セミナー

2016年10月15日

過去最低の合格率になった22回2級試験に合格

9月(22回)のQC検定試験で2級に合格されたMさんよりメールをいただきましたので紹介します。
Mさんは、8月20日21日の「2級セミナー」に参加された方です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2級合格していました。よかったです。(やれやれです・・・(苦笑))
予想外に実践分野の正答率が低く、合否が微妙だっただけに
喜びはひとしおです。妻も大変喜んでくれました。
手法分野でイージーミスもありましたが正答率は8割近くあり、
これが功を奏しました。
これもひとえに先生のセミナーのおかげです。独学でこの結果は
ありえなかったでしょう。
(中略)
久々の猛勉強で寝不足になり、苦しいと感じた時もありましたが、
今となっては、とても良い体験が出来ました。
私自身48歳という年齢を鑑み、今後はこの貴重な経験を糧として
職場の後進者の指導に、責任と自覚をもってあたりたいと思います。
略儀ですが、書中をもちまして御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後の仕事でのご活躍をお祈りしております。





山田ジョージ at 10:57|Permalink

2016年01月31日

2日間で2級計算問題を克服する!!

一般的に試験の難易度は、「試験範囲」「知識レベル」で決まってきますので、試験の項目が追加された、3月実施の2級試験の難易度は高まる可能性が高いと判断しています。
ただ、合格率は25%前後で推移していくものと思われます。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2530847.html

読者の方から
昨年の9月に2級を受験したが、微分・積分はとうの昔に忘れてしまったから、確率分布等の算問題で撃沈し不合格となった。
との相談を受けました。
2級に合格するには、微分・積分の知識は全く必要ありませんので、誤った思い込みは捨て去ることです。

このような計算問題を全く苦手としている方を対象に「QC検定2級1週間前対策セミナー」を企画しました。
悶々と気ばかりあせり、勉強が思うように進まない貴方に最適なサミナーです。

さらに、人数が5人以上まとまれば、貴社での出前セミナーも受付けています。
お問い合わせ(日程、料金等)はこちらから

◆過去にセミナーに参加された方◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
横浜から参加のF様(男性)より
土曜日は大変お世話になりました。
昨年受けた3級は本を読んだだけで合格できましたが、品質管理とは少しかけ離れた業務を担当しているため2級は参考書などを読んだだけでは理解出来ずに悩んでいた中今回のセミナーに参加した次第です。
参考書などでは得られない生の講義をお聞きすることができまた、知識の整理もできたのではるばる富山へ出向いた甲斐がありました。
良い報告が出来る様残り僅かな期間ですががんばります。
どうもありがとうございました。

R様より
先日はありがとうございました。
セミナーを受けたことにより受講前は手のつけられなかった問題も解けるようになりました。本番まであと少し、ラストスパートしたいと思います。

S様より
お世話になります。
本日のセミナーとってもわかりやすくて、今まで解らなかった所のイメージをつかめたような気がします。
先生は、とっても明るく面白い方で、楽しくセミナーを受けることができました。
あとは、2週間努力ですね。数学が苦手で、自分の頭の悪さにがっかりしています(笑)
先生の言われるように細部に入らないように・・・・
頑張って勉強しますね。
あと2週間、色々質問するかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、m(_ _)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇参加してほしい人◇
    ・2011年3月20日にQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野(特に検定、実験計画法)を苦手としている方
    ・これまで2級試験で不合格となった人

◇セミナーでの到達目標◇
   ・2級手法分野で70%得点できるレベル
   ・追加項目の予想される問題対策
                                を目指します。
◇実施日◇
    3月12日、13日(計12時間)
        
◇申込から締切◇
    2月1日〜2月29日

◇詳細 ◇
    QC検定2級1週間前セミナー




山田ジョージ at 09:01|Permalink

2016年01月27日

合格にこだわる3級試験頻出項目(手法分野)の対策

QC検定3級直前対策セミナーの案内です。

◇セミナーのメリット◇
合格にこだわり過去に3級試験に出題された手法分野の頻出項目を重点に説明します。

◇参加してほしい人◇
    ・2016年3月20日にQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野を苦手としている方

◇セミナーでの到達目標◇
   ・手法分野で70%得点できるレベル を目指します。

◇セミナー実績◇
・2014年3月14日・15日の2日間、「QC検定3級試験対策講座」を大阪の某企業にて実施。10名中8名が合格。
・「QC検定3級試験対策講座」を2011年より継続実施、数多くの合格者を輩出中。

◇セミナー参加者の声◇
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/1693977.html

◇実施日時◇
   ・3月5日(土曜日) 10:30〜16:30(5時間)

◇申込締切◇
   ・2月29日まで
       
◇詳細 ◇
    QC検定3級直前対策セミナー

◇出前セミナー◇
また、人数が5人以上まとまれば、貴社での出前セミナーも受付けています。
日程、料金などの問い合わせはこちらから info@qckentei.jp




山田ジョージ at 08:13|Permalink

2014年03月18日

QC検定3級試験対策講座

先週の3月14日・15日の2日間、QC検定3級試験対策講座を大阪の某企業にて行ってきました。3月23日の試験には会社から11人が受験されるという中で、この対策講座には10名の男性社員が参加されました。
年齢は22歳〜47歳の範囲で、品質保証部門2名、他7名は現場系の部門からの参加でした。

前日の13日まで、県の職業訓練校で20名中19名の女性を相手に説明してきました関係上、今回は男性ばかりなので、引き受けた当初は、少し戸惑いもありましたが、受講者の若い人たちの熱気でそんな心配も吹っ飛びました。

講座内容は、手法分野を中心に、パレート図、ヒストグラム、管理図は演習問題も行いながら理解度を深めるために体得できるような形式で進めました。

さらに、自分も含めて11名分の身長(cm)の計量値データを身近な例として、その、
平均値、メディアン、範囲、平方和、分散、標準偏差を求める演習も行いました。
ちなみに
平均値=171,4cm メディアン=170cmでしたね。

また、3級試験で繰り返し出題されている、ヒストグラムについては、身長のヒストグラムを作成したので、耳慣れない語句である「きざみ(最小測定単位は1cm)」は理解できたことと思います。

3級の合格率はこれまで、約68%で推移してきましたが、直近の昨年の9月は51.15%となり前回と比べ17ポイントも低下しまた。
これまでは3人中2人が合格できましたが、昨年の9月は平均点以上でないと合格できないことになります。

最後に受講されたみなさん、後5日間もありますので、うら覚えの知識は、寝る前の記憶のゴールデンタイムを利用してください。
そすればきっと合格されるものと確信しております。

社会人のみなさんの中で、会社からの指示で3級を受験しなければならない貴方へ。
合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。限られた時間内で合格するようにこだわってください




山田ジョージ at 06:33|Permalink

2011年03月01日

2級手法分野「検定」の理解度に不安を抱えている貴方にピッタリのセミナーです。

3月12日のQC検定直前対策セミナーの〆切りは3月4日です。

2級手法分野「検定」の理解度に不安を抱えている貴方にピッタリのセミナーです。
このセミナーに参加し、残り1週間で合格を勝ち取りましょう!!

【昨年度セミナー参加者の得られた成果】

・横浜から参加のF様(男性)より
土曜日は大変お世話になりました。
昨年受けた3級は本を読んだだけで合格できましたが、品質管理とは少しかけ離れた業務を担当しているため2級は参考書などを読んだだけでは理解出来ずに悩んでいた中今回のセミナーに参加した次第です。
参考書などでは得られない生の講義をお聞きすることができまた、知識の整理もできたのではるばる富山へ出向いた甲斐がありました。
良い報告が出来る様残り僅かな期間ですががんばります。
どうもありがとうございました。

R様より
先日はありがとうございました。
セミナーを受けたことにより受講前は手のつけられなかった問題も解けるようになりました。本番まであと少し、ラストスパートしたいと思います。

・S様より
お世話になります。
本日のセミナーとってもわかりやすくて、今まで解らなかった所のイメージをつかめたような気がします。
先生は、とっても明るく面白い方で、楽しくセミナーを受けることができました。
あとは、2週間努力ですね。数学が苦手で、自分の頭の悪さにがっかりしています(笑)
先生の言われるように細部に入らないように・・・・
頑張って勉強しますね。
あと2週間、色々質問するかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、m(_ _)

【対象】・3月20日QC検定を受検する2級、3級で計算問題が苦手な人  

【目指すレベル】
・2級:合格の条件となっている手法分野で50%以上得点できる。
・3級:昨年9月の計算問題【問3】【問4】が9割正解できる。

【内容】
QC検定直前対策セミナー

今年も
教える側のスタンスとして、
・受講者目線
・合格を意識した、細部的なことより、全体を俯瞰した説明
を心がけ行います。


期間限定(無料)
ワンランク上のオリジナルレポートです。







山田ジョージ at 05:09|Permalink

2011年02月18日

明日は「目から鱗」とガッテンしていただけるセミナーです。

明日19日に2級受検対策セミナーをやります。

【背景】
・昨年の9月の2級試験の合格率は過去最低の42%であった。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・手法分野で50%に満たず「足きり」された受験者46%で前回より11ポイントも増加した。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・その原因は「検定」「実験計画法」の正答率が3割前後だった。

【今回のテーマ】
・検定、実験計画法で50%〜60%正解できることを目指します。

【内容】
検定
2級試験で必要な「検定統計量」を体系化しましたので、これを基にした細部的なことより、全体を俯瞰した説明にしたいと思っています。
また、
Z検定、t検定の検定統計量については「ガッテンしていただける内容になるものと思っています。

実験計画法
二元配置実験(繰り返しのある)の分散分析表の穴埋め問題が正解できるには「3つの式を覚えるだけでOKだということを説明したいと思っています。


いずれにしましても、社会人の勉強は合格に徹することであります。完璧を目指さないドライな気持ちが大事です。
主催者側は9月の手法分野は良問がそろっているとのコメントがありますので、9月のような検定、実験計画法の問題が出題されても5割、6割の点数を取れるようになることです。全部解らなくても合格できますので。

【理由】
下記は2010年の3月と9月を比較したものです。3月9月ともに、手法、実践の両分野の正答率が同じでありましたが、合格率は8ポイント低下したことがわかります。言い換えれば、同じような平均点でありましたが、手法分野で50%に満たなかったことがその差異だと推察できます。

(*10万人突破記念会資料P42より)
    合格率   手法分野正答率  実践分野正答率
3月   50%      5割強         7割
9月   42%      5割強         7割





山田ジョージ at 09:13|Permalink

2011年02月09日

2級「検定」「実験計画法」がガッテンできるセミナーです。

やはり難しい!昨年9月の2級試験問題の「検定」、「実験計画法」の2科目は?

現在2級勉強中の方からも下記の相談がありました。

お世話になっております。
先日、20103月と9月の過去問題をやってみました。
3
月は9割正解でしたが、9月は5割〜6割の正解率でした。
特に手法編の検定、実験計画法が全くダメでした。

(中略)
今までの勉強法では対応できないことを感じさせるような結果となってショックでした。
アドバイスなどありましたら幸いでございます。

2月11日〜13日まで3連休の方が多いと思われますので、このまとまった時間で、昨年の9月に2級試験問題を一度やってみてください。
上記のようなインパクトを受けた方は
リアルで少人数でセミナーをやりますので、是非、悩んでいないで参加してください。
3時間でスッキリした気持ちになる「痒い所に手が届く」ようなセミナーです。

◇セミナー特徴◇
 ・検定統計量の体系化から個々(Z検定、t検定など)へのアプローチと検定手順について説明します。
 ・変動和の算出式を知っていなくても分散分析表の作成方法を教えます。

◇セミナーでの到達目標◇
 ・検定科目で60%以上得点できるレベル
 ・実験計画法で60以上%得点できるレベル
                                以上を目指します。
  具体的には9月2級試験問題
 ・【問3】の10問中設問No10〜19の全問が正解できるレベル
 ・【問6】の9問中設問No29〜32,34の5問が正解できるレベル

◇詳細 ◇
    QC検定2級1ヶ月前セミナー


真摯に勉強している方のお役に立ちたく、
2級ワンポイントレッスン書
をご希望、申し込まれた方に

ダイジェスト版
「検定統計量の体系化から個々(Z検定、t検定など)へのアプローチと検定手順」
をPDFで送ります。





山田ジョージ at 11:52|Permalink

2011年02月06日

10日で締め切ります。3時間でQC検定2級の検定、実験計画法で合格点がとれるセミナー

2月10日で「3時間でQC検定2級の検定、実験計画法で合格点がとれるセミナー」を締め切ります。

◇セミナーの開催理由◇
2010年9月2級試験では、手法分野の【問3】「検定」、【問6】「実験計画法」の科目で、正答率が3割と低いレベルだったために、手法分野全体で50%に届かなかった受験生が46%足切りされています。前回に比べ11ポイントも悪くなっていることが、主催者サイドより発表されています。
このことを受けて、手法分野に苦手意識のある方を対象に、1ヶ月前セミナーを行ないます。この科目で50~60%の点数がとれるレベルを目指してます。

◇参加してほしい人◇
    ・2011年3月20日にQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野を苦手としている方

◇セミナーでの到達目標◇
   ・検定科目で60%得点できるレベル
   ・実験計画法で60%得点できるレベル
                                以上を目指します。
  具体的には9月2級試験問題
 ・【問3】の10問中設問No10~15の6問が正解できるレベル
 ・【問6】の9問中設問No29~32,34の5問が正解できるレベル

◇詳細 ◇
    QC検定2級1ヶ月前セミナー





山田ジョージ at 17:20|Permalink

2011年01月24日

「検定」「実験計画法」セミナー+白エビかき揚げ丼

3月に2級を受験する人で、計算問題が苦手で、「検定」、「実験計画法」に不安を残している貴方へ

“3時間で「検定」「実験計画法」合格レベルまで得点できるセミナー”

の案内です。

このセミナーに参加すれば、3時間で、合格レベルまでの実力が身につきます。

さらに、少し足を伸ばして
昨年度の「ふるさと祭り東京2010」の「ご当地どんぶり選手権で」大賞をとった「白エビかき揚げ丼」を食べて、合格へのパワーも味わってください。
http://www.tiiki.jp/news/org_news/04kanto/2010_01_16furusato.html


http://www.shinminato.co.jp/restaurant/index.html

遠方で参加できない方には
2級eラーニング
・24時間以内に質問に対して回答しています。これは他にはマネのできないサービス体制です。
・回答内容については受講者満足度も高めています。
http://qc-kentei.livedoor.biz/archives/2015325.html
・業界初、iPhoneにも対応していますので、どこでも勉強可能です。


【参考】
昨年の3月6日に行ないました2級の「QC検定直前セミナー」の参加者からの感想を紹介いたします。

横浜から参加のF様(男性)より
土曜日は大変お世話になりました。
昨年受けた3級は本を読んだだけで合格できましたが、品質管理とは少しかけ離れた業務を担当しているため2級は参考書などを読んだだけでは理解出来ずに悩んでいた中今回のセミナーに参加した次第です。
参考書などでは得られない生の講義をお聞きすることができまた、知識の整理もできたのではるばる富山へ出向いた甲斐がありました。
良い報告が出来る様残り僅かな期間ですががんばります。
どうもありがとうございました。

R様より
先日はありがとうございました。
セミナーを受けたことにより受講前は手のつけられなかった問題も解けるようになりました。本番まであと少し、ラストスパートしたいと思います。

S様より
お世話になります。
本日のセミナーとってもわかりやすくて、今まで解らなかった所のイメージをつかめたような気がします。
先生は、とっても明るく面白い方で、楽しくセミナーを受けることができました。
あとは、2週間努力ですね。数学が苦手で、自分の頭の悪さにがっかりしています(笑)
先生の言われるように細部に入らないように・・・・
頑張って勉強しますね。
あと2週間、色々質問するかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、m(_ _)





山田ジョージ at 08:54|Permalink

2011年01月07日

QC検定3級の講師として

以前記事で紹介しましたが、職業能力開発の一環として、某職業訓練センターでの、QC検定3級の非常勤講師として訓練日程が決まりました。

生産管理の知識を取得し就職活動に生かすことをねらいに、12月から3月までの4ヶ月間の中で、自分の担当は3月8日~11日の4日間、14時間のスケジュールです。この「生産事務コース」は今回が初めての企画で、22名の方が受講されていることらしいです。

3級の合格率は68%で推移していますから、数字的には15人位が合格できる訳ですが、なんとか全員合格できるようにしたいものです。ただ、QC検定3級の資格は、就職活動の絶対的な条件とは考えにくいのですが、しかし、比較優位にたてるとは思いますので、合格してほしいと思っています。

テキストは「3級の品質管理教本」を使用することになりました。1890円とちと高いような気がしまたが。3月8日から勉強を始めて約2週間で合格するために濃い内容にしたいと思っています。ただ、講義中寝ている人はどうしようもありませんが。必ずこのような人はいるのですよね。

規格協会から、昨年9月実施の3級問題の使用許可も得ましたので、そろそろ準備にかかろうと思っています。

それと直前対策セミナーも企画しています。
少人数での対応ですので、質問・疑問点につてもバンバン即答しますよ。事前の質問にも対応しますし、試験1週間前のポイントも説明しますので、合格への不安がある方の参加お待ちしております。





山田ジョージ at 02:00|Permalink

2011年01月05日

3時間でQC検定2級の検定、実験計画法で合格点がとれる

・9月の2級の手法分野の【問3】検定【問6】実験計画法で、3割しか正答できなかった人へ

・3月2級を受験する人で、検定、実験計画法が苦手な貴方へ

ここにくれば、3時間で、合格レベルまでの実力が身につきます。

このセミナーに参加できない人は、これまで多くの合格者を輩出している
2級eラーニング  でOKです。

質問に対する回答は24hr以内で対応しています。

昨年の9月の2級試験の合格率は42%と過去最低の数値となりました。これまで、合格率50%すなはち平均点をとれば合格できていましたが、前回は平均点では不合格となっています。

規格協会発表の総括では、手法分野の中で、「検定」「実験計画法」の計算問題の正答率が3割前後であったことが、合格率の低下につながったとコメントされています。

2級の受験者数が約7400人ですので、その8%の約600人の方が、影響を受けたことになります。

また、主催者サイドでは、
「手法分野の問題は良問がそろっている」
とのコメントもありますので、今後も9月の様な問題が出題される可能性が大きいと判断できます。

よって、2級受験する人は、9月の計算問題を最優先に取り組む必要があります。




山田ジョージ at 03:00|Permalink

2010年12月07日

QC検定2級1ヶ月前対策セミナー

QC検定2級1ヶ月前対策セミナーをやります。

2010年9月2級試験では、手法分野の【問3】「検定」、【問6】「実験計画法」の科目で、正答率が3割と低いレベルだったために、手法分野全体で50%に届かなかった受験生が46%足切りされています。前回に比べ11ポイントも悪くなっていることが、主催者サイドより発表されています。
このことを受けて、手法分野に苦手意識のある方を対象に、1ヶ月前セミナーを行ないます。この科目で50~60%の点数がとれるレベルを目指してます。

◇参加してほしい人◇
    ・2011年3月20日にQC検定2級を受験しようとする人
    ・手法分野を苦手としている方

◇セミナーでの到達目標◇
   ・検定科目で60%得点できるレベル
   ・実験計画法で60%得点できるレベル
                                以上を目指します。
  具体的には9月2級試験問題
 ・【問3】の10問中設問No10~15の6問が正解できるレベル
 ・【問6】の9問中設問No29~32,34の5問が正解できるレベル

◇スケジュール◇
       1.検定
         検定の基本的考え方、Z検定、t検定
         
       2.実験計画法
         分散分析表(一元配置実験、二元配置実験)の作り方・見方、

◇詳細 ◇
    QC検定2級1ヶ月前セミナー





山田ジョージ at 10:38|Permalink

2010年11月02日

3級の講師として

9月に受験されたみなさん、試験結果通知書は手元に届きましたか?WEB上で確認されていますが、正式な書面として受けとった合格通知は、新たな嬉しさがわいてくると思います。今回残念にも不合格のだった方は、合格するまでがんばりましょう。

昨日、某県の職業訓練センターで、QC検定3級について非常勤講師として教えることになり、その打ち合わせに行ってきました。
実施時期は来年の3月で、テキストは「3級の品質管理教本」を使用することになりましたので、事前に購入し、内容を確認していました。

3級試験問題では、分散=不偏分散と扱っておりますので、2級を受験しようと思っている方は少し注意が必要です。それは以前、2級eラーニングの受講者のKさんからに「分散」について何回か質問を受けたことがありました。
これまで3級のテキストなどで勉強してきた中では、分散=不偏分散で扱われているために、なかなか理解していただけなかったことです。

具体的には、t検定統計量を求める式の時でした。
t=(試料平均値−母平均値)/(√不偏分散/試料数)から算出されます。
ここで分母を少し変化させて、不偏分散:V、資料数:nとすると
V/n=S/(n−1)*1/n=S/n*1/(n−1)
   =分散/(n−1)

ここでのS/n=分散となることがどうしても理解できないとのことでした。分散=不偏分散と記憶されていたので、分散にはこれしかないとの思い込みがあったのだと思われます。

2級を受験するみなさんは、きっちりと理解された上で勉強されたほうが後々、戸惑うことが少ないと思います。
きっちりと勉強されたい方には
2級eラーニングです。
特徴
・解らないところはメールで2日以内に回答をさしあげています。





山田ジョージ at 08:50|Permalink

2010年03月12日

セミナー参加者から

3月6日に行ないました2級の「QC検定直前セミナー」の参加者からメールが届きましたので紹介いたします。

横浜から参加のF様(男性)より
土曜日は大変お世話になりました。
昨年受けた3級は本を読んだだけで合格できましたが、品質管理とは少しかけ離れた業務を担当しているため2級は参考書などを読んだだけでは理解出来ずに悩んでいた中今回のセミナーに参加した次第です。
参考書などでは得られない生の講義をお聞きすることができまた、知識の整理もできたのではるばる富山へ出向いた甲斐がありました。
良い報告が出来る様残り僅かな期間ですががんばります。
どうもありがとうございました。

R様より
先日はありがとうございました。
セミナーを受けたことにより受講前は手のつけられなかった問題も解けるようになりました。本番まであと少し、ラストスパートしたいと思います。

S様より
お世話になります。
本日のセミナーとってもわかりやすくて、今まで解らなかった所のイメージをつかめたような気がします。
先生は、とっても明るく面白い方で、楽しくセミナーを受けることができました。
あとは、2週間努力ですね。数学が苦手で、自分の頭の悪さにがっかりしています(笑)
先生の言われるように細部に入らないように・・・・
頑張って勉強しますね。
あと2週間、色々質問するかもしれませんが、どうか宜しくお願い致します、m(_ _)

企画しました者としては、たいへんうれしくなるメール内容です。

教える側のスタンスとして、30数年製造メーカーで培ってきた知識(実務+理論)に基づき
・受講者目線
・市販の本には書かれていないような、「そもそも論的な説明」
・細部的なことより、全体を俯瞰した説明
を心がけています。

みまさんの合格をお祈りしております。

また、下記のセミナーを企画しています。
対象は、2級受験者をとします。1級を受験する方で基礎から学びたい方も含めます。
主な内容は下記の通りです。
・検定(Z検定、t検定、F検定など)
・実験計画法(一元配置、二元配置)

参加希望されるのならば、お申し込みください。申し込まれた方のみに詳細情報が決まり次第お知らせします。
6月頃を予定しています。




山田ジョージ at 06:12|Permalink

2010年03月07日

測定誤差の「かたより」「ばらつき」とは!?

昨日2級セミナーを終えることができました。参加されましたみなさんお疲れ様でした。遠路から参加のFさん、道中気を付けてお帰りください。また、eラーニングの受講者でもあるMさん、積極的な発言などで場を盛り上げていただきまして、ありがとうございました。
QC検定セミナー

今回都合により3級のセミナーを開催できず、申し込まれた方に対してお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

さて、いよいよ試験まで2週間前となりました。最も集中力が発揮できる時期です。限られた時間を有効に使うために
・思い立ったらすぐとりかかる。
・1分、2分でも集中してやる。
をお勧めいたします。

そして、受験するみなさんはもう目の前まで迫ってきている感覚でしょう。最後の1点を取りに行く気構えが必要です。この執着力の高い気持ちこそが、いざというときに合否の結果を左右することになるのではないでしょうか。

3月21日までの期間限定で3級の予想問題集を無料にて提供いたします。
出題される可能性の高い
測定誤差の「かたより」「ばらつき」の違いを記載しておりますので、これを読んでライバルに差をつけましょう。
申し込みは続きからです。続きを読む



山田ジョージ at 06:08|Permalink

2009年02月23日

QC検定直前対策セミナー

3月のQC検定試験まで後1ヶ月となりました。
そこで2級、3級を受検する人を対象に、会社で1級を取得した
仲間と一緒にセミナーを企画いたしました。
特に2級を受検する方で
計算問題に不安を残してる方には最適なセミナーです。
その中でも、予想される問題も解説します。
詳細はここです。
QC検定直前対策セミナー

また、残りの1ヶ月の過ごし方は?

3級では「QCの7つ道具」に関する問題が毎回出題されます。
また、QC7つ道具の過去の傾向を調べて見ますと、
1回目試験では3問、2回目では5問、3回目では4問、4回目では4問 出題されています。
その中でも、同じ内容の問題も出題されています。
具体的には 1回目での【問5】で出題された散布図に関する内容が、4回目で、 同じ問題が【問4】で出されています。
全ての級に同様な事が言えると思います。
1級試験でも、品質工学でパラメーターに関する問題が 1回目と3回目と同じような内容が出題されています。
そういった意味からも、 残りの1カ月は、過去に出題された問題を重点的に勉強された方が 効率的だと思われます。
70点とれば、合格するそうですからね。



山田ジョージ at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月20日

QC検定受験セミナー

先週の土曜日(15日)にQC検定セミナーを初めて開催いたしました。
結局、参加者は知り合いの3人だけにとどまりました。

2月にあるセミナー参加しましたところ、私にも出来るのではと思い
3月15日にやることに決めました。
ここまで、行動に移した自分を誉めたいと思います。

また、セミナーにあったては、過去のQC検定で出題された問題も
使用したいために、著作権のハードルもありましたので、
QC検定センターに、問い合わせ、そして申請いたしましたところ
その結果、許可が下りてきました。
その上に「セミナー頑張って下さい」とのコメントも
ありました。

しかし、
山田ジョージと言ったどこの馬の骨か解らない講師には
見ず知らずの人からみると参加するにも勇気がいりますよね。
よって一般からの参加はゼロでした。

試験も近くなってきた今の時期になってきますと、
ブログの訪問者も50人前後 だったものが、
3月16日はなんと350人と7倍にも上がってきました。

これまで自分が培ってきた、知識・経験(レポートの請求依頼の状況から)
がQC検定資格にチャレンジしているみなさんの役に立つのでは
と思うようになりました。

合格者を1人でも多く輩出したく
日本初の「QC検定受験アドバイザー」
としてデビューいたしました。

今後予定しているサビース内容
 ・QC検定受験対策セミナーの開催
 ・QC検定通信教育の開講
 ・有料・無料レポートの作成

今後ともよろしくお願いします。




山田ジョージ at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)