標準化

2010年04月01日

3級合格率はこれまでと同じ水準?

3月21日に実施された3級試験は、基本的な知識があれば全体として70点がとれる内容だったかと思います。今回は手法分野から抜粋してコメントします。

【問1】基本統計量
全問正解すべき問題である。ここを間違えているようでは、再度基本から勉強をし直すことを勧めます。

3級eラーニング で勉強すると

・平方和でミスのない計算手順が解ります。
・点数が稼げるようになります。

【問2】データの標準化
3級受験者にとっては、難しい問題であった。
過去に読者の方から、「標準化とは歯止めのことでないのか?」との質問を受けたことがあります。このような方はQCサークル活動を主体に勉強された人だと思います。QCストーリーの歯止めのフェーズでの標準化のことしか思い浮かばない人は、過去の記事を参考にしてください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1680726.html


【問3】
2007年3月実施の2級の【問9】と同じ内容の問題です。出題者も同じ人ではないかと思われますね。過去問を勉強するといって、2級の過去の問題までも勉強された方はいないと思いますが。
ただ、問題自体は基本的な問題なので、正答率も高いと思います。

【問5】ヒストグラム
昨年の3月の3級の【問6】でもヒストグラムの作り方の問題が出題されていましたので、過去問を丁寧に復習され方には、ラッキーな問題でした。
3級を受験する人は、度数表からヒストグラムを作ることを電卓を用いて経験された方が良いかと思います。

3級eラーニング
3級eラーニングの受講生を募集中です。
このコース特徴は
・手法分野の体系的な勉強ができるので2級も目指している方に最適です。
・不合格となった場合には、半額返金するシステムです。
・質問に対しては「わかりやすさ」「スピーデイ」を心がけています。




山田ジョージ at 09:11|Permalink

2008年10月23日

QC検定の基礎となる正規分布について

QC検定の基礎となる正規分布について

中心極限の定理とは
母集団が正規分布、一様分布、二項分布などどのような分布を
していても、標本が十分大きければ、次のようなことが成り立つと言われています。
「母平均m、母分散σの母集団から大きさnの標本をランダムに
抽出したとき、このnが十分大きければ、母集団の従う確率分布に
関係なく、標本平均は期待値m、分散σ/nの
正規分布N(m、σ/n)に従うとみなすことができる」
と言う事です。

正規分布とに従うとわかれば標準化ですね。
正規分布曲線は期待値μと分散σによって位置や形が変わるので、確率(=面積)を直接求めることは難しいので、
そこでμやσによらない方法で確率を求めるために次のように
XをZに置き換えてみると
X→Z=(X−μ)/√σ

このとき置き換えたZも確率変数となってきます。
確率変数Zは期待値=0、分散=1の正規分布に従うと言われています。
このような正規分布N(0、1)を標準正規分布と言われています。

また、μやσがどんな値であっても、上記の式に置き換えれば、
どんな正規分布でもからなず標準正規分布に置き換えられます。
このことを標準化=規準化といいます。

さらにN(0、1)は正規分布表としてまとめられてあるので、
容易に、確率を求めることができます。(正規分布表は省略)

QC検定2級以上を受験する人は、この標準化の置換することを
知っていることが大事です。

これまで、QCサークルを主体に経験を重ねてこられた方で
標準化と聞いてQCストリーの中での歯止め=標準化を思い出すようではもう少し統計の勉強をする必要がありますね。

そんな人のために無料レポートを作成しました。
計算問題、統計が苦手な人など参考になればと思います。
QC検定2級計算問題解説





山田ジョージ at 14:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月15日

新QC検定レベル表ー3級対応

QC検定3級受験者対象のe-ラ−ニングの開講

〜個別指導でQC検定3級の合格する力を修得しよう〜

●こんな人にぴったりのコースです。
・会社からの要請がプレッシャーとなっている人
・計算問題を苦手としている人
・市販されている書籍を読んでも理解できず挫折している人

●合格する方法、そしてそのハードルとは?
このQC検定試験は、合格定員が決まっている資格ではなく、
概ね70点とれば、合格できると言われております。
そのためには、毎回出題されている下記項目を重点的勉強することが、合格への近道と考えます。
来年3月から実施されます3級品質管理検定レベル表
に対応いたしております。
【3級項目】
ヾ靄榲計量(機
基本統計量(供
QC7つ道具(機
ぃ傳達靴墜散顱吻供
ゥ汽鵐廛螢鵐阿噺〆
ι現牴
Э沓傳達靴墜散顱吻機
┸沓傳達靴墜散顱吻供

詳細はここです。
QC検定3級受験対策コース

●他にはないユニークな講座
世の中の通信講座は、私の知る限り、「テキストとレポート提出」がほとんどです。
当コースはそのような一方通行の形態でなく、受講者目線にたった内容で実施します。
昨年講師が自社内でメールを利用して通信教育を実施した経験を生かします。
・メールを利用し、受講者の解らない点の回答致します。
・メールで要領の得ない、また解決できない問題に対しては
 SKYPEによる無料電話対応も考えています。

●教材満足度に応じた返金システムの運用
教材内容に満足いただけないならば、納め戴いた受講料金を
全額返金をいたします。
ただし、初回に送付しました教材で判断していただくことになります。

ここから申し込めます。
QC検定3級受検対策コース




山田ジョージ at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)