品質管理検定合格

2008年10月28日

9月実施のQC検定データが発表される

先に実施されました2008年度2回目のQC検定受験者数が発表されました。

詳細はここからです。
http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/pdf/h20-2jyoukyou.pdf

受験者数は24,099人となっています。初めて20,000人を超えましたね。過去の受験者数の変化は次の通りです。
これまでの受験者数は  
2005年:3601人、2006年:9985人、2007年3月:9360人 
2007年9月:15136人、2008年3月:17777人
2008年9月:24099 人   です。
前回と比べると36%の増加です。

また、各級別の合格率は

 200520062007.032007.092008.032008.09  
 合格率ゴウカクリツ合格率ゴウカクリツ合格率ゴウカクリツ合格率ゴウカクリツ合格率ゴウカクリツ合格率ゴウカクリツ  
1級キュウ38.9%25.1%17.4%16.1%16.4%16.7%  
2級キュウ82.2%62.3%62.5%64.0%56.9%61.5%  
3級キュウ88.3%71.5%71.9%77.6%76.4%75.8%  
4級キュウ94.6%84.7%87.8%79.0%86.1%83.9% 

となっており、
2005年、2006年は試行期間とみて考えると
1級は17%、2級60%、3級75%、4級80%付近で推移して
いることが解ります。
主催者側も各回の試験難易度で合格率をある程度バラツキの
範囲内におさまるよう努力しているのかもしれませんね。

今回あらたな改正点として、各級に対象となる人材像が追加と
なりました。
これは、製造メーカーにおける社内教育体系に適用できるものと考えます。
また、以前記事としても書きましたが、昇格・昇進の要件にも
このQC検定取得状況が活用されてくると思われますので、
ますます参加者が増加してくるのではないでしょうか?



山田ジョージ at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)