MTBF

2007年08月21日

信頼性工学について

今日は信頼性工学について 今年の3月に出題された問題からの復習から 仝両穃┐硲唯圍贈  故障率=1/MTBF で表される。  MTBFは平均故障間隔という。  MTBF(時間/件)=総稼動時間/総故障件数 (例)あるシステムは40ヶ月で8回故障した。MTBFはいくつか?    MTBF=40/8=5(ヶ月/件)  よって故障率はλ=1/5=0.2 ⊃頼度  直列系と冗長系(並列系、m/n系)がある。  データが信頼度(A1,A2,A3)として与えられていると  ・直列系:A1*A2*A3  ・並列系:1-(1-A1)*(1-A2)*(1-A3)  で求められる。   今年度の予想 /頼性ブロック図(直列系、並列系)とFT図の関係  直列ブロック図(0Rゲート)並列ブロック図(ANDゲート)がある。  データが故障(q1、q2)で与えられていると  ・直列(0Rゲート)故障確率は   q=1-(1-q1)*(1-q2) ・並列(ANDゲート)故障確率は   q=q1*q2 となる。 ⇒儻譴琉嫐  ・MTTR(時間/件)(平均修理時間)  =総修復時間/故障件数  ・修復率(件/時間) =1/MTTR ・アベイラビリティ(稼働率)  =MTBF/(MTBF+MTTR)  ・MTTF(故障までの平均時間)(非修理系の指標)  ・バスタブ曲線(初期故障、偶発故障、磨耗故障)  



山田ジョージ at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)