます。
仮に60点ぐらいでも合格できるかもしれませんので、自己採点で振るわなかった受験生のみなさん、試験結果発表を待ちましょう。

今回は手法分野でこれまでよりも難易度が上がった問題、【問1】検定、【問4】回帰分析、【問6】故障率曲線、の3問題について考察します。

【問1】の検定に関する問題は、解答には選択肢を複数回用いても良いと設定されていおりましたので、消去法で正解を絞り込むことが出来ない形式でした。
選択肢には正規分布表が記載してありましたが、しかし正解には該当しない問題作成でした。検定統計量の基本である、正規分布表を正解とする設問があっても良かったのではと思いますが。。。。

【問4】の分散分析表の各要因の平方和の求め方を知っていないと、穴埋め5問題数が正解できない形式でしたので、all or nothingの出題傾向でした。

【問6】はバスタブ曲線の時間経過の変化を3つの型にあてはめる問題でした。一般的な知識として、初期故障期、偶発故障期、摩耗故障期として理解してる受験生がほとんどだったと思います。しかし試験の選択肢は英語記述であったため、日本語での正しい知識は持っているが、正解できない出題内容でした。

いずれにしましても、今回の出題は受験生にとって厳しい傾向となっています。しかしだからといって、細部の知識に振り回されない勉強をすることが大事です。

社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることです。
完璧を目指さず、合格できる勉強を推進しています。
QC検定2級受験対策コース

今申し込まれると、来年の3月(通常は4カ月間)の試験日までサポートしております。




山田ジョージ at 08:50|Permalink

2013年09月03日

2013年9月QC検定試験を終えて

1日に受験されたみなさんお疲れさまでした。
思い通りに解けた問題もあれば、すんなり解けなかった問題もあったかと思います。

基準解答が発表されましたので、
自己採点で70%以上だった人は、合格発表を待ちましょう。

正解率が60%〜70%未満だった方は、このような点数で過去、2級、3級で合格している人もおられますので、落胆するこなく、合格発表を期待しましょう。

全く自己採点で振るわなかった方は、eラーニングをオススメいたします。
社会人の試験勉強は合格に徹することですので、細部にこだわない勉強を推進しております。

今申し込まれますと、来年の3月の試験日までサポート(通常:4か月間)いたします。
2級受験対策コース
3級受験対策コース





山田ジョージ at 09:45|Permalink

2013年08月30日

試験に際しての注意事項

9月1日にQC検定に受験するみなさん。
下記に準備すべき持ち物、試験場での注意すべき項目を記述しますので参考にしてください。

試験前日チェックリスト(忘れ物はありませんか?)
・受験票
・シャープペン、鉛筆(鉛筆はBがお勧め)
(鉛筆はあまり先が尖っていない状態がベスト)
・鉛筆削り
・定規
・消しゴム
・電卓(ルートの計算ができるものか再度確認してください
時計(意外と忘れる人が多いので注意しましょう)

●試験場での注意事項
・解答は直接マークシート記入する。
(一度問題用紙に解答を書いて、そして再度解答用紙に記入しないことです。ムダなことは止める。記入ミスが考えられます。)

解る問題から解いていくことです。解らない問題に、多くの時間を費やしたので、残りの問題が時間が無くて失敗したケースもあります。

・うら覚えで記憶している項目は、試験開始時に用紙に書いてしまう。不安なことは最初にすっきりさせることです。

みなさんの合格をお祈りしております。



山田ジョージ at 09:11|Permalink

2013年06月27日

9月実施の試験の申込受付が終了

9月実施の試験の申込受付が終了(6月24日)しました。

申し込まれた方の多くは社会人だと思われます。
社会人は日々仕事があるため、空いた時間を見つけて勉強を継続することは難しい環境です。
「仕事が忙しくて、勉強する時間がとれない」
「仕事が忙しくなければもっと勉強できるのに」
と思っている人が世の中にたくさんいます。
これを理由に、始めた勉強を途中で止める人が多くおられるのではないでしょうか。
モチベーションが低いために、今年の3月実施の試験では、1割強の方が欠席されています。
さらに、団体受験(会社からの強制的受験)といったことも、欠席要因としてあるのではないでしょうか?

今回申し込まれた貴方は
・なぜこのQC検定資格をとりたいのか?
・この品質管理検定資格をとったらどんなメリットがあるのか?
・不合格の時はどんなデメリットがあるのか?
今一度確認しておきましょう。

特に1級を受検(受験)される方は、この2か月間、合格するためには多くの時間を費やすので、強いモチベーションが必要です。




山田ジョージ at 06:13|Permalink

2013年04月26日

QC検定web合格発表

本日、3月に実施されたQC検定試験のweb合格発表がありました。
合格されたみなさん、おめでとうございます。
しかし、残念ながら不合格になったみなさんは、この悔しさを次回にぶつけてください。

尚、本日発表のHPでは統計データが発表されていませんので
各級の合格率、詳細等についてのコメントは後日にしたいと思います。
合格者数だけを昨年の9月実施の試験と比較すると
     今回   前回
1級  150人  142人
2級  4077人   3951人
とあまり差異が無いように思われますが、受験者数が解らないのでコメントのしようがありません。

今年の9月に2級、3級を受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。最初から、100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、勉強を止めてしまう可能性が大きからです。
始めた勉強を止めることになると、不合格へ一直線です。
過去にみなさんにもそういった経験が一度や二度あると思います。

ただ、これから連休に入りますので、QC検定試験のことは忘れて、ご家族で一緒に有意義な時間を過ごしていただきたいと思います。

では。



山田ジョージ at 16:09|Permalink

2013年03月28日

スマホでのQC検定2級対策

3月のQC検定試験2級を受験されたMさんよりメールをいただきましたので紹介します。
Mさんは2級Xコースの受講者です。Xコースはスマホ対応している講座です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3回目の2級の受験で、これが最後だと思って受講して、自己採点した結果8割弱の点数をとれてました。合格していれば、1級を目指したいです。
今のうちに、2級の出題範囲で勉強不足のところを、見直すつもりです。
1級を受けるには、2級のようには、簡単にはいかないと思いますが、お勧めの勉強方法を教えてください。年齢は、40歳代です。若い頃のように、バリバリ勉強する暇もない、要領悪いです。なので、今回受講して、全体を通してわからないところを飛ばして、全体を見渡して、後でわからないところを、ゆっくり何回もやったやり方は、よかったです。
今回のテキスト、スマホでの、eラーニングは、受験対策としては効果的でしたので、勉強の友として最適なツールだと思います。
合格発表まで、楽しみにしておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




山田ジョージ at 11:40|Permalink

2013年03月26日

3月のQC検定試験終わる。

24日にQC検定試験に受験されたみなさんお疲れさまでした。

思い通りに解けた問題もあれば、難化していたりして、すんなり解けなかった問題もあるはずです。(まだ、各級の問題は見ておりませんので推測ですが。)

どうしても試験の後は、「なんであんなのが分からなかったんだろう…」的なネガティブ思考が先行しがちですが、正解率が60%〜70%未満だった方は、過去合格している人もおられますので、落胆するこなく、合格発表まで待ちましょう。
さらに、2級試験で、主催者サイドのミスで第3問の5設問が没問となり、全ての受験者が正答扱いとなりましたので、恩恵を受ける受験者(合格率が高くなる?)も多くいるのではないかと思います。
しかし、受験された皆さんの中で、当惑され、ここで時間を費やしてしまった方もおられるのではないでしょうか?
いずれにしましても、このようなことが無いように、反省と次の再発防止対策をきっちりととってもらいたいと思います。

全く自己採点で振るわず、9月に再挑戦をされる方にはeラーニングをオススメいたします。
今申し込まれますと、今年の9月の試験日までサポートいたします。
・2級受験対策コース
・3級受験対策コース




山田ジョージ at 11:26|Permalink

2013年03月18日

試験直前の1週間の学習が結果を左右します。

いよいよ3月24日のQC検定試験まで1週間となりました。

しかし、だからといって何も出来ないわけではありません。
3級を受験する方で、これから真剣に勉強されるかた、時間的にはまだ大丈夫ですので頑張ってください。
3級試験の合格率は約68%ですので、みんなが正解する基本的な問題を、間違えないようにすればよいのですから、細かな知識の修得に時間を費やす必要はありません。
繰り返し類似問題が出題されていますので、この1週間は、頻出項目の過去問題を横串で勉強することをオススメします。

話は変わって
QC検定3級コースの最終日に欠席されたNさんへ。
工程能力指数を求める式はもうばっちりですか?
後1週間になりましたが、毎日30分勉強を継続すれば合格の可能性が大きいですので
頑張ってください。

そして
これまで全く1級の勉強をしてこなかた人、出題されそうな問題に「やま」をかけてみることは一つの受験対策です。
線形計画法

皆さんの合格をお祈りしています。
いずれにしましても、細部にこだわないよう、最後まで、あきらめずに足掻(あがき)きましょう。




山田ジョージ at 16:24|Permalink

2013年03月14日

「品質管理検定3級」のコースが11日で終了しました。

1月9日より職業訓練校で、「生産管理+品質管理検定3級」の講師を務めてきましたコースが11日で終了しました。

生産管理の知識を取得し就職活動に生かすことをねらいに、12月から3月までの4ヶ月間の中で、自分の担当は60時間のスケジュールでした。この「生産事務コース」は、当初22名の方が受講でしたが、就職が決まった人などを除いて最終的には18名の方がQC検定試験3級を受験されます。

過去問をやっていただきましたが、昨年の9月過去問で新QC7つ道具の問題の中で、マトリックスデータ解析法の正解が「該当なし」となっており、少し違和感を感じました。受験されたみなさんは戸惑われてものと推察します。
このQC検定試験は品質管理の知識を問う試験であるので、このようなクイズ番組で出題される、選択肢は如何かと思います。もちろん、試験問題の使用は、もちろん、日本規格協会の承認は正式に得ています。

試験日までの、2週間の勉強法として、過去問の「横串勉強法」を説明してきました。その際には、受験する方のほとんどの人が間違えられる「捨て問」は、勉強する必要がないことも加えて説明しました。

この3級試験は合格率約68%で合格できますので、基本的な知識だけで合格できますので
くれぐれも、細部の知識の習得に、時間を取られないことが大事です。

社会人の資格取得は、主体性がモチベーションだと思っていますので、是非合格してほしいと思っております。



山田ジョージ at 12:38|Permalink

2013年02月27日

QC検定3級講座の2日目

QC検定3級講座の2日目の内容は、3級試験範囲の手法分野
「QC7つ道具」「新QC7つ道具」について説明しました。

「QC7つ道具」で、特に頻出科目であるヒストグラムと管理図について記述します。
1.ヒストグラム
・作成上の注意点としては、級(柱)の数(√データ数)、区間の幅(測定単位の整数倍)、境界値などがポイントです。
・見方としては、二山型→層別、絶壁型→選別などがkey ワードです。

2.管理図
・用語として、3シグマ管理、群、群の大きさなどが重要な語句です。
・管理限界線の算出式は暗記しておくと良い。
・管理限界線内であっても、異常の判定ルールも重要です。

手法分野は2日(3hr/日)実践分野は1日で終える予定ですので、これから本格的に勉強しようとするみなさん、期間的には十分間に合いますので、あきらめず、前に進めてください。

3級の合格率は約68%で推移していますので、100%理解できなくても合格できます。
社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることです。
完璧を目指さず、合格にこだわった受験対策を推進しています。
QC検定3級受験対策コース




山田ジョージ at 06:36|Permalink

2013年02月18日

過度な不安感は捨ててください。

このQC検定試験は概ね7割正解すれば合格しますので、満点を目指した勉強だと、細部な知識を理解することに振り回され、解らない箇所にぶつかると、途中で止めてしまう可能性が高いと思います。そうなると不合格へ一直線です。
ゆめゆめ枝葉末節な知識を理解しようとの欲をださないことです

今まさに、勉強をしている中で
まだ基礎知識レベルの理解に不安がある・・・」という貴方へ。

解らないところがあっても、立ち止まらず前へ進みましょう!
一番やってはいけないことは「始めた勉強を止める」ことです。

完璧な学習ができている人は、実際には、ほとんどいないと思われますので、
過度な不安感は捨ててください。
3月の本試験までに「全体で7割を取ればいいのだ」と、良い意味で開き直ってください。
日々、自分を信じて少しずつでも継続することが大事です。

まだまだ期間的には十分間に合います。
最後の最後まであきらめないでください。
そのような貴方をサポートしています。
QC検定受験対策コース(2級、3級)

また、
・2級受験者で苦手な科目(検定、実験計画法)がある人
QC検定対策用動画講座

がオススメです。



山田ジョージ at 21:15|Permalink

2013年01月25日

知識維持評価制度の導入:品質管理検定(QC検定)新制度の概要

1月21日、品質管理検定(QC検定)新制度の概要について、規格協会のHPで発表されました。なお、新しい制度は平成25年度/第16回QC検定(2013年9月1日)より導入するとあります。詳細については、規格協会のHPで確認してください。

新制度の一つで、昨年の11月、12月でも発表されなかった、具体的にどのよう変更になるのか(更新するための新たな試験でも追加されるのか)関心がありました
「知識(能力)維持評価制度の導入」については、
自己の知識レベルの点検する手段として繰り返し試験受験を支援するといった内容でした。

感想としては
・品質管理は実践することに意義があります。特に社会人は。知識保持証明として合格証を発行するとありますが、モチベーションにはならないのでは。
・2級、3級合格者は、上位級にチャレジする方はいると思いますが、同じ級に繰り返し受験する人は少ないのではないでしょうか?
・準1級の創設も踏まえると、受験者数を増やすための一環なのでは。
といったことを感じました。

また、
・準1級合格後の1級の再受験する場合
・繰り返し受験者への支援
の割引料は検討中とあり、なかなか一度にすぱっと決まった事項を発表されませんね。



山田ジョージ at 08:46|Permalink

2012年11月29日

3月の試験に挑戦するあなたへ・・・ファイト!

多くの受験生は多忙なビジネスマンですから、計画通りに勉強が進まない…なんてことはザラです。仕事での残業や断れない飲み会など阻害要素を挙げれば、キリがありません。
 
もちろん綿密な計画を立てることは重要ですが、この「計画通りに進捗が進まない時に、どう対応できるか?」がより重要だと思います。
 
計画通りに進まないからといって、やる気が無くなり投げ出してしまい、遅れが徐々に拡大していくのはハッキリ言って不合格へ一直線です。
 
かと言って、やる気がなくならないように「余裕のあり過ぎる」計画を立てるのは、機会損失です。ある程度負荷をかけないと、達成感も少ないでしょう。
 
計画通りに進まない時に、すぐに計画を再修正するのは、投げ出すよりはマシですが、計画通りに進まなかった時に、挽回策を検討/実施して一定期間内に元に戻してこそ、がんばったと言えるのではないでしょうか?。
 
「計画通りに進まないからこそ、マネジメントする甲斐がある。」と前向きに考えて、阻害要素が発生した時にすぐリカバリ対応策を決めてしまう…というのが理想的です。スキマ時間を利用して準備できることがたくさんあるはずです。そういったクセをつけておかないと、試験直前期には苦しむと思います。
スキマ時間を利用するツールとしてスマートフォンの活用も考えられます。
 
特に1級に挑戦する方は、計画の重要性を認識してほしいと思います。

これから本格的に
3月の試験に挑戦する貴方へ・・・・・・ファイト!!
挫けそうなときは以下の映像を見て下さい。自信と勇気が湧いてくるかもしれません。




勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの
出場通知を抱きしめて あいつは海になりました。

 ファイト! 闘う君の唄を
 闘わない奴等が笑うだろう
 ファイト! 冷たい水の中を
 ふるえながらのぼってゆけ

*livedoor BlogでJASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能となりました。





山田ジョージ at 05:00|Permalink

2012年11月05日

9月実施の試験の統計データ

9月に実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。
各級の合格率は
          1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%
となっています。

前回の2級の合格率は過去最低の38%と40%を割りましたが、今回は40%となっており、2級合格率はこれまで50%で推移してきましたが、40%近辺に収束しそうな気配です。
また、1級、3級に関しても上記の数値で今後も推移していくものと思います。

いずれにしましても、
来年の3月に受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

70%で合格する勉強を推進しています。今なら、来援の3月の試験日までサポートしています
QC検定2級受験対策コ−ス
がオススメです。




山田ジョージ at 17:21|Permalink

2012年10月21日

品質管理検定(QC検定)制度の一部改定について

規格協会のHPでQC検定制度の一部改訂が発表されていました。

新たな制度を導入するらしいです。
http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/pdf/seidominaoshi.pdf

1.1〜2 級試験不合格者のモチベーション維持制度の導入
\績情報の一部開示(対象:2級試験不合格者)
→合格基準が概ね70%と発表されていますが、自己採点で63%でも合格者がいますので、2級の合格基準点数が明確になるということでしょうか?
正解が発表され自己採点が可能であるのですから、何故2級だけを対象にするのでしょうか?
記述問題のある1級について開示してほしい人が多いのではないかと思います。

⊇爍欝蕕料論 (対象:1級試験不合格者)
→敗者(1級不合格)復活でなく、最初から準1級を単独に受験できるようにすれば良いのでは?

2.知識(能力)維持評価制度の導入
→更新試験があるということですかね?

詳細の発表は11月26日だそうですので、それを待ちましょう。

また、
QC検定1〜2級試験・成績上位合格者の表彰について
第14回試験(2012年9月9日実施)より、1〜2級試験の成績上位合格者を表彰(本人同意を得て当会ホームページにて氏名公表)することになったそうです。

http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/pdf/seisekijyoui.pdf

この表彰は、制度を運営する側として、成績優秀者への社会的
期待を強くアピールするために、1〜2級試験合格者を対象として実施するものとあります。

社会人の資格取得は合格することに意義があると思っていますので、そのためには効率的な方法(勉強時間)で合格することが大事です。
合格者の定員枠が決まっている試験ならば、高得点を目指した勉強も必要ですが、この試験はそうではないので、この制度には、少し違和感を感じます。
さらに
国家資格等の予備校・受験機関等では、模擬試験での順位を発表していますが、
技能の優劣を決めるコンクール等は別として、
資格を運営する主催者側が、成績優秀者を表彰・発表している例はあるのでしょうか。?




山田ジョージ at 06:14|Permalink

2011年09月08日

QC検定2級受験者より、うれしいメールが届きました。

9月にQC検定に受験されたみなさん、自己採点はやられましたか?

今回の合格率も、これまで同様の、1級は約15%、2級は約50%、3級は約68%
の数字に落ち着くのではないでしょうか。

自己採点で、70%取れていなくても、上記の合格率ならば、合格への可能性がありますので、正式な結果をお待ちください。あくまでも、2級、3級のことですので、1級受験された方は、誤解なきように。

2級QC検定受験対策コースを受講したHさんより、うれしい内容のメールが届きましたので紹介します。 

 
QC検定2級を受験してきましたHです。
ある程度想定はしていましたが、ここまで出題傾向が変わるとは思いませんでした。
(本当に合格率の調整作業を行っているのでは・・・・・と感じました)

結果は、なんとか合格に引っ掛かっているようです。
自己採点では93問中69問正解で70%以上は確保できました。
これも「2級QC検定受験対策コース」のおかげだと確信しました。
良かった点は、習得すべき知識に優先順位があったことと、繰り返し知識の習得度を確認できるテストの効果があったことです。

ただ、試験の感想は打ちひしがれた感が否めません。
時間が足りないことはわかっていましたが、今回は文章が長く理解していたら間に合わなくなりました。
「93問で90分はかなりきつく、落ち着いて考える時間がほとんどないですね」

繰り返し勉強してきたつもりですが、まだまだ努力が必要と感じました。
とりあえずの報告ですが、正式な結果がでましたら再度メールいたします。

以上メールはここまでです。

受験された皆さんで、家族を犠牲にされるまでがんばられた方はゆっくりと、家族との時間をお過ごしください。





山田ジョージ at 17:51|Permalink

2011年08月31日

9月5日のQC検定試験に際して

9月4日にQC検定に受験するみなさん、いよいよ今度の日曜日となりました。
勝負の時は一人でとことん戦うしかありません。
強い気持ちで、持てる力の全てを試験の解答用紙に出し尽くしてください。
やるべきことはやったといった心地良い、疲労感を味わってください。
みなさんの合格をお祈りしております。

下記に準備すべき持ち物、試験場での注意すべき項目をお伝えいたしますので参考にしてください。

試験前日チェックリスト(忘れ物はありませんか?)
・受験票
・シャープペン、鉛筆(鉛筆はBがお勧め)
(鉛筆はあまり先が尖っていない状態がベスト)
・鉛筆削り
・定規
・消しゴム
・電卓(ルートの計算ができるものか再度確認してください
時計(意外と忘れる人が多いので注意しましょう)


●試験場での注意事項
・解答は直接マークシート記入する。
(一度問題用紙に解答を書いて、そして再度解答用紙に記入しないことです。ムダなことは止める。記入ミスが考えられます。)

解る問題から解いていくことです。1問目に計算問題が出題されていて、これに多くの時間を費やしたので、残りの問題が時間が無くて失敗したケースもあります。

マークシートに記入する時は、該当問題番号をきっちりとあわせるため、解答を該当箇所にマークできるよう定規等を利用し、ズレないように気をつけてください。

また、事前チェック対策として最適なレポートです。
・2級計算問題チェックリスト
・3級計算問題チェックリスト




山田ジョージ at 16:34|Permalink

2011年08月29日

9月のQC検定試験まで、1週間となりました。

いよいよ9月のQC検定試験まで1週間となりました。
しかし、だからといって何も出来ないわけではありません。

3級を受験する方で、これから真剣に勉強されるかた、時間的にはまだ大丈夫ですので頑張ってください。
根拠の記事です。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2075399.html

2級を受験される方で、手法分野の中で、特に検定、実験計画法を苦手とされている方
動画講座がオススメです。

繰り返し、視聴すれば、難しかった昨年の9月2級の検定、実験計画法が合格レベルまで
到達できます。

いずれにしましても
細部にこだわないよう、最後まで、あきらめずに足掻(あがき)きましょう。

みなさんの合格を祈っています。



山田ジョージ at 03:55|Permalink

2011年08月23日

QC検定試験で出題されそうか?

今年の中小企業診断士の1次試験に出題された問題でQCに関係の深い問題を紹介します。
QC検定試験で出題されるととすれば1、2級の実践分野の範囲でしょうかね。


問題
品質展開に関する次の文中の空欄A、B、Cに入る、最も適切な用語の組み合わせを選べ。


JISQ9025のよれば、品質展開とは「AをBに変換し、製品の設計品質を定め、各機能部品、個々の構成部品に品質、及びCの要素に展開する方法」と定義している。


解答選択肢
ア  A:品質特性  B:要求品質  C:工程
イ  A:品質特性  B:要求品質  C:動作
ウ  A:要求品質  B:品質特性  C:工程
エ  A:要求品質  B:品質特性  C:動作

答えは


合格への王道は、始めた勉強を最後まで継続することです。
もう少しになりましたが、最後まであきらめず、頑張ってください。




山田ジョージ at 07:11|Permalink

2011年08月10日

QC検定3級試験の残り1カ月の必勝法

9月にQC検定3級を受検するみなさん。テキストを完全に理解しようとしてはいませんか?
直ぐに過去問中心の勉強方法に変えてください。
また、過去問は全部理解できなくてもいいのです。
3級の合格率は約68%ですので3人2人の方は合格できます。
平均点以下でも合格できると言うことです。

特に複数回受験するみなさんの中で、計算問題が苦手で、手法分野で50%とれなくて、不合格になった方もたくさんおられると思います。

学生時代に算数が苦手で、QC検定の計算問題嫌いの方で、
「あれ、平均値とメジアンの違いはなんだったけ」
「分散と標準偏差は何が違っていたんだったけ」など

周りに聞く人がいないあなたにピッタリのコースです。
お盆の休みの期間に集中的にできます。


このQC検定試験の出題範囲には「実践分野」と「手法分野」の2つから出題されると発表されています。

計算問題嫌い解消は

手法分野に特化した
・3級eラーニング
・動画講座
でばっちりです。






山田ジョージ at 07:21|Permalink

2011年08月05日

QC検定試験に役立つオリジナル無料レポートです。

QC検定2級試験を受験する方で、昨年の9月の過去問はやられましたか?

昨年9月の試験総括として、QC検定委員長が
・「今回の2級の手法分野の問題は良問がそろっている」
・「よい問題を続けて出題することが難しい」
とコメントされています。(10万人突破記念講演会資料)

言い換えれば
9月の手法分野は良い問題であったので、今後もこのような問題が出題される
と予想されます。

以上のことをふまえると、
2級を受験する方の有効な受検対策は
9月の2級の試験問題の中で
何を捨てるのか
「どの項目で点数をとりこぼさない」
を層別することです。
 
この層別したレポートが

他には、このように問題の難易度を記したものはありませんので、効率的に勉強できます。

基礎知識に不安のある方へ
・2級eラーニング
・2級動画講座

続きを読む



山田ジョージ at 08:19|Permalink

2011年08月01日

音声+イメージ化で記憶の定着化を図り、QC検定(品質管理検定)試験に楽々合格する。

QC検定試験の効果的な勉強方法を紹介します。

それは、目だけでなく、耳からインプットした情報をも活用することです。
これをサポートしてくれるものが「動画講座」です。

音声情報をただ聞き流しているだけでは、効果が薄いと思われますので、スキマ時間を利用して、繰り返し何度も聞ければいいと思いますが、しかし、時間の制約上そうもいかない方にオススメな集中してきくためにはどんな工夫は?

音声の内容を意識的にイメージ化することです。

音声のみでインプットしているということは、視覚的な情報は欠落しているということです。
そこで、音声の内容を意識的にイメージ化することです。

すごく単純にたとえると、こういうことです。
音声情報では
「目の前に、赤いバラが一輪あります」
この音声通り、赤いバラをイメージします。
すると、単なる音声情報が視覚情報として残ります。
このことは、記憶の定着化を促します。

つまり、音声情報からその説明しているスライドテキストをイメージできるようになれば、参考書を試験会場に持っていったことになり、QC検定試験合格の可能性が大きくなります。

私もこのようなトレーニングを積んで、昨年中小企業診断士の1次試験に合格しました。

記憶の定着化を図るために、動画講座を是非活用してください。動画講座の対象は、2級、3級を受験する方です。





山田ジョージ at 09:10|Permalink

2011年07月21日

QC検定(品質管理検定)3級を一発で合格するためには!?

今度の9月のQC検定試験3級に受験される方で、テキストは1ページから勉強していませんか?
そうでないならば、このサイトを閉じて、勉強を続けてください。
 
この3級試験は、合格率が約68%ですので、平均点以下でも合格できます。

従って、細部まで勉強しないことがコツです。ある程度理解していれば合格できる試験です。
テキストの最初のページから勉強される方は、途中で解らない個所があると、理解することにこだわり、挫折する可能性が高い人だと思われます。

私が、職業訓練校で3級セミナーを務めた時、「品質管理教本」をテキストとして使用しましたが、1ページからは説明をしませんでしたね。
データとのそのとり方から説明していきました。その過程は省略しますが、結果として、最終日に昨年9月の3級試験をやっていただきましたところ、60%の方が7割得点されていました。

ここでの注意点は
各分野で50%未満だと不合格になることです。

手法分野攻略のポイントは
途中の科目で解らない箇所があっても、最後の科目まで“一気通貫”でやることです。
最初から全てを理解しようとする勉強は、効率的に見えるけれど実は、非効率的なんです。浅く広く、その科目の全体像を把握することが大事です。

◆動画講座の活用◆
・ステップ1:ざっくりとその科目の全体像の把握。
・ステップ2:科目を通しで、五感の「目」と「耳」で学習する。

QC検定3級eラーニングの活用
・ステップ3:テキストを読んでみる
・ステップ4:理解度テストをやってみる

直前セミナーによる弱点の補強

また、3級試験は対語についての問題が良く出題されます。
具体的には、「プロダクトアウトVSマーケットイン」「ねらいの品質VSできばえの品質」などです。
テキストで勉強されている方はこの辺を意識して勉強されるとよいでしょう。
 
いずれにしましても、始めた勉強は、試験日までやることが、合格への王道です。





山田ジョージ at 08:37|Permalink

2011年07月19日

暑い時のQC検定(品質管理検定)試験で効果のある勉強法は?

9月のQC検定試験に受験される方で、毎日暑い中での勉強は、はかどっていますか?
暑いと集中力も途切れがちになり、テキストを読んでも、今一、頭に入ってきませんようね!

こんな時は、「目」中心の勉強から、「耳」までも活用した、学習が効果的です。

昨年合格した、中小企業診断士の1次試験で、効果があった、自分の勉強方法を紹介いたします。

具体的には、各試験科目の「音声ファイル」を購入し、繰り返し、聴いたことによって、目だけでなく、耳も活用することで、一層効果が上がったことです。
説明音声を聞きながら、その内容をイメージできるようになれば、参考書を試験会場に持っていったことになり合格の可能性が大きくなります。

また、聴くという勉強での利点は
・スキマ時間を利用して、勉強できる。
・音声を聴くことで、その内容イメージできる。
・机上の勉強でのマンネリ化の防止ができる。

ナレーション付動画教材を作成いたしました。この教材によって、自宅にいても、セミナー会場で受講できるような環境となりました。

詳細&申し込み

http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2191859.html

この試験の2級、3級は、細部まで勉強しないことがコツです。しかし、各分野で50%未満だと不合格になることに注意が必要です。





山田ジョージ at 09:58|Permalink

2011年07月15日

QC検定(品質管理検定)試験に合格するために過去問を勉強することは?

合格するためには、これまでどのような試験問題が出題されてのかを知る必要があります。

市販されている参考書では、解答・解説は書かれていますが、その難易度、ウエート付けはされていません。

合格基準の70%以上で合格するためには、
・どの項目はミスしていもいいのか
・この項目は確実に点数をとる問題
など、何が重要で、試験対策として、難易度が明記していないために、勉強するサイドでは全てを理解しようとする気持ちが出てきますよね。

こういった完璧をめざした気持ちが強くなってくると、途中で解らない箇所があると、いままで続けてきた勉強を止める可能性が高くなります。

合格するためには、このような完璧をめざした気持ちを捨て去ることです。

先ずは、2級を受験される方は
9月の試験問題の手法分野に対して
・外してはいけない問題
・正解すべき問題
をまとめた2級解説書を一度読んでおいてください。
そうしないと、全部正解すべきと考えの下で、学習をするために、途中で解らなくなってくると挫折することが予想されるからです。
 
下記から申し込むことができます。(無料です)


QC検定委員会の委員長が昨年9月の2級問題で手法分野は良問がそろっているとコメントされています。
また、良い試験問題を作ることが難しいとの悩みも吐露されています。
 
よって
今度の試験は、昨年の9月の試験内容で出題される可能性が高いと判断しております。
「検定」「実験計画法」での正答率が約3割だったので、合格率が42%と初めて50%をきりました。
 
始めた勉強を止めないことが、合格への王道です。





山田ジョージ at 08:36|Permalink

2011年07月13日

QC検定(品質管理検定)試験の直前期になるとよくある質問・悩みです。

9月のQC検定試験まで後2ヶ月をきりました。この時期になってきますと、

「QC検定2級を受験しようと思うが今から勉強しても間に合うのか?」
「QCの経験がないが3級は合格できるのか?」
等の問い合わせがきます。

無料レポートを請求された方より
今回、QC検定3級に挑戦しますが、どのように勉強していいかわからずあと一ヶ月半となってしまいました。
どのような勉強方法が効果的なのか教えてください。
よろしくお願いします。

結論から言いますと、大丈夫です。十分間に合います。特に3級は全く問題ありません。
このQC検定試験は合格基準の点数をとれば全ての人が合格できる試験です。

今年の3月に職業訓練校で、3級の講師を務めてきた体験から得たことです。15時間もあれば、初めてQCを勉強する方でも70%以上をとることはできます。
職業訓練校では、半日×3日、そして最後の日には2hr、昨年9月の3級試験をやっていただいた結果、約6割の方が合格基準をクリアーしていました。

以前の記事に書きましたが、
QC検定2級は合格率50%ですので、平均点をとれば合格できます。
QC検定3級は合格率67%ですので、平均点以下でも合格できます。

よって、基本的な知識を身に付ければ、2級、3級には合格できます。

また、QC検定2級受験者によくある質問では
「極端に数学が苦手です。数学が苦手でもなんとか学習したいと思いますが、大丈夫でしょうか?。」

などの問い合わせがきます。

やる前から、負け戦の考えです。また、これだけの情報では、受験者の方の実力が判断できませんので、実際に直近の試験をやってみて、どれくらい解けたのかなどの情報がないとアドバイスはできないとお答えしております。

70点をとるコツをまとめた解説書を参考にしてください。
QC検定2級
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1621302.html
QC検定3級
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1638444.html




山田ジョージ at 06:40|Permalink

2011年07月12日

範囲が広くなったQC検定(品質管理検定)1級の対応

9月のQC検定1級試験では、「在庫管理」「経済性分析」などが出題されました。この科目は、1級の試験範囲に発表されていな項目です。

ゴルフでたとえるとOB線上にあるボールをどう扱うのか。悩ましい判定です。仲間内のゴルフでは、いつもセーフとしていました。

ただ、QCを広義的な解釈すると線上にあるとの判断もできなくもありませんが。。。。。

従来のQC+広義のQCまでも勉強しないと、合格が難しい傾向となってきました。

よって、9月の1級の合格率は過去最低の12%となりました。1級試験は成績上位者から、15%前後選ばれる選抜的要素が強い特徴があります。他の級試験では合格ボーダーラインがありますので、競争相手は自分自身ですが、これに加えて1級では他受験生がライバルとなります。

従って、合格水準である70点をクリアーしながら、他受験生より1点でも余計に点数を稼ぐ気持ちが大事であります。

対応策として
・狭義のQC(試験範囲)については、ある程度深く知識を習得する勉強が必要になってきます。

・広義のQC(OB線上)については、範囲を広げて勉強することは非効率的なので、的を絞った勉強をお勧めします。

過去の1級でもズバリ的中しました
1級予想問題集
がオススメです。

新たに、下記の3項目を追加しました。
・投資の経済性分析
・線形計画
・IE





山田ジョージ at 07:38|Permalink

2011年07月11日

9月のQC検定(品質管理検定)試験は?

このQC検定試験の合格基準は概ね70%以上となっており、ボーダーラインがはっきりとしていません。その実態は合格率を基準としている可能性が大きいと思われます。

その理由は、
新たな基準で運用されている2008年から各級の合格率が同じ様な水準で推移しているからです。
1級:約15%、2級:50%、3級:67%です。

受験された人より下記の情報もいただきました。
・2級受験者で自己採点で70%をとっていなくても合格している。
・70%以上とっていても1級では不合格となった受験者がいる。

今度の9月のQC検定試験は、平均点が上がるのではないでしょうか。

一般的は、勉強の時間に比例して、その理解度も高まり、試験に有利だと思います。よって3月のQC検定試験を目指して、勉強してきた受験生は、9月に初めて受験する人に比べ、勉強している時間も多くなるので、知識の定着度合いも高いと思います。
そのために、各級の平均点も高まると予想します。
2級eラーニングの受講者は70%以上の点数をとってくるものと確信しています。

2級試験では、平均点で合格していますので、この平均点が3月の受験生の横すべり受験で上昇しますので、初受験者は、70%以上をとらないと合格できない恐れがあります。

下記のような人にお勧めな「鉄板勉強法」です。

・初受験者で手法分野に不安がある方
・検定、実験計画法を苦手のしている方

2級QC検定eラーニング+2級QC検定動画





山田ジョージ at 08:13|Permalink

2011年06月28日

厳島神社でQC検定(品質管理検定)試験の合格祈願をしてきました。

先日、広島県宮島の厳島神社へ行ってきました。天候もよく、日頃の行いが良いことが表れていました。

そこでは、
現在QC検定eラーニングを受講されている方全員の合格祈願をしてまいりましたので、みなさん、最後まで勉強を継続してください。

また、これから本格的に勉強する方は、期間的には十分間に合いますので、あきらめないでください。

QC検定eラーニング+QC検定動画講座が強力な味方になります。
特徴
・品質(Quality):数多くの合格者を輩出し続けています。
・納期:質問の回答は24hr以内継続中です。
・利便性(Usability):環境を選ばす、勉強できます。
・コスト(Cost):業界最安値の受講料金体系(当方調べ)!(QC検定2級Sコース: 13,000円!)



IMGP0399




山田ジョージ at 05:00|Permalink

2011年02月24日

出題範囲と過去問題を確認しましょう!

規格協会から発表されている、品質管理検定レベル表を確認してください。もちろん自分が受験しようしている級のものです。これは全体を把握するためです。

2級のレベル表
「B10ライフ」「系列相関」「残差の標準偏差」など知らない語句もあったかと思いますが、2級は平均点で合格できますので、気にすることはありません。このような語句は仮に出題されても、他の受験生も知っていないく、正解できない可能性が大きいからです。「系列相関」はそんなに難しくなく、理解するのに時間もかかりませんので、一度ザックリと確認しておいてください。

3級レベル表
「新QC7つ道具」では【名称と使用目的】とありますので、どのような時に、どの手法を使うのか程度の理解しておけばOKだと思います。また、「管理図」で(xbar−R管理図のみ)と注釈がありますので、他の管理図は範囲外と考え、毎回出題されている、xbar−R管理図を重点的に勉強することが大事です。

1級レベル表
昨年の9月に在庫管理、経済性分析などが出題されました。在庫管理は手法分野との位置付けとありますが、経済性分析はどの分野なのでしょうか?
私は、手法分野だと思いますが、最後の問題で出題されていますので、実践分野との扱いなのでしょうか?
また、経済性分析はコストに絡む内容なので、どちらかといえば、IEの範疇ではないでしょうか?
ただ、私がQC関連の業務に携わってきた経験からは、「IE」はQCの対語との認識を持っていますので、「IE」が出題範囲に入っていることに違和感がありますが。。。。。。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

今回は「OR」から「線形計画法」出題されると予想しました。

出題範囲については過去にコメントもしておりますので、ご覧になってください。

過去問題は
ズバリ!、最新の昨年の9月の試験問題から勉強してください。

2009年の3月からレベル表が改訂されていますので、2009年の3月から2010年の9月の計4回分が過去問の対象となります。




山田ジョージ at 08:15|Permalink

2011年02月20日

3月12日は直前対策セミナー(2級、3級)をやります。

3月12日にQC検定直前セミナーを行ないます。

・対象
3月20日QC検定を受検する2級、3級で計算問題が苦手な人  

・目指すレベル
2級:合格の条件となっている手法分野で50%以上得点できる。
3級:昨年9月の計算問題【問3】【問4】が9割正解できる。

内容
QC検定直前対策セミナー


◆2010年3月の2級セミナー参加者の声です。みなさん合格されました。

・横浜から参加のF様(男性)より
土曜日は大変お世話になりました。
昨年受けた3級は本を読んだだけで合格できましたが、品質管理とは少しかけ離れた業務を担当しているため2級は参考書などを読んだだけでは理解出来ずに悩んでいた中今回のセミナーに参加した次第です。
参考書などでは得られない生の講義をお聞きすることができまた、知識の整理もできたのではるばる富山へ出向いた甲斐がありました。
良い報告が出来る様残り僅かな期間ですががんばります。
どうもありがとうございました。

・R様より
先日はありがとうございました。
セミナーを受けたことにより受講前は手のつけられなかった問題も解けるようになりました。本番まであと少し、ラストスパートしたいと思います。

・S様より
お世話になります。
本日のセミナーとってもわかりやすくて、今まで解らなかった所のイメージをつかめたような気がします。
先生は、とっても明るく面白い方で、楽しくセミナーを受けることができました。
あとは、2週間努力ですね。数学が苦手で、自分の頭の悪さにがっかりしています(笑)
先生の言われるように細部に入らないように・・・・
頑張って勉強しますね。
あと2週間、色々質問するかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、m(_ _)


今年も
教える側のスタンスとして、30数年製造メーカーで培ってきた知識(実務+理論)に基づき
・受講者目線
・合格を意識した、細部的なことより、全体を俯瞰した説明
を心がけ行います。

詳細&申し込み





山田ジョージ at 20:27|Permalink

2011年02月18日

明日は「目から鱗」とガッテンしていただけるセミナーです。

明日19日に2級受検対策セミナーをやります。

【背景】
・昨年の9月の2級試験の合格率は過去最低の42%であった。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・手法分野で50%に満たず「足きり」された受験者46%で前回より11ポイントも増加した。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・その原因は「検定」「実験計画法」の正答率が3割前後だった。

【今回のテーマ】
・検定、実験計画法で50%〜60%正解できることを目指します。

【内容】
検定
2級試験で必要な「検定統計量」を体系化しましたので、これを基にした細部的なことより、全体を俯瞰した説明にしたいと思っています。
また、
Z検定、t検定の検定統計量については「ガッテンしていただける内容になるものと思っています。

実験計画法
二元配置実験(繰り返しのある)の分散分析表の穴埋め問題が正解できるには「3つの式を覚えるだけでOKだということを説明したいと思っています。


いずれにしましても、社会人の勉強は合格に徹することであります。完璧を目指さないドライな気持ちが大事です。
主催者側は9月の手法分野は良問がそろっているとのコメントがありますので、9月のような検定、実験計画法の問題が出題されても5割、6割の点数を取れるようになることです。全部解らなくても合格できますので。

【理由】
下記は2010年の3月と9月を比較したものです。3月9月ともに、手法、実践の両分野の正答率が同じでありましたが、合格率は8ポイント低下したことがわかります。言い換えれば、同じような平均点でありましたが、手法分野で50%に満たなかったことがその差異だと推察できます。

(*10万人突破記念会資料P42より)
    合格率   手法分野正答率  実践分野正答率
3月   50%      5割強         7割
9月   42%      5割強         7割





山田ジョージ at 09:13|Permalink

2011年01月24日

「検定」「実験計画法」セミナー+白エビかき揚げ丼

3月に2級を受験する人で、計算問題が苦手で、「検定」、「実験計画法」に不安を残している貴方へ

“3時間で「検定」「実験計画法」合格レベルまで得点できるセミナー”

の案内です。

このセミナーに参加すれば、3時間で、合格レベルまでの実力が身につきます。

さらに、少し足を伸ばして
昨年度の「ふるさと祭り東京2010」の「ご当地どんぶり選手権で」大賞をとった「白エビかき揚げ丼」を食べて、合格へのパワーも味わってください。
http://www.tiiki.jp/news/org_news/04kanto/2010_01_16furusato.html


http://www.shinminato.co.jp/restaurant/index.html

遠方で参加できない方には
2級eラーニング
・24時間以内に質問に対して回答しています。これは他にはマネのできないサービス体制です。
・回答内容については受講者満足度も高めています。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2015325.html
・業界初、iPhoneにも対応していますので、どこでも勉強可能です。


【参考】
昨年の3月6日に行ないました2級の「QC検定直前セミナー」の参加者からの感想を紹介いたします。

横浜から参加のF様(男性)より
土曜日は大変お世話になりました。
昨年受けた3級は本を読んだだけで合格できましたが、品質管理とは少しかけ離れた業務を担当しているため2級は参考書などを読んだだけでは理解出来ずに悩んでいた中今回のセミナーに参加した次第です。
参考書などでは得られない生の講義をお聞きすることができまた、知識の整理もできたのではるばる富山へ出向いた甲斐がありました。
良い報告が出来る様残り僅かな期間ですががんばります。
どうもありがとうございました。

R様より
先日はありがとうございました。
セミナーを受けたことにより受講前は手のつけられなかった問題も解けるようになりました。本番まであと少し、ラストスパートしたいと思います。

S様より
お世話になります。
本日のセミナーとってもわかりやすくて、今まで解らなかった所のイメージをつかめたような気がします。
先生は、とっても明るく面白い方で、楽しくセミナーを受けることができました。
あとは、2週間努力ですね。数学が苦手で、自分の頭の悪さにがっかりしています(笑)
先生の言われるように細部に入らないように・・・・
頑張って勉強しますね。
あと2週間、色々質問するかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、m(_ _)





山田ジョージ at 08:54|Permalink

2010年03月27日

今回の2級は難しかった?

今回の2級試験は、過去と比べると難易度が高いと感じました。よって、自己採点で70%を割った60点代の受験生も、合格の可能性があるかもしれません。主催者では概ね7割が合格水準と発表されていますので。

まず手法分野では
【問1】サンプリング
これまでの過去の問題と比較すると、今回は長めの文章であったため、読解力も問われてくる難しかった内容だと思います。
また、問1から取り組まれた受験生は、この問題で時間がとられてしまい、後の問題を解く時間が逼迫したと思われます。

【問2】確率分布
,良現猜从垢鬘繊檻臓瓧亜ィ娃毅横垢伐鯏された間違えた多くの受験生は、分散の加法性を再度しっかりと復習してください。
△良現狎亀分布表の見方については、慣れていない問題だったかと思いますが、「検定」の基本知識でもありますので、理解するようにしてください。

・正規分布表の見方がわからない方へ
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  2級eラーニング  (質問の回答はスピーディに対応しています)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
・基本統計量兇農亀分布表の見方を解説しています。

【問3】検定
の検定の問題はt検定統計量の求め方を知らないと正解できない問題でありました。Z検定統計量(正規分布)と併せ理解しておいてください。

・「検定」には定型パターンを一つ覚えるだけでOK
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 2級eラーニング  

【問5】実験計画法
前回の実験計画法の問題をしっかりとやっていれば全問正解できる問題でありました。これが全問正解できないの人は、試験対策のやり方に問題があるので、勉強方法を再度検討する必要があります。

実験計画法を勉強したことがなく数学な苦手な方へ
・「分散分析表」作成には簡単な手順があります。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  2級eラーニング  (今だと9月の試験日までアクセスできます)
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
・実験計画法で点数が稼げるようなります。

【問7】信頼性
信頼性に関する問題で、,離丱好織峩弊の名称は正解してほしい内容でありました、△量簑蠅倭択肢の語句を知らないと正解できない内容でありました。

【問8】管理図
管理図の種類は頻出項目なので、全問正解してほしい問題内容でありました。


また、特に実践分野は1級より難しいと感じました。
なぜなら1級試験問題では、選択肢の中から何の迷いもなく選ぶことができる文章問題内容でありました、2級の文章問題は、該当しそうな項目が複数あり、選択肢からストレートに選ぶことができない内容だったと思います。
1、2級併願受験さらた方もそうのように思われたのではないでしょうか?




山田ジョージ at 17:35|Permalink

2010年03月26日

1級の効果的な受検対策とは

1級にチャレンジする皆さんに、効果的な受検対策をお伝えします。

‖侶賄に統計の基礎知識を学習する。
2級eラーニング
過去問を丁寧に復習する。
2009年3月1級解説集

今回の1級においては、手法分野に関して
「体系的な基本知識+過去問題」
を正確に理解していれば70%以上の点数で合格できる内容の問題だったと思います。
尚、実践分野の問題をやってみましたが、迷うことなく選択肢からストレートに正解できる内容でした。最低でも80%以上は正答できる問題です。2級レベルの問題の質だと思いました。よって合格率は20%は超えると思います。

ヾ靄榁亮韻ら答えが導きだせる例として
今回【問3】の重回帰分析の問題に対して、重回帰の細かな知識がなくても、基本的な単回帰の知識があれば正答できます。
単回帰分析では回帰の自由度は1となります。このことを知っていれば、変数が増えてもその自由度を答えることができます。寄与率=SR/STと単回帰分析で正しく理解していれば、なんなく正解できます。

過去問過去問を丁寧に復習する。
【問2】検定の問題で、サンプルサイズを求める内容は、昨年の3月の1級試験問題と同じ内容です。丁寧に復習された方は、ラッキーな問題でした。
2009年3月1級解説集


1級は試験範囲が広いため、独学で勉強し合格することは難しいと思います。さらに、これまでQC基礎コース、実験計画法コース等を受講されていない方は独学では特にハードルが高いと思います。
なぜなら、基本から体系的に学習されなていないからです。付け焼刃的な知識では、1級には太刀打ちできません。

このような基本から体系的に学習したい受験生に最適なツールとして、
2級eラーニングがあります。
今回1級出題の【問2】【問3】【問5】は2級eラーニングをきっちり学習された方には、8割点数が獲得できたと思います。

1級の合格は、細部を勉強するより、基本知識を徹底的に理解することが、王道だと思います。

ややもすると、1級だから細部の知識までも勉強しがちになり、そして途中で解らないことが出てくると、挫折し、勉強を止めることが一般的ではないでしょうか。
人気ブログランキング
にほんブログ村にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ



山田ジョージ at 09:35|Permalink

2010年03月23日

1級予想問題集が的中しました。

QC検定1級の試験問題をみていましたら、「1級予想問題集」より2問が本試験で出題されました。無料にて配布しております。
予想問題集 

まだ、詳細には見ていないのですが、難易度的には、重回帰、実験計画法、直交表は基本知識をきっちりと理解していれば、8割は得点できる内容と思いました。よって、今回の1級の合格率は久しぶりに20%を超えるかもしれませんね。

予想問題が的中した設問は下記の通りです。

【問5】実験計画法で乱塊法による分散分析表の問題
これについては、予想問題集の
「3元配置法実験(ブロック水準3乱塊法)の分散分析表の作り方」が的中しました。この「1級予想問題集」を読まれた方は、ガッツポーズが自然と出たと思います。

【問7】信頼性システムの信頼度の求め方
「n/m冗長構成をとっているシステム信頼度Rの求め方」 で
直列モデル+並列モデルの組み合わせ時の信頼度の求め方を記載してありますので、設問,呂覆鵑覆正解できたと思います。

【問3】重回帰分析
予想問題集では重回帰式の求め方を記述しておりましたが、本試験では分散分析表の作成についての問題でした。しかし、2級eラーニングテキストでは「単回帰分散分析表の作り方」を記載してあります。2級eラーニングを終了された方で基本を正しく理解されている方には、重回帰の分散分析表も難なく作成できたと思います。もちろん寄与率の求め方もテキストできっちりと記述してあります。

そして
【問2】検定の問題で、サンプルサイズを求める内容は、昨年の3月の1級試験問題と同じ内容です。当方の解説集を購入され、丁寧に復習された方は、ラッキーな問題でした。昨年の3月実施の1級過去問を解説している教材はここにしかありません。図を用いてわかりやすい内容です。
2009年3月1級解説書

過去の記事「1級は直近の過去問題の完全理解から」でも「1級解説書」を紹介しておりますので、参考にしてください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1609292.html

最後に今回1級試験で撃沈された方は、熱いうちに、「予想問題集」「1級解説書」を取り寄せて、くやしいエネルギーを復習にぶつけてください。



山田ジョージ at 16:32|Permalink

2009年11月07日

共分散(QC検定1級問題)

9月に実施された1級問題の【問1】では期待値、分散、共分散を求める問題が出題されました。
期待値、分散を求める問題は下記の期待値、分散の性質を理解していれば容易に正解できる内容でありました。
期待値については
E(ax+by)=aE(x)+bE(y) となります。
分散については(xとyが独立した変数)
V(ax+by)=aの2乗V(x)+bの2乗V(y) となります。

共分散、相関係数を求める問題は共分散を解らないと、相関係数が算出できない内容でした。
ここで共分散とは
2 組の対応するデータ間での、平均からの偏差の積の平均値となります。詳しくはここです。共分散
共分散 Cov(x,y)を式に表すと
Cov(x,y)=1/n((x-xbar)(y-ybar))となります。
これを展開すると(省略)←この過程を理解することがポイント
Cov(x,y)=1/n(xy)-xbar*ybar
期待値で表現すると
Cov(x,y)=E(xy)-E(x)E(y)
分散は
σ=1/n(x-xbar)2乗
これを展開すると(省略)←この過程を理解することがポイント
▽=E(xの2乗)-(E(x))の2乗
期待値の性質でxとyが独立した変数ならば
E(xy)=E(x)E(y)   となります。

ここで1級試験出題された
x=2x1+x2, y=4x1-2x3を代入すると
E(xy)=E[(2x1+x2)(4x1-2x3)]
E(xy)=8E(x1の2乗)-4E(x1x3)+8E(x1x2)-2E(x2x3)
と展開できます。
ここに上記に記述しました ↓◆↓の性質をあてはめますと
E(xy)=8σの2乗+6μの2乗  となります。
また
E(x)E(y)=6μの2乗  となります。
よって共分散
Cov(x,y)=E(xy)-E(x)E(y)=8σの2乗  となります。
相関係数rは
r=共分散/√(xの分散*yの分散)  となることより
xの分散=5σの2乗
yの分散=20σの2乗     となります。
よって
相関係数r=8σの2乗 /10σの2乗=0.80

今回は共分散を求める問題で戸惑った受験生もかなりおられたのではないでしょうか?
上記での ↓⊆阿鯑海考え方を理解されていないと難度が高い問題だったかと思います。
ただ単に式を覚えていても、試験では応用することは難しいと思われます。一つひとつの公式を組み合わせて正解に導くことが重要であります。
ゞκ散=平均からの偏差の積の平均値
∧散=データ平方の平均−データ平均値の平方
について理解できない方にはわかりやすく解説した資料を作成しましたのでこちらからお申し込みください。
2009年9月QC検定1級解説書

またあわせて2009年3月実施の1級QC検定解説書の申し込みもこちらからです。現時点ではここにしかありませんので、QC検定1級を受験する方にお勧めいたします。
2009年3月QC検定1級解説書続きを読む



山田ジョージ at 10:16|Permalink

2009年08月19日

試験1週間前の対策

いよいよ試験まで2週間前となりました。受験するみなさんはもう目の前まで迫ってきている感覚でしょう。しかし、だからといって何も出来ないわけではありません。最後の1点を取りに行く気構えが必要です。この執着力の高い気持ちこそが、いざというときに合否の結果を左右することになるのではないでしょうか。

この時期は、体調を整えつつ最後の最後まで学習を続けることが大切です。細部にこだわないよう、時間を効率的に使うように気をつけた方が良いと思われます。
受験するみなさんのほとんどの人は、日々仕事をこなしながら、家でしか学習できない、忙しい方ばかりだと思われます。
茂木流勉強の極意に「細切れの時間を有効に使う」ことが記述されておりますので紹介しておきます。
・思い立ったらすぐとりかかる。
・1分、2分でも集中してやる。
詳しくは「脳を活かす勉強法」:茂木健一郎

また、時間もなく、計算問題の苦手な方に、下記項項目についての統計量問題のワンポイントアドバイス集を作成しました。
・メジアンの求め方→1、2、3級対象
・平方和、分散、標準偏差)→1、2、3級対象
・変動係数)→1、2、3級対象
・分散の加法性(変数間が独立、独立でない場合)→1、2級対象
・期待値と分散の公式→1、2級対象
・工程能力指数(偏りを考慮した)→1、2、3級対象
・データの標準化変換について→1、2級対象
続きを読む



山田ジョージ at 09:43|Permalink

2009年08月10日

QC検定1級用「記述問題解答事例」

9月6日のQC検定試験まで1ヶ月を切りました。
勉強している中で一部解らないところがあっても最後まで続けることが大事です。これからの学習が結果を左右します。
このQC検定試験は定員枠が決まっていなく全体で70%とれば
合格できると主催者サイドから発表されておりますので試験直前まで、可能なかぎり「あがき」ましょう。
合格したいと言った強い執念が、合否の結果の「違い」を生み出すことは間違いないと思います。

また、この時期は問題演習を中心とした、アウトプットの学習を心がけることが重要です。何回繰り返し行なうったのかが合否のポイントとなってきます。
本試験では1つの問題にこだわりすぎたために、解ける問題に取り組む前にタイムオーバーといったことにもなりかねませんので
特に1級を受験する人はどう対応していくのか自分なりの戦略を
事前にはっきりさせておいた方が良いと思われます。

さらに1級には記述式問題が出題されますので、過去の問題をテーマとして「手書き」で練習された方が効果的であると判断します。今はほとんど、自分の手で書く機会が少なくなってきておりますので、なかなか直ぐには簡単な漢字もでてこないと思われます。

続きを読む



山田ジョージ at 08:55|Permalink

2009年07月01日

9月のQC検定試験まで2ヶ月もあります。

●参考書→練習問題(マトリックス式勉強法)
標記書籍には参考書をやるよりも、練習問題をやった方が効果的であると書かれてありました。
設問形式の方が記憶に残るらしいとのコメントです。
9月に受検するみんさんで、計算問題を苦手としてる方は、練習問題を飽きるほど=練習問題を見たとたんに答えがイメージできるまで勉強してみませんか?

また、完璧を目指した勉強方法をとらないということです。合格することが目標です。70%以上とれば合格できると主催者側からオープンにされています。

_甬醋笋魏鬚。
   ↓
解らない所や自信のない部分を把握する。
   ↓
4慙部分まで勉強する。
   ↓
そ侏茲覆った過去問題を繰り返し飽きるまでやってみる。

3月のQC検定1級の解説集はここだけです。
QC検定1級解説集

話は変わりますががすが、
某出版社からQC検定の参考書を出版したいのだが、意見ならびに執筆までもの相談がきております。
現在は、企画以前のいわゆる話の段階ですが、こうやってブログ続けているといいことがあるもんですね。
仮にこの企画が通り、執筆のチャンスに恵まれたならば、市販されている上から目線的な解説でなく、受験者目線に立った内容になるようしたいと考えております。
夢が向こうから歩み寄ってきており、千載一遇のチャンスととらえています。

●途中で挫折し継続できないタイプの方へ
2、3級を受検する方で自分だけでは継続できない方に対してはまだ、2ヶ月もありますので期間的には十分間に合います。丁寧にサポートいたします。
あきらめないで!まだ2ヶ月あります!!
QC検定eラーニング
3級には特典割引もあります。(ブログ読者とコメントください)




山田ジョージ at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月14日

受験者の7割が50%に達していない!

主催者側から3月のQC検定試験の総括で
・1級の手法分野で50%に達しない人約800人(受験者の7割)
と「標準化と品質管理」で発表されました。

9月に1級に受験する方は計算問題の対策は大丈夫ですか
過去問を先ず理解することがスタートです。
3月の計算問題は理解できましたか?
計算問題克服対策に!! 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
3月1級計算問題解説集

中小企業診断士の昨年度の経営情報管理システムから出題された統計量の問題を紹介します。
このような問題がQC検定1級に出題されるかもしれませんね。

◆当社の1ヶ月間の日次売り上げデータを集めた。このデータの統計的分析方法を検討するために、まず正規確率プロット図を作成する。この場合、最も適切なものはどれか

。啝形になったので、売り上げデータは正規分布している。
∪亀確率プロット図は、正規分布をするデータでなければ作成できない。
データの順番に対応する標準化値を求める。
せ碍舛寮亀確率プロット図になったので、売り上げデータは正規分布している。
答え:

◆立地の異なる当社の2店舗で、それぞれ1ヶ月間の日々の売り上げデータを集めた。平均日次売り上げに差がないという帰無仮説を統計的に検定したい。それぞれの母集団の標準偏差は分からない。しかし、データを調べたら両標本の分散が異なっていた。分析方法として、最も適切なものはどれか?

.ΕД襯糎…
▲イ二乗検定
F鷂鞠枌嵎散分析
て麌庫椶砲茲詈振僂裡攜…
答え:




山田ジョージ at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月20日

試験に臨む注意点

試験まで後2日になりました。
ここにきてこのブログの訪問者数がかなり伸びてきております。
受検するみなさんに試験場での注意すべき項目をお伝えいたします。

解答は直接マークシート記入する。
(一度問題用紙に解答を書いて、そして再度解答用紙に記入しないことです。ムダなことは止める。記入ミスが考えられるので)

解る問題から解いていくことです。1問目に計算問題が出題されていて、これに多くの時間を費やしたので、残りの問題が時間が無くて失敗したケースも会社で受検した人(2級受験者)から聞きました。

マークシートに記入する時は、該当問題をきっちりとあわせるため、解答を該当箇所にマークできるよう定規を利用し、ケアレスミスを防ぐことです。

電卓はルートの計算ができるものか再度確認してください。

残りの2日間は新たなことをやらずに、これまでやってきたことの復習を行った方が良いと思います。
基本的な問題をとりこぼさないようすれば、合格基準である70%は獲得できるとおもいますので、最後まであきらめずに、頑張ってください。

また、最終確認用チェックリスト(2級、3級用)を申し込みされた方から感謝のコメントもいただいております。

【いただいた言葉】
●ご無沙汰しております。
試験対策ですが、先生から送って頂いた演習問題と、手持ちの問題集3冊を何度も繰り返して、何とかなりそうな感じになっております。
チェックシートは大変役に立っています。ありがとうございます。明日もチェックシートに沿って最後の見直しをします。
受験する以上1回で合格したいので朗報をお届けできるよう最後までがんばります。
(香川県S様)

●テストまであと3日となりました。明日、明後日が勝負だと思っています。ポイントを絞るのがどうも苦手なのでチェックシートは大変参考になりました。いい報告が出来るよがんばります。
(長野県K様)
このチェックリストご希望の方は
ここからです。
↓ ↓ ↓ ↓続きを読む



山田ジョージ at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月10日

難しくなった印象のQC検定1級

新たになった1級の品質管理検定レベル表では、
「1級の場合は、1級に加えて2級から4級の範囲を含んだものが1級の試験範囲である」と記述されています。

今年の3月に1級では「グラフによる相関の検定(大波・小波)」が出題されました。
相関は、従来の1級の試験範囲にはない項目と記憶しておりますが、今回の新たな基準で明確になりました。これですっきりしました。1級は全級の範囲が対象となることです。ますます試験範囲が広くなったということです。

また、品質管理の手法分野では、実験計画法:応答曲面法、品質工学:ロバストパラメーター等難解な語句が出てきております。
これまでより難度も増した印象を受けます。

試験範囲が広くなって、そのレベルも深くなったということですか?
来年実際に問題を見てみないと判断はできませんが。。

この対応策としては、一般的ですが、やはり過去の出題された問題を理解することが前提となってくると思われます。
9月の実験計画法の点推定値を求める問題は、過去にも出題されております。過去の問題をきっちりやられた方は点数を稼げたものと思います。

QC検定は6回目を終えたわけでありますので、試験データも蓄積されたので、是非過去の問題を解いて見てください。2回〜5回の出題された問題は必須と思います。
これが、70点以上で合格するための効率的な勉強方法だと思います。

続きを読む



山田ジョージ at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月11日

QC検定試験の最短ストレート発合格するには

日本規格協会のホームページではQC検定試験の合格基準は
下記のようになっています。

1級
 ・ 総合得点概ね70%以上
 ( 論述・手法分野・実践分野で各分野概ね50%以上得点)
2級 & 3級
 ・ 総合得点概ね70%以上
 ( 手法分野・実践分野で各分野概ね50%以上得点すること)
4級
 ・ 総合得点概ね70%以上

このQC検定試験は定員枠が決まっている試験ではなく、上記
基準に該当すれば合格できる試験であります。100点あるいは
高得点を目指した勉強するのではなく総合得点で70点を目指し、
完璧を目指さず、割り切った考え方で望むことが肝要です。
(3級以上の級では各分野で50%以上が条件)

具体的な攻略方法として、まず過去のQC検定問題をやってみる
ことをお勧めします。
理由は
・どの分野のどこを学習すればよいのかが把握できる。
・どこまで勉強すれば良いのかをつかむことができる。

ここで重要なことは、難度の高い計算問題やISO等で日常
使っていないような語句の意味等を問う問題に対しては、
出題された中で2,3問解ければ良いとの割り切った考えが
必要です。
その具体例として過去の2級の実験計画法の問題、ISOの問題、
下記のような問題が該当してくると思います。
実験計画法
第2回: 直交多項式の問題に関する○×問題
第4回: 有効反復係数を求める問題
 これは規格協会の1級の問題サンプルになっているものです。
ISO関係の出題された問題
第5回:ISO900の語句の説明(過去に1級問題として出題)
第6回:ISO900の用語の説明

過去の問題を勉強して、上記の様な難度の高い問題が解らな
くても完璧を目指した勉強をしない=それにあんまり時間を
使わないと言うことです。

このQC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者側
より発表されております。
そのためには、基礎的な計算問題の取りこぼしをしないという
ことが大事です。





山田ジョージ at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)