層別

2008年11月25日

QC検定2級対策

QC検定試験の対策の第1歩はこれまでのどのような問題が出題されたのか、その傾向を把握することが重要です。

QCストーリーの中での現状把握といわれているフェーズです。
これまでの出題傾向を2級計算問題解説集としてまとめましたので、ご希望のかたは申し込んで見てください。もちろん無料です。
2級計算問題ワンポイントレッスン書
【記載内容】
.瓮献▲鵑竜瓩疂(データ数の違いよる)
∧進和、分散、標準偏差、自由度について
J册扱舷
な散の加法性(2つの変数が独立している場合)
ナ散の加法性(2つの変数が独立していない場合)
Υ待値と分散の公式
Ч程能力指数
偏りの考慮した工程能力指数
データ変換による平均値、標準偏差の求め方
標準正規分布変換

次に過去の問題を一通り解答することをお勧めします。ここでは自分がどんな科目が苦手で、この科目なら大丈夫だということを区分・整理することです。これはQC7つ道具で「層別」といわれていますね。

次に重要なことは、この検定試験は概ね70点とれば合格すると主催者サイドから発表されていますので、難解な問題には100%理解しようとして時間をあまりかけていけないと思います。

2級の難度の高い問題は過去の記事でも記述しましたので参考にされてください。実験計画法、ISOの語句の定義等がその具体例ではないでしょうか。
仮に5問出題されたとして、基本的な内容で2〜3問解ければよいといった考え方をすることも大事です。全体で70%とれば合格するといわれていますので。

以上がQC検定をこれから勉強していく上での、準備とこころ構えになってくると思います。

また、2級では統計の分野から計算問題が出題されます。ここが大半の人にとっての合格の壁となってくると思われます。
過去に、品質管理基礎コースや統計学等を学んだかたは、市販されているテキストで勉強されてもいいと思いますが、そうでない方は、身近に解らないことを聞ける相談相手がいるかどうかも大切な要素になってくると思います。
若い人だとあまり気兼ねなく聞けると思いますが、年齢を重ねてきた年配者や肩書きを持ている、課長、スタッフ、リーダーになってくると、なかなか基礎的なことは聞けませんよね。
そのよう人達に何とか試験に合格してほしいとの思いから、7月8月に項目を絞って2科目で通信講座をやってみました。
その中で、初歩的な質問でも答えていくスタンスです。特定な私だけですから気軽にメールで問い合わせなどできたと思っております。

その9月の実績は2級では85.7%の方が合格されました。
(ただし、受験結果の回答をしていな46%は対象外としています)
また、3級では受講された全員100%の人が合格されました。

今回は新しくなった基準に対応した通信講座を用意してやっております。また完全返金システムをとっていますので、安心システムです。ただし、最初のテキストと練習問題でご判断することになりますが。

まずは、無料レポートから過去の傾向をご自身で把握して、自分なりの対策を立ててください。

2級計算問題ワンポイントレッスン書

【記載内容】
.瓮献▲鵑竜瓩疂(データ数の違いよる)
∧進和、分散、標準偏差、自由度について
J册扱舷
な散の加法性(2つの変数が独立している場合)
ナ散の加法性(2つの変数が独立していない場合)
Υ待値と分散の公式
Ч程能力指数
偏りの考慮した工程能力指数
データ変換による平均値、標準偏差の求め方
標準正規分布変換続きを読む



山田ジョージ at 09:19|Permalink