不偏分散

2011年04月25日

独学でQC検定3級を勉強した方で→2級を受験される方へ(その2)

前回に引き続いて、独学で3級を勉強してきた人へのアドバイスです。
*独学の定義は前の記事を確認ください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2127093.html

前回記事に書きました内容
具体的には、t検定統計量を求める算出式は、t=(xbarーμ)/√(V/n)ですが、この式で戸惑われます。この式では不偏分散と分散とはっきり分けて考えないと正しい答えが出てこないケースがあります。多くの方は分散=不偏分散と理解されているので、これまで勉強してきたことが生かされず、違和感をもたれます。

について、読者の方より、例題を上げて説明してほしいとの要望もありましたので下記に記述します。

◇例題◇
ある工程で、母平均が3.2%の正規分布に従うことがわかっている。
工程を改善してから5回の検査でサンプルの平均が2.8%、標準偏差0.3%であった。
改善の効果はあったとしてよいか?

◆独学で勉強してきた人の間違いやすい解答例◆
t0=(Xbar-μ)/√(V/n) なので、不偏分散V=σ^2=0.3^2とされます。
n=5 Xbar=2.8 μ=3.2 を代入して計算されます。

不偏分散V=σ^2=0.3^2 のここが間違いです。
何故なら
不偏分散=S(平方和)/(n−1) 分散=S/n となるからです。

3級試験対策を独学で勉強された方は、
不偏分散=分散と理解されているために、多くの方がここで壁に当たります。
これまで勉強してきたことが、否定されるからです。

正しい解答は
√ 内のV/n=S/(n−1)*n=S/n*(n−1)=分散/(n−1)
となり

t=ー2.67となります。

9月に3級試験を目指し、最終的に2級を合格している方は、最初から基本知識をしっかりと身に付けることが大事です。

2級eラーニングです。続きを読む



山田ジョージ at 07:07|Permalink

2011年04月22日

独学でQC検定3級に合格し→QC検定2級を受験される方へ(重要)

3級に合格し、2級を受験される方で、独学で勉強されてきた人の多くの方が「検定」の科目で戸惑われます。

具体的には、t検定統計量を求める算出式は、t=(xbarーμ)/√(V/n)ですが、この式で戸惑われます。この式では不偏分散と分散とはっきり分けて考えないと正しい答えが出てこないケースがあります。多くの方は分散=不偏分散と理解されているので、これまで勉強してきたことが生かされず、違和感をもたれます。

何故なら、3級試験では分散=不偏分散としか扱われていないからです。独学とはこのような対応のテキストで勉強された方を指します。具体的には「3級の品質管理テキスト」でまじめに勉強し、分散=不偏分散とインプットされた方です。
過去の記事でもコメントしておりますので参考にしてください。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2060200.html


実際、2級eラーニング受講者から質問が多いものがこの科目です。中にはどうしても理解されない方もおられます。3級試験勉強でまじめに取り組んでこられた方でが、ぶつかる一つの弊害だと思われます。


3級を受験しようとされる方で、最終的に2級まで挑戦される方は、是非考慮してください。

最近、読者の方から質問がありましたので、紹介いたします。

質問内容
9月にQC検定2級3級を受験しようと考えています。製造業に転職したため早期のキャリアづくりの為にチャレンジしようと考えております。残された期間の中で合格を勝ち取るために、どのようなパターンで受講すれば良いかアドバイス頂けますでしょうか?ちなみにバリバリの文系でした。宜しくお願い致します。

回答内容
2級の勉強からスタートすることを勧めております。その理由は上記に記述しましたとおり、3級合格だけを意識した勉強をしていると、2級の「検定」科目に対応できなくなり、3級で勉強してきたことが生かされないため、挫折する可能性が高くなるからです。
3級基礎だからクリアーしないと2級には合格できないといった認識は破棄してください。上記に記述したとおり3級試験のみの対応では、2級への弊害となる可能性もあることを知るべきです。
3級については、1ヶ月もあれば十分試験対策は可能です。これは3月に職業訓練学校で直接教えてきた体験から基づいたものです。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2075399.html







山田ジョージ at 08:00|Permalink