勉強法

2010年12月09日

QC検定に合格する「ドライ勉強法」とは

3月に受験するみなさん、合格するには「コツ」があります。

このQC検定試験は、概ね70点で合格できると発表されています。このサイトでは、過去の記事でもコメントしておりますとおり、枝葉末節な細かい問題まで気配りせず、完璧を目指さない「ドライ勉強法」を推奨しております。

市販されている過去問の書籍では、解答が記載されています。しかし、受験者側からみると、問題レベルの判断が難しいため、全ての問題を理解しなければいけないと思いますよね。そういう気持ちが強いほど、完璧を目指した勉強方法に向かっている訳です。そして、完璧を求めるあまり、少し解らないところがでてくると、勉強を途中で止めてしまうことになります。
こうなると不合格へ一直線です。

社会人の勉強は合格することに徹することです。90点の高得点で合格しようが合格ボーダーライン上で合格しようが、何の意味も持ちません。
そのためには
・取りこぼしてはいけない問題なのか
あるいは、
難易度が高いので正答が難しい問題なのか
について知ることが過去問題で必要です。

9月の試験問題に対して、70%の点数を取るために「正解すべき問題」「ミスが許される問題」について、調べてみました。
・2級9月解説書(無料)
・3級9月解説書(無料)

2級、3級を受験するみんさん、読んでみて是非70点で合格する「コツ」をつかんで下さい。
「不安」から解放されるかもしれませんよ。





山田ジョージ at 08:26|Permalink