問題

2012年12月02日

3級試験で問われる計算問題のチェクリスト

初めてQC検定3級試験を受けられる方にとって最初の壁は計算問題では?と思います。
その計算問題の中でも「平方和」の計算でΣとか出てきますで、学生時代、数学が苦手だった人が戸惑われるのではないでしょうか?

しかし、3級試験で計算問題での知識は、下記の10項目理解していればOKですので、端から苦手意識を持たず敬遠しないことです。

・データで計量値と計数値の違いを理解しているか?
・母集団と統計量との関係を理解しているか?
・平均値の計算が出来るか?
・メディアンがデータ数(偶数個、奇数個)で求めることができるか?
・平方和の計算が出来るか?
・分散と不偏分散の計算が出来てその違いが理解している?
・標準偏差の計算が出来るか?
・工程能力指数を計算できるか?
・偏りの考慮した工程能力指数の計算ができるか?
・変動係数の計算ができるか?




山田ジョージ at 13:45|Permalink

2012年10月24日

QC検定3級合格者よりうれしいメールが届きました。(その2)

9月のQC検定試験で3級に合格されたTさんよりメールをいただきましたので紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3級Gコースでお世話になりました、Tと申します。
昨日、WEB発表がありました。なんと、合格していました。
本当にありがとうございます。
ご連絡が遅くなり、すみません。
 
自己採点では自信がなかったのですが、、、よかったです。
 
わからなかった計算のこととか、とってもわかりやすく、また、何度でも問題に挑戦ができ、
本当のわかりやすいテキストでした。(計算の意味とか、用語とか・・)
 
今度は、2級に挑戦を考えています。また、その時は宜しくお願い致します。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合格にこだわった通信教育eラーニングです。

◆このような貴方にピッタリの教材です◆
・計算問題が苦手で、一人悩んでいる貴方
・過去に、QC検定試験に不合格となってくやしい思いをした貴方

◆特徴◆
・解らない点については、24時間以内に回答をしています。
・いわゆるスキマ時間を利用し学習することができます。(2級Xコースはスマートphoneでもok)
・動画講座は経済的な価格で、他にマネのできない質として仕上げています。






山田ジョージ at 20:12|Permalink

2012年10月04日

QC検定試験(2,3級用)アローダイヤグラム問題

新QC7つ道具の一つであるアローダイヤグラムの問題を紹介します。

あるジョブは、7つの作業要素A〜Gをもっている。各要素の作業時間と作業要素間の先行関係は下記の通りである。このジョブの最短処理時間は?

作業要素   作業時間   先行作業
  A        6
  B        5
  C        4       A
  D        3       A
  E        5       B
  F        3       C
  G        2      D、E

正解:13

各要素作業と先行作業とひも付けて、アローダイヤグラムを作成することにより、正解できる内容。
各人アローダイヤグラムを作成してみてください。




山田ジョージ at 11:09|Permalink

2012年09月24日

9月の2級試験で3級と同じ問題が出題される。!?

9月実施の2級試験問題をざっくりとみていましたら、問9のヒストグラムの問題はどこかで見た問題だと思い
調べてみますと、2010年3月実施の3級の問題であったことが解りました。
出題された内容は、近似的な三角形ヒストグラムA、B、Cが提示され、このヒストグラムからの設問は下記の
通りでありほぼ一緒の内容だったと思います。
近似的な三角形ヒストグラムA、Cは全く同じ形でした。ただBのヒストグラムの三角形の形が少し違っていましたが、誤差の範囲内であり、同じ内容の問題が出題されたと判断します。
9月2級                        2010年3月3級
(振冀諭                      平均値
∧散                        標準偏差 
9程能力指数                  工程能力指数
いたよりを考慮した工程能力指数      かたよりを考慮した工程能力指数

さらに、
今年の3月実施の1級試験でも、一元配置実験の問題と全く同じ数字を扱っているの内容
日科技連から販売されている下記の書籍(参考書)にありました。

この2つの事実から見えてくるものは
・以前QC検定合格者10万人突破記念講演会で委員長が講演された内容
「良い問題を続けることの難しさ」にもあったとおり
試験問題作りに苦労されていることが窺えると思います。





山田ジョージ at 08:46|Permalink

2011年01月07日

QC検定3級の講師として

以前記事で紹介しましたが、職業能力開発の一環として、某職業訓練センターでの、QC検定3級の非常勤講師として訓練日程が決まりました。

生産管理の知識を取得し就職活動に生かすことをねらいに、12月から3月までの4ヶ月間の中で、自分の担当は3月8日~11日の4日間、14時間のスケジュールです。この「生産事務コース」は今回が初めての企画で、22名の方が受講されていることらしいです。

3級の合格率は68%で推移していますから、数字的には15人位が合格できる訳ですが、なんとか全員合格できるようにしたいものです。ただ、QC検定3級の資格は、就職活動の絶対的な条件とは考えにくいのですが、しかし、比較優位にたてるとは思いますので、合格してほしいと思っています。

テキストは「3級の品質管理教本」を使用することになりました。1890円とちと高いような気がしまたが。3月8日から勉強を始めて約2週間で合格するために濃い内容にしたいと思っています。ただ、講義中寝ている人はどうしようもありませんが。必ずこのような人はいるのですよね。

規格協会から、昨年9月実施の3級問題の使用許可も得ましたので、そろそろ準備にかかろうと思っています。

それと直前対策セミナーも企画しています。
少人数での対応ですので、質問・疑問点につてもバンバン即答しますよ。事前の質問にも対応しますし、試験1週間前のポイントも説明しますので、合格への不安がある方の参加お待ちしております。





山田ジョージ at 02:00|Permalink