合格率

2013年05月09日

2013年3月QC検定試験結果統計データ

2013年3月に実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。
各級の合格率は
          1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%
           ↓      ↓        ↓
2013年3月:12.25% 40.93%  68.85%
と推移しています。

全体で4900人の申込の中約4300人の方が受験されました。
1級が約1ポイント低くなっていますが、2級は、ほぼ横ばい、そして3級は3人が受験して2人が合格できる数値となっています。
準1級が新たに創設されるので、1級の合格率は今回のような数値で推移していくのではと思っています。

上記データより、来年の3月に2級、3級を受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

ある読者の方の相談内容です。
人事異動で、これまでとは全く業種が異なる製造部門で仕事をする事になりました。
入社以来、営業をはじめ、文系の仕事ばかりだったので、新たな部門で生き残っていけるか毎日不安で仕方ないため、知識を武器とする事としました。
QCの資格を取ることが一番手っ取り早いかと思いましたが、
テキストを手に取りがっかり・・・・
高校の時よりずっと文系だったので、本当に数学は分かりません。
計算の方程式など全く頭に入りそうにありませんが、
3級、2級・・・取得は可能でしょうか・・・

このような悩みを持っていいる方には、70%で合格する勉強を推進しています。
QC検定2級受験対策コ−ス
がオススメです。




山田ジョージ at 11:03|Permalink

2013年04月30日

3級を初めて受験しようとしている方へ

読者の方からの質問を紹介します。3級受験者で同じような悩みを持っておられる方に参考になればとの思いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自己啓発の為QC検定3級を勉強していますが、なんせ初心者の為、理解が出来ない所が多くあります。(シグマ、偏差、管理図などなど)
なにか良い勉強方法等が有れば、教えて頂くとありがたいです。
以上宜しくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009年3月から新基準で実施されたデータをみてみますと、下記のとおりです。
  2012,9月 2012,3月 2011,9月 2010,9月 2010,3月 2009,9月  2009,3月
3級: 63%   63%    67%   68%   67%   66%    66%
        
合格率63〜68%ということは、3人中2人が合格できる試験ですので、そんなに難しくない内容だと察しがつきます。イメージとして、標準正規分布N(0,1)に標準化すると下記のグラフになります。グラフから解るように、平均点以下でも合格できうるということです。少しは気持ちが楽になりませんか?
3級正規分布
















高い得点をとらなくても、合格できるのです。主催者は概ね70%と発表しておりますが、その実態は6割位で合格されています。(自己採点では)

完璧を目指した勉強をするために、わからない箇所が出てくると、イヤになって勉強を止めていませんでしたか?

高い得点をとらなくても、合格できるのです。徹底的にドライに取り組みましょう。社会人の勉強には完璧主義は不必要です。

細部にとらわれてしまうと全体が見えなくなって、やる気も失せがちになります。合格することにこだわりましょう。満点でも、ギリギリの点数でも、合格すれば、資格としては同じことなのですから。

ドライ勉強方法をお勧めしております。





山田ジョージ at 10:57|Permalink

2013年03月26日

3月のQC検定試験終わる。

24日にQC検定試験に受験されたみなさんお疲れさまでした。

思い通りに解けた問題もあれば、難化していたりして、すんなり解けなかった問題もあるはずです。(まだ、各級の問題は見ておりませんので推測ですが。)

どうしても試験の後は、「なんであんなのが分からなかったんだろう…」的なネガティブ思考が先行しがちですが、正解率が60%〜70%未満だった方は、過去合格している人もおられますので、落胆するこなく、合格発表まで待ちましょう。
さらに、2級試験で、主催者サイドのミスで第3問の5設問が没問となり、全ての受験者が正答扱いとなりましたので、恩恵を受ける受験者(合格率が高くなる?)も多くいるのではないかと思います。
しかし、受験された皆さんの中で、当惑され、ここで時間を費やしてしまった方もおられるのではないでしょうか?
いずれにしましても、このようなことが無いように、反省と次の再発防止対策をきっちりととってもらいたいと思います。

全く自己採点で振るわず、9月に再挑戦をされる方にはeラーニングをオススメいたします。
今申し込まれますと、今年の9月の試験日までサポートいたします。
・2級受験対策コース
・3級受験対策コース




山田ジョージ at 11:26|Permalink

2013年03月14日

「品質管理検定3級」のコースが11日で終了しました。

1月9日より職業訓練校で、「生産管理+品質管理検定3級」の講師を務めてきましたコースが11日で終了しました。

生産管理の知識を取得し就職活動に生かすことをねらいに、12月から3月までの4ヶ月間の中で、自分の担当は60時間のスケジュールでした。この「生産事務コース」は、当初22名の方が受講でしたが、就職が決まった人などを除いて最終的には18名の方がQC検定試験3級を受験されます。

過去問をやっていただきましたが、昨年の9月過去問で新QC7つ道具の問題の中で、マトリックスデータ解析法の正解が「該当なし」となっており、少し違和感を感じました。受験されたみなさんは戸惑われてものと推察します。
このQC検定試験は品質管理の知識を問う試験であるので、このようなクイズ番組で出題される、選択肢は如何かと思います。もちろん、試験問題の使用は、もちろん、日本規格協会の承認は正式に得ています。

試験日までの、2週間の勉強法として、過去問の「横串勉強法」を説明してきました。その際には、受験する方のほとんどの人が間違えられる「捨て問」は、勉強する必要がないことも加えて説明しました。

この3級試験は合格率約68%で合格できますので、基本的な知識だけで合格できますので
くれぐれも、細部の知識の習得に、時間を取られないことが大事です。

社会人の資格取得は、主体性がモチベーションだと思っていますので、是非合格してほしいと思っております。



山田ジョージ at 12:38|Permalink

2013年01月07日

品質管理検定3級の講師を務めます。

1月9日より職業訓練校で、職業能力開発の一環として実施されている「生産管理+品質管理検定3級」の講師を務めてきます。

生産管理の知識を取得し就職活動に生かすことをねらいに、12月から3月までの4ヶ月間の中で、自分の担当は60時間のスケジュールです。この「生産事務コース」は、22名の方が受講されていることらしいです。

昨年は3級受験を申し込まれた方は18名で、1人の方が介護関係に就職が決まっておられましたので、受験しないとのことを講義中にもお話されていましたので、17名の方が受験されたと仮定すると、最低でも、合格率は約82%となります。
ただ、3月15日で「生産事務の訓練コース」は修了しましたので、全員が受験されたかどうか不明だとのことだそうです。

品質管理検定3級の資格は、就職活動の絶対的な条件とは考えにくいのですが、しかし、比較優位にはたてるとは思いますので、全員合格するような講義内容にしたいと思っております。



山田ジョージ at 07:57|Permalink

2012年11月05日

9月実施の試験の統計データ

9月に実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。
各級の合格率は
          1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%
となっています。

前回の2級の合格率は過去最低の38%と40%を割りましたが、今回は40%となっており、2級合格率はこれまで50%で推移してきましたが、40%近辺に収束しそうな気配です。
また、1級、3級に関しても上記の数値で今後も推移していくものと思います。

いずれにしましても、
来年の3月に受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

70%で合格する勉強を推進しています。今なら、来援の3月の試験日までサポートしています
QC検定2級受験対策コ−ス
がオススメです。




山田ジョージ at 17:21|Permalink

2012年05月14日

合格率の低下したQC検定2級対策は?

3月の2級試験の合格率は
新基準となった2009年からQC検定2級の合格率は約50%で推移してきましたが、
2010年の9月では42%、2011年の9月は41%と連続して40%代の数値とダウンしており
ついに、2012年の3月では、38%と40%を割ってしまいました

今回自己採点で63%の方が合格されていますので、主催者サイドは、2級の合格率をある程度
抑えていこうとの方針が、過去3回の合格率から読み取れと思います。
ただ、各設問の点数配分がオープンにされていないので、63%≠63点ではないことを、付け加えさせて
いただきます。

社会人の勉強は徹底的に合格にこだわるべきと考えています。高得点で合格しようが、70%で合格しようが、合格には変わりありません。
完璧を目指した勉強スタンスだと、挫折する可能性が高いので、社会人の勉強としてはオススメではありません。

手法分野の中で、特に「検定」、「実験計画法」を苦手としている方は
2級受験対策コース
をオススメします。

2級受験対策コースの特徴です。
・手法分野に特化した講座内容です
・納期(Delivery):質問に対する回答を24hr以内で対応しています。
・品質(Quality):数多くの合格者を輩出し続けています。
・コスト(Cost):業界最安値の受講料金体系(当方調べ)!(QC検定2級コース: 13,000円!)、

さらに、動画講座も用意しております。

動画サンプルです。
http://www.youtube.com/user/korosuke199907



山田ジョージ at 07:22|Permalink

2012年05月08日

2012年3月QC検定試験の合格率がダウン!!

3月の実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。

各級の合格率は
              1級     2級      3級
前回(2011年9月):16.73% 40.73%  67.47%
      ↓      ↓        ↓
今回(2012年3月):12.95% 38.48%  63.16% 

となっています。

特筆すべきは、2級の合格率が過去最低の数値と40%を割りました。
前回を除けば、これまで50%を維持してきましたので、12ポイントも
ダウンです。

今回の2級合格者で、自己採点で70%以下の63%の正答率でも合格された方がいましたが
それでも低い合格率となりました。

手法分野の中でも、単回帰分析、検定、実験計画法である程度点数を取らないと
合格はできなかったということでしょうか?

いずれにしましても、
来年の9月に受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

70%で合格する勉強を推進しています。今なら、9月の試験日までサポートしています
QC検定2級受験対策コース
がオススメです。



山田ジョージ at 07:44|Permalink

2012年04月26日

QC検定3級の合格率は82%!

4月24日に3月実施のQC検定試験の合格発表がありました。

今年も某職業訓練校でQC検定3級の講師を務めてきており、
そこでの訓練生で3級を受験された方14名が合格されたと訓練校から連絡がありました。

3級受験を申し込まれた方は18名で、1人の方が介護関係に就職が決まっておられましたので、受験しないとのことを講義中にもお話されていましたので、17名の方が受験されたと仮定すると、最低でも、合格率は約82%となます。

ただ、3月15日で「生産事務の訓練コース」は修了しましたので、全員が受験されたかどうか不明だとのことだそうです。

前回3級の解説でも記事にしましたが、
今回の試験では、管理図の管理限界線の出題の可能性が大きいとの旨を何回も説明してきましたので、
受験されたみなさんは、正解できたと思われます。

合格されたみなさん、おめでとうございます。
この勢いで就職も決まることをお祈りしております。



山田ジョージ at 06:30|Permalink