信頼性工学

2011年07月05日

QC検定(品質管理検定)1級「信頼性工学」の解答・解説です。

読者の方より、要望がありましたので、昨日の問題の解説をします。

ユニットa、b、cの信頼度α=0.8と仮定した場合、各システムの信頼度は次のように計算されます。

システム1:信頼度R1
       R1=0.8×0.8×0.8
         =0.512

システム2:信頼度R2
       R2=0.8×(1−(1−0.8)2乗)
         =0.768

システム3:信頼度R3
       R3=1−(1−0.8の2乗)(1−0.8)
         =0.928

従って信頼度はR3>R2>R1となります。

システム信頼度





山田ジョージ at 06:15|Permalink

2011年07月04日

QC検定(品質管理検定)1級「信頼性工学」の問題です。

QC検定1級試験「信頼性工学」科目の受検対策用の問題です。下記の問題は、昨年度中小企業診断士1次試験「運営管理」で出題された問題です。

下図に示すようなユニットa、b、cから成る3つのシステム1,2,3を考える。それぞれのシステムの信頼度R1、R2、R3の大小を表す関係式として最も適切なもの選べ。
ただし、ユニットa,b,cの信頼度は全てα(0<α<1)で等しいものとする。

システム信頼度

ア R1>R2>R3
イ R2>R3>R1
ウ R2>R1>R3
エ R3>R2>R1

正解はエとなります。

1級試験では、発表されている70%以上の点数をとっても、、不合格となるケースが発生しています。1級は成績上位者から約15%が選ばれるため選抜試験的要素が強い試験ですので、上記のような難易度が比較的高くない問題は、ミスは許されないと思います。

1級に合格する人は、みなさん正解すると思われますので、あえて解答解説を書きませんでした。




山田ジョージ at 07:38|Permalink

2008年11月21日

効率的な勉強方法とは

QC検定2級試験は、来年から新たなになったレベル表に基づき
「品質管理の実践」「品質管理の手法」の2分野から出題されます。

「品質管理の実践」といわれている分野は、市販の参考書で勉強
されてもOKだと思います。
しかし、「品質管理の手法」は計算問題が出題されます。そして、
次回からは従来1級問題であった「信頼性工学」が2級試験に
追加されました。

そこで質問です
・あなたは検定に出てくる”Χ”はなんと読みますか?
・あなたは、確率計算に必要なC、n!は知っていますか?
・このような基礎的・初歩的なことを聞ける人が近くにおられますか?
 
上記質問項目に不安のある方は、系統的に勉強していく必要があると
思います。このQC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者側
より発表されております。そのためには、基礎的な計算問題の
取りこぼしをしないということが大事です。
2級受験対策コースを用意しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
QC検定2級受験対策コース

●教材満足度に応じた返金システムの運用(安心システム)
教材内容に満足いただけないならば、納め戴いた受講料金を
全額返金をいたします。(安心システム)
ただし、
初回に送付しました教材(基本等計量気離謄スト&練習問題)で
ご判断していただくことになります。

●2級対策コース科目の内容
 擺靄榲計量機
・平均値の求め方
・メディアンの求め方
・平方和、自由度、分散、標準偏差の求め方
・変動係数の求め方

◆擺靄榲計量供
・工程能力の求め方
・規準化による正規表の見方
・分散の加法性(独立。独立でない)
・統計量tの求め方
【相関/回帰機

・相関係数の求め方
・データ変換した時の相関係数の求め方
・相関係数の考え方
・最小2乗法の求め方
・系列相関(大波の相関、小波の相関) 

ぁ攸蟯悄寝鶺↓供
・回帰とは
・寄与率、回帰係数とは
・回帰直線の求め方
・回帰による分散分析表の作り方

ァ攜…蝓推定】
・検定・推定とは・正規分布
・F検定
・t検定
・Χ2乗検定
・区間推定

Α撻汽鵐廛螢鵐阿噺〆此
・サンプリングの種類
・検査の種類とその方法
・OC曲線とは
・規準型抜き取り検査

А攫存碍弉菲 
・フィッシャーの三原則
・実験計画法の種類
・分散分析表の作り方

─擲領変数と確率分布】 
・確率とは
・確率の性質
・確率分布
・確率分布の種類
 (1)正規分布の計算例
 (2)二項分布の計算例
 (3)ポアソン分布の計算例
 (4)超幾何分布の計算例
・期待値と分散の基本性質

【管理図】
・管理図の種類
・xbar-R管理図の書き方
・x-RS管理図の書き方
・点の並び方のくせ

【信頼性工学】
・バスタブ曲線の見方
・信頼性の3大要素
 (1)耐久性(信頼度、MTTF、MTBF)
 (2)保全性(MTTR、アベイラビリティ)
 (3)設計信頼性
・信頼性の基本
 (1)FMEA
 (2)FTA
 (3)信頼性ブロック図とFT図との関係

【新QC7つ道具】
・親和図法
・連関図法
・系統図法
・マトリックス図法
・マトリックス・データ解析法
・アローダイヤグラム法
・PDPC法

品質管理2級受験対策サイト





山田ジョージ at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月06日

QC検定2級には通信教育は効果的か?

来年3月から実施されるQC検定2級試験は、従来1級の試験項目であった「信頼性工学」「新QC7つ道具」が新たな項目として追加となります。試験範囲が広くなったと言うことです。
この環境の変化に如何に効率的に勉強していくかが合格のポイントとなってくると思います。そこでその手段として大きく分けて「市販の参考書で勉強」「通信教育を利用して学ぶ」の2つがあると思います。

確かに、過去に統計を学んだ方、品質管理基礎コースを修了した方等で計算問題を苦にしない人は、市販されている参考書で勉強されてもOKだと思いますが、
しかし
計算問題を苦手としている人
・例えば:C(コンビネーション)、!(階乗)等の基本的な語句の意がわからない人
・解らないことを聞く人が身近にいない
に対しては通信教育が効果的だと思います。

なぜなら、
・解らない点はメールで質問することができる。
・試験の対応した練習問題を解くことにより実力が養成される。
要点をまとめたテキストによって効率的に学べる。
からです。

従って、上記の条件に該当する方は一人で市販の参考書で勉強さることより通信教育を利用されて受講された方が効率的・効果的と判断します。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   QC検定2級e-ラーニング
    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
QC検定2級の通信教育は実施しているところはここだけです。

【これまで受講者された方の声】
山田様
メールのお返事が遅くなり申し訳ございません。
合否結果ですが、無事、2級に合格することができました!
自己採点では、67%の正解率だったので、ダメかと思っていました。自分でも信じられません。
今回、この講座を受講していなければ、勉強の方法すらわからないままだったと思います。
簡潔に要点がまとめられたレホ゜ートで、とてもわかりやすかったです。
また、質問に対しても、ご丁寧に回答をいただき、大変助かりました。自信にもつながりました。
ご指導いただき、本当にありがとうございました。
(女性:2級合格者S様より)

山田様
F県の○○です。
本日、結果が判明し(WEB発表希望しなかったため。)合格が判りました。
ありがとうございました。
次回はこの勢いで1級にすぐさま挑戦するつもりです。
本当にありがとうございました。
(男性:2級合格のO様より)

山田様
お世話になっております。
ご連絡が遅れて申し訳ありません。
今回、ご指導いただいたおかげで無事2級に合格することができました。(併願の3級も併せて)
私も会社では品質管理の業務に携わっているため実践分野のほうは自信があったのですが、手法分野(計算問題)には不安がありました。
本講座のテキストと練習問題で品質管理の手法分野をクリアすることができたと思います。
また、質問事項に対しても丁寧に回答していただいたと思います。
ほんとうにありがとうございました。
1級受験時には、またお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。
(男性:2級、3級合格のS様)

山田様
ご無沙汰しております。
ご返事が遅くなりまして、大変申し訳ございません。
昨日、合格通知がきましたのでご連絡いたします。
色々、ご迷惑をおかけいたしました。
(女性:3級合格のH様)




山田ジョージ at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月27日

新基準となったQC検定2級に対応

QC検定2級試験は、来年から新たなになったレベル表に基づき「品質管理の実践」「品質管理の手法」の2分野から出題されます。そして採点は各分野で概ね50%とることが条件とあります。
「品質管理の実践」分野は、市販の参考書で勉強されてもOKだと思います。
しかし、「品質管理の手法」は計算問題が出題されます。そして、次回からは従来1級問題であった「信頼性工学」が2級試験に追加されました。

そこで質問です。
・あなたは統計について学んだこはありますか?
・あなたは品質管理基礎コースを受講されましたか?
・あなたは基礎的・初歩的なことを聞ける人が近くにおられますか?
・あなたは、確率計算に必要なC(コンビネーション)n!(階乗)は知っていますか?
 
上記質問項目に不安のある方は、系統的に勉強していく必要があると思います。
このQC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者側より発表されております。
そのためには、基礎的な計算問題の取りこぼしをしないということが大事です。
反面過去の2級出題問題において、難度の高い問題も出題されています。
その具体例として過去の2級の実験計画法の問題には、下記のような問題も出題されています。
第2回目: 直交多項式の問題に関する○×問題
第4回目: 有効反復係数を求める問題 これは規格協会の1級の問題サンプルになっているものです。
過去の問題を勉強して、上記の様な難度の高い問題に対しては
完璧を目指した勉強をしない=それにあんまり時間を使わないと言うことです。例えば5問実験計画法で出題されたと仮定するとその内の3問位解ければいいと言った考え方をする必要があります。

そのような観点から基礎的な問題を取りこぼさないことをを主眼に
通信教育のテキストをまとめております。
ここです。
QC検定2級対策コース

受講生の声
山田先生へ
ご紹介の本は事前で自分も買いました。そうですね。先生の通信教育は2級と3級両方受けたいということです。今後よろしくお願い致します。先生送ってもらったの資料枚数は少ないけど理解しやすいです。勉強しやすいです。データについての講座はしっかり勉強しました。ありがとうございます。次に資料は待っています。
(中国からの6年目の受講生Z様)





山田ジョージ at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月21日

信頼性工学について

今日は信頼性工学について 今年の3月に出題された問題からの復習から 仝両穃┐硲唯圍贈  故障率=1/MTBF で表される。  MTBFは平均故障間隔という。  MTBF(時間/件)=総稼動時間/総故障件数 (例)あるシステムは40ヶ月で8回故障した。MTBFはいくつか?    MTBF=40/8=5(ヶ月/件)  よって故障率はλ=1/5=0.2 ⊃頼度  直列系と冗長系(並列系、m/n系)がある。  データが信頼度(A1,A2,A3)として与えられていると  ・直列系:A1*A2*A3  ・並列系:1-(1-A1)*(1-A2)*(1-A3)  で求められる。   今年度の予想 /頼性ブロック図(直列系、並列系)とFT図の関係  直列ブロック図(0Rゲート)並列ブロック図(ANDゲート)がある。  データが故障(q1、q2)で与えられていると  ・直列(0Rゲート)故障確率は   q=1-(1-q1)*(1-q2) ・並列(ANDゲート)故障確率は   q=q1*q2 となる。 ⇒儻譴琉嫐  ・MTTR(時間/件)(平均修理時間)  =総修復時間/故障件数  ・修復率(件/時間) =1/MTTR ・アベイラビリティ(稼働率)  =MTBF/(MTBF+MTTR)  ・MTTF(故障までの平均時間)(非修理系の指標)  ・バスタブ曲線(初期故障、偶発故障、磨耗故障)  



山田ジョージ at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)