受験対策

2013年05月09日

2013年3月QC検定試験結果統計データ

2013年3月に実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。
各級の合格率は
          1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%
           ↓      ↓        ↓
2013年3月:12.25% 40.93%  68.85%
と推移しています。

全体で4900人の申込の中約4300人の方が受験されました。
1級が約1ポイント低くなっていますが、2級は、ほぼ横ばい、そして3級は3人が受験して2人が合格できる数値となっています。
準1級が新たに創設されるので、1級の合格率は今回のような数値で推移していくのではと思っています。

上記データより、来年の3月に2級、3級を受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

ある読者の方の相談内容です。
人事異動で、これまでとは全く業種が異なる製造部門で仕事をする事になりました。
入社以来、営業をはじめ、文系の仕事ばかりだったので、新たな部門で生き残っていけるか毎日不安で仕方ないため、知識を武器とする事としました。
QCの資格を取ることが一番手っ取り早いかと思いましたが、
テキストを手に取りがっかり・・・・
高校の時よりずっと文系だったので、本当に数学は分かりません。
計算の方程式など全く頭に入りそうにありませんが、
3級、2級・・・取得は可能でしょうか・・・

このような悩みを持っていいる方には、70%で合格する勉強を推進しています。
QC検定2級受験対策コ−ス
がオススメです。




山田ジョージ at 11:03|Permalink

2013年04月30日

3級を初めて受験しようとしている方へ

読者の方からの質問を紹介します。3級受験者で同じような悩みを持っておられる方に参考になればとの思いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自己啓発の為QC検定3級を勉強していますが、なんせ初心者の為、理解が出来ない所が多くあります。(シグマ、偏差、管理図などなど)
なにか良い勉強方法等が有れば、教えて頂くとありがたいです。
以上宜しくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009年3月から新基準で実施されたデータをみてみますと、下記のとおりです。
  2012,9月 2012,3月 2011,9月 2010,9月 2010,3月 2009,9月  2009,3月
3級: 63%   63%    67%   68%   67%   66%    66%
        
合格率63〜68%ということは、3人中2人が合格できる試験ですので、そんなに難しくない内容だと察しがつきます。イメージとして、標準正規分布N(0,1)に標準化すると下記のグラフになります。グラフから解るように、平均点以下でも合格できうるということです。少しは気持ちが楽になりませんか?
3級正規分布
















高い得点をとらなくても、合格できるのです。主催者は概ね70%と発表しておりますが、その実態は6割位で合格されています。(自己採点では)

完璧を目指した勉強をするために、わからない箇所が出てくると、イヤになって勉強を止めていませんでしたか?

高い得点をとらなくても、合格できるのです。徹底的にドライに取り組みましょう。社会人の勉強には完璧主義は不必要です。

細部にとらわれてしまうと全体が見えなくなって、やる気も失せがちになります。合格することにこだわりましょう。満点でも、ギリギリの点数でも、合格すれば、資格としては同じことなのですから。

ドライ勉強方法をお勧めしております。





山田ジョージ at 10:57|Permalink

2013年01月14日

一発で2級試験に合格するには!!

手法分野の中で、多くの受験生が苦手としている「検定」「相関・回帰」「実験計画法」で、完璧を目指さず、50〜60%正解することだと思います。

昨年の9月の2級試験では、
検定科目:問3、問4、で11問題数
相関・回帰:問5で5問題数
実験計画法:問6で4問題数
合わせて20問題数が出題されていますので、10~12問以上正解する必要があります。

社会人には、上記3科目で50%以上の得点を確保し、残りの手法分野である「検査」等で点数を稼ぎ、手法分野全体で60%、実践分野で80%、そしてトータル70%で合格することが戦略的な勉強方法だと思います。

2級試験を申し込んだ方の中で
・検定、実験計画法の理解に何度も挫折し、未だに身についていない(と感じている)人
・今まさに落ちこぼれつつある人

上記の項目に該当する人には、動画講座をお勧めします。
動画講座は、2級試験合格への「PP(パワーポイント)+音声ファイル」です。
下記(ダイジェストサンプル)です。



いくつかの特徴があります。
・繰り返し音声をインプットし、その内容をイメージできるようになれば、参考書を試験会場に持っていったことになり合格の可能性が大きくなります。
・今一集中力が高まらない時のスキマ時間を利用して、効率的に勉強ができます。




山田ジョージ at 05:24|Permalink

2012年11月05日

9月実施の試験の統計データ

9月に実施されたQC検定試験の統計データ発表がされました。
各級の合格率は
          1級     2級      3級
2011年9月:16.73% 40.73%  67.47%
           ↓      ↓        ↓
2012年3月:12.95% 38.48%  63.16% 
           ↓      ↓        ↓
2012年9月:13.40% 40.57%  63.38%
となっています。

前回の2級の合格率は過去最低の38%と40%を割りましたが、今回は40%となっており、2級合格率はこれまで50%で推移してきましたが、40%近辺に収束しそうな気配です。
また、1級、3級に関しても上記の数値で今後も推移していくものと思います。

いずれにしましても、
来年の3月に受験する方は、完璧を目指さず、70点で合格する気持ちを持つことが大事です。
100%を目指した勉強をしていると、途中で解らない個所などに遭遇すると、挫折する
可能性が大きからです。
みなさんにもそういった経験がありませんせんか?

70%で合格する勉強を推進しています。今なら、来援の3月の試験日までサポートしています
QC検定2級受験対策コ−ス
がオススメです。




山田ジョージ at 17:21|Permalink

2011年06月14日

無理なく合格するためには、敵(QC検定試験)を知ることからです。

9月のQC検定2級試験に申し込まれた方のほとんどのみなさんは、社会人ですので、日々仕事をしながら勉強時間を捻出しなければならない環境だと思います。
 
そのような中で、合格するためには、敵(試験)を知る必要があります。
 
過去の試験問題はやられましたか?
 
特に昨年の9月のQC検定試験問題はやられることを勧めます。
何故なら、QC検定委員会の委員長が昨年9月のQC検定2級問題で手法分野は良問がそろっているとコメントされています。
また、良い試験問題を作ることが難しいとの悩みも吐露されています。
QC検定試験委員の方は、なかなか大変だと思われます。
 
よって
今度のQC検定試験は、昨年の9月の試験内容で出題される可能性が高いと判断しております。
「検定」「実験計画法」での正答率が約3割だったので、合格率が42%と初めて50%をきりました。
 
9月のQC検定の試験問題の手法分野に対して
・外してはいけない問題
・正解すべき問題
をまとめたQC検定2級解説書を一度読んでおいてください。
そうしないと、全部正解すべきと考えの下で、学習をするために、途中で解らなくなってくると挫折することが予想されるからです。
市販されている書籍では、解説は書かれていますが、そのウエート付けはされていません。
合格するために、何が重要で、どれをQC検定試験対策として勉強しなくても良いのか書かれていません。
 
下記から申し込むことができます。(無料です)
 
始めた勉強を止めないことが、QC検定合格への王道です。





山田ジョージ at 10:01|Permalink

2009年11月19日

QC検定2級を攻略するには

ズバリ、QC検定2級の合否のカギを握っているのは、手法分野でいかに点数を取りこぼさないことであると思います。
昨年の9月の2級の「実践分野」結果は、80%〜90%の正答率でありましたので、手法分野で60%をとる戦略が必要です。
なぜなら、全体(手法+実践)で70%以上とれば合格できるのです。

実践分野の中でISOについては、一部難解な問題が出題されたことがありますが、気にすることはありません。上記の高い得点から判断すると概ね常識的な問題が出題されていることの証です。
よって学習は「実践分野」から「手法分野」に取り組みスタンス変えることがスタートです。試験に対して自信をもって望めるよう、計算問題を主体に解き方を覚えるくらいまで繰り返し継続していくことが大事であると思います。

計算問題で不安を抱えている人に最適なコースです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
新しくなったQC検定2級eラーニングコース

・web上で勉強可能になりました。
・細切れの時間を利用した効率的な勉強ができます。

このような悩みのお持ちの方にもピッタリのコースです。
・回りの人に恥ずかしくて聞けないようなことはありませんか?
・ずっと解らないままに終っている項目はないですか?
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
新しくなったQC検定2級eラーニングコース



山田ジョージ at 16:14|Permalink

2009年10月27日

計算問題の苦手な方に

合格された方からメールが続々と入ってきております。
今日紹介する内容は、
2級eラーニングコースの受講者で、過去2度苦杯を味わったN県のK様からのうれしい合格メールを紹介します。

こんばんは、ご無沙汰しております。
WEB合格発表を確認したところ、無事、受かっていました。
恥ずかしながら、何度も、見直してしまいました。
過去2回2級を受験して不合格でしたので、藁にも縋る思いでこのQC検定受験対策サイトにメールを入れました。

計算問題がどうしても理解できず、悩んでいまいたので大変助かりました。
本当に、感謝、感謝の一言に尽きます。
ありがとうございました。
みんな、頼りにしていると思いますので、今後も、健康に気を付けてがんばって下さい。

以上メール内容です。

これから2級に挑戦するみなさんで
◆計算問題が解らないからあきらめていませんか?
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◆そんな貴方に2級合格の夢を叶えてくれるコースです。


   2級eラーニングコース




山田ジョージ at 18:32|Permalink

2009年04月07日

70点で合格する勉強法

このQC検定試験は70点以上とれば合格できると主催者側より発表されております。そこでお勧めは70点で合格する勉強方法です。70点主義とは、完璧を目指さない考え方をすることです。

完璧主義で勉強を進めていきますと、理解できないため箇所が出てくると、嫌気がさして、途中で勉強をやめることにもなってきま。
またある一部分が理解できないため、そこで多くの時間がかかってしまうことがあります。

そのような時には、難しい部分は先にとばして、その分の時間を基本的な部分の勉強にあてた方が効率的です。
また、先にとばした部分も、全体を俯瞰することによって再度読み返すと理解できるようになっていることもあります。

70点主義の考え方をしていれば、学習でつまづきそうになったときに「7割出来ればいいんだ」と考えると、精神的にも余裕が生まれ、基本的な部分に時間を掛けることができます。

多くの人は、どこかの箇所でつまづいて時間がかかってしまった結果、最後まで学習していない場合が多いのです。その結果、学習していれば簡単に正解とできる問題をとりこばしてまう原因となります。

70点主義で、最後まで学習することができれば、それだけでかなり合格率は高まります。始めた勉強を最後までやりきることが重要です。
そのためには、これから、QC検定にチャレンジする方は、ページ数の少ない&簡単なテキスト(問題集)の1冊を最初から最後のページまでやりきることが大事です。
計算問題が苦手な貴方にピッタリのコースです。
QC検定2級対策コース





山田ジョージ at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月01日

QC検定受験対策をしましょう!

QC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者サイドから発表されています。
このQC検定受験対策サイトは70点以上合格するために、その勉強方法等を記載しております。いわゆる70点合格を目指したサイトです。

山田ジョージの強み&得意とするところ
・2007年にQC検定1級合格
・1部上場会社でのQC経験が豊富(33年)。
・社内でQC検定受験対策教育を実施。
・メールを利用して社内QC検定通信講座を実施。
その結果
受験者目線で教えることができる。
・受講者が理解しやすい教え方を体得。
などを経験を通じて培ってきました。

今年の7、8月に初めてのQC検定2、3級通信講座を2科目に絞って実施しました。
2級については「基本統計量機↓供廖◆崛蟯悄Σ鶺↓機↓供
3級は「基本統計量機↓供廖◆孱傳達靴墜散餃機↓供廚任后
もちろん基本統計量は、2級、3級と違った内容としております。
そのテキストは
70点以上合格を目指すことを基本的なスタンスとしていますので、ポイントを簡潔にまとめたオリジナルテキストを作成し、練習問題を併せて理解度の強化を図った内容であります。

【受講生からの声(抜粋)】  
今回、この講座を受講していなければ、勉強の方法すらわからないままだったと思います。
簡潔に要点がまとめられたレホ゜ートで、とてもわかりやすかったです。また、質問に対しても、ご丁寧に回答をいただき、大変助かりました。自信にもつながりました。ご指導いただき、本当にありがとうございました。
(女性:2級合格者S様より)

その結果として、9月のQC検定受験は
3級合格率は100%
2級合格率は85.7%の方が合格されました。
(ただし、受験結果の回答をしていな46%は対象外としています)


【合格者の声(抜粋)】
・F県の○○です。
本日、結果が判明し(WEB発表希望しなかったため。)合格が判りました。
ありがとうございました。
次回はこの勢いで1級にすぐさま挑戦するつもりです。
本当にありがとうございました。
(男性:2級合格のO様より)

・お世話になっております。
ご連絡が遅れて申し訳ありません。
今回、ご指導いただいたおかげで無事2級に合格することができました。(併願の3級も併せて)
私も会社では品質管理の業務に携わっているため実践分野のほうは自信があったのですが、手法分野(計算問題)には不安がありました。
本講座のテキストと練習問題で品質管理の手法分野をクリアすることができたと思います。
また、質問事項に対しても丁寧に回答していただいたと思います。
ほんとうにありがとうございました。
1級受験時には、またお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。
(男性:2級、3級合格のS様)

・ご無沙汰しております。
ご返事が遅くなりまして、大変申し訳ございません。
昨日、合格通知がきましたのでご連絡いたします。
色々、ご迷惑をおかけいたしました。
(女性:3級合格のH様)

このような経験をしまして、今回企画しておりますQC検定受験対策コースは、来年3月より実施されます新たな基準に対応する内容としております。
QC検定3級については
新たに追加となった「新QC7つ道具」を含めた5科目
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定3級コース

QC検定2級
「信頼性工学」「新QC7つ道具」を含めた9科目
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース

上記の講座は70点以上で合格を目指した内容でありますので、高得点での合格を推奨しておらず、従って完璧な勉強をすすめておりません。難度の高い問題については、深く入り込まず、基本的な問題をとりこぼさないような内容・進め方をしております。
ここでの難度の高い問題とは、過去、実験計画法、ISO等で2級レベルに合致していない問題のことを言います。今年3月には、主催者サイドからもその事実を認め、2級の合格水準を下げたとの発表もありました。

QC検定を受験する方は会社で働いている人がほとんどだと思います。その受験する動機は、会社から指示。クライアントから要求。自己啓発などさまざまであると思います。
会社での仕事で勉強する時間のあまりとれないない人達のために合格に少しでもお役にたって、そして合格の喜びを味わっていただく、そういったサービスを継続的にできうる立場にこの12月からなりました。
特に計算問題が苦手で2級になんとしても合格したい方を応援・支援するコースです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース

このような人にぴったりのコースです。
・会社からの要請がプレッシャーとなっている人
・計算問題を苦手としている人

・市販されている書籍を読んでも理解できず挫折している人
・身近にわからないことが聞ける人がいない方

また、安心返金システムをとっていますので、教材内容と練習問題を実際に確認し、期待に反していれば全額返金するシステムです。
(ただし、1回目のテキスト、練習問題でご判断いただくことになります)

70点以上合格を目指し、QC検定2級については特化したコースで、その勉強方法を提供しているのはここだけです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース




山田ジョージ at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)