二項分布

2020年12月25日

2020年9月QC検定3級解説(その3)

問4は二項分布からの5問の出題
受験生でこの分野まで勉強してきた人は少ないと判断。
よって、難易度は高い。

。遏4回なので、事象は0から4までとなる。

二項分布のグラフ
B(n,P)はP(x)=nCx*Pのx乗*(1-P)の(n-x)乗  となる。
ここでB(10,0.2)のとき、xを0の場合は
P(x=0)=10C0*0.2のゼロ乗*0.8の10乗で算出できる。
試験場で電卓をたたくと
   =1*1*0.8の10乗=0.1073...
となるので、
x=0の時0.1以上のグラフを探せばよい。
でも、この1問に時間をかけるよりも、他の設問のチェックなどを
行った方が良い。

p管理図

ぃP(1-P)にn=25とP=0.2を代入し、その平方根を求めればOK

△離哀薀佞牢岼磴辰討盪妬ない設問であった。
でも、2問以上(、ぁ棒飢鬚靴燭て睛討世辰拭






山田ジョージ at 05:29|Permalink

2020年12月10日

2020年9月QC検定2級解説(その2)

問2 二項分布からの出題

‘鷙猜布は計数値データ

二項分布でp、nの値が変化したときのグラフ


a)nの値が変化したときのグラフ
二項分布
2項分布(確率関数-p0.4)-1

























b)pの値が変化したときのグラフ
2項分布(確率関数-n10)



















F鷙猜布は計数値の管理図はp管理図


IMG_20201210_0001



















不適合品0=a
不適合品2個以下=a+b+c

問2では6問出題されたが、以外の少なくとも4問正解すべき内容であった。



山田ジョージ at 11:16|Permalink