ISO(JIS)

2010年11月17日

QC検定2級試験の合否のカギは?

QC検定2級試験の合否のカギを握っているのはなんでしょうか?
それは、ズバリ、手法分野の出来高で左右されると思います。

実践分野の中でISOについては、一部難解な問題が出題されたことがありますが、気にすることはありません。
概ね基本的知識を問う問題が出題されていますので、「実践分野」から「手法分野」に取り組みスタンス変えることがスタートです。

手法分野に特化したコースです。合格の喜びを味わってください!!
2級eラーニング

【特徴】
・市販の参考書にはない合格するために必要なポイントを明記した簡潔なテキストだと受講者から評価をいただいています。
・質問に対する丁寧でスピーディな対応をモットーとしています。

受講者からの声を確認してみてください。

また、
下記のような悩みのお持ちの方にはピッタリのコースです。
・過去不合格となった苦い経験がある人。
・計算問題で不安を抱えている人。
・回りの人に恥ずかしくて聞けないようなことはありませんか?
ずっと解らないままに終っている項目はないですか?

さらに
2級eラーニングを業界で最初に実施しています。
・2008年からスタートし、数多くの合格者を輩出しています。
1部上場企業からも受講いただいております。
・QC検定通信教育では、業界最安値の受講料金体系(当社調べ)です。



山田ジョージ at 12:05|Permalink

2008年11月11日

QC検定試験の最短ストレート発合格するには

日本規格協会のホームページではQC検定試験の合格基準は
下記のようになっています。

1級
 ・ 総合得点概ね70%以上
 ( 論述・手法分野・実践分野で各分野概ね50%以上得点)
2級 & 3級
 ・ 総合得点概ね70%以上
 ( 手法分野・実践分野で各分野概ね50%以上得点すること)
4級
 ・ 総合得点概ね70%以上

このQC検定試験は定員枠が決まっている試験ではなく、上記
基準に該当すれば合格できる試験であります。100点あるいは
高得点を目指した勉強するのではなく総合得点で70点を目指し、
完璧を目指さず、割り切った考え方で望むことが肝要です。
(3級以上の級では各分野で50%以上が条件)

具体的な攻略方法として、まず過去のQC検定問題をやってみる
ことをお勧めします。
理由は
・どの分野のどこを学習すればよいのかが把握できる。
・どこまで勉強すれば良いのかをつかむことができる。

ここで重要なことは、難度の高い計算問題やISO等で日常
使っていないような語句の意味等を問う問題に対しては、
出題された中で2,3問解ければ良いとの割り切った考えが
必要です。
その具体例として過去の2級の実験計画法の問題、ISOの問題、
下記のような問題が該当してくると思います。
実験計画法
第2回: 直交多項式の問題に関する○×問題
第4回: 有効反復係数を求める問題
 これは規格協会の1級の問題サンプルになっているものです。
ISO関係の出題された問題
第5回:ISO900の語句の説明(過去に1級問題として出題)
第6回:ISO900の用語の説明

過去の問題を勉強して、上記の様な難度の高い問題が解らな
くても完璧を目指した勉強をしない=それにあんまり時間を
使わないと言うことです。

このQC検定試験は概ね70点とれば合格できると主催者側
より発表されております。
そのためには、基礎的な計算問題の取りこぼしをしないという
ことが大事です。





山田ジョージ at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月24日

QC検定受験対策サイト 100記事達成

このサイトを立ち上げて今回の記事は記念すべき100記事となります。

ここまで続けてこれたのは、このサイトから無料レポート、有料レポートを購読/購入いただいたみなさんがQC検定を受験されて、合格したとの喜びの声や感謝の言葉などがあったからこそと思っております。この場をかりまして、お礼申し上げます。
さらに、今後もこのサイトはQC検定を受験するみなさんに有益な情報を提供していいきたいく所存でありますのでよろしくお願いします。

さて、「私がどれくらいQC検定に合格するための役立つ情報を提供できるのか」?
についてはこれまでの取り組んできました業務内容と培ってきた知識項目を紹介いたします。

私は会社入社以来30数年品質に関係する業務に従事してきました。会社は1部上場企業で従業員は約5000名の規模です。
主な業務・職歴は
・製品抜き取り検査
・部品受け入れ検査
・外注工場の品質指導
・購買先品質管理監査
・小集団活動の推進
・改善提案の推進
・QC教育の実施(社内、外注工場)
・JIS品質管理責任者
・ISO9001管理責任者
・方針管理活動の推進(全社に先駆けてしくみを構築)
等を経験してきました。

その間に培ってきた主な知識項目は
・品質管理基礎コース
・実験計画法コース
・TQC推進事務局コース
・設備管理士養成コース
・信頼性工学/品質工学などの個別セミナー
等です。

そして、2007年にQC検定1級に合格しました。このときに、自分が体験した悩みなどが必ず他の受験者のみなさんも持っているはずだから、合格できるためにそれら解決したくサイトを立ち上げ、そして、今日100回を迎えるまでになりました。

今後はさらには合格するための有益な情報のみならず合格した後のみなさんが仕事に生かすことができるまでの系統的な情報が提供できることを目指して継続してまいります。
よろしくお願いします。





山田ジョージ at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月21日

QC検定について読者からの質問

今日は読者の方から濃い内容の質問を受けましたので
抜粋した内容を紹介します。

文系大卒で、人材派遣会社に勤める36歳
請負部門の責任者からの相談です。
組み立てや検査の受注を受けて
仕事をこなす請負を先方の構内で実施。
しかし、品質管理の知識もなく、
「5S」という単語を初めて知った。
今回上司から受けた指示が
「QC検定1級を取れ。2級はすべりどめだ」。
その目的は
クライアント企業が検査員の適性をみるひとつの指標として
QC検定資格を取り入れる動きがあるようで、
それに追随して我々も取ればよいアピールになる
と考えての事。
ここで質問ですが、
>QC検定とは実務を経験していない素人にとって、
どのようなレベルのものなのでしょうか?
>もし勉強するならどこから手をつけるべきでしょうか?

(回答)
このQC検定試験は合格定員枠が決まっているのではなく、
概ね70点取れば合格すると、発表されています。
http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/qc-2-1.asp
ただし、品質管理の実践分野と品質管理の手法分野で
概ね50%以上得点していることとあります。

QC検定のレベルが解らないということなので
先ずは、過去の出題された問題をやってみることですね。
一通りやってみることです。
過去の問題の2級、3級については、一般図書として
市販されていますので、準備はできますよね。

そこで、何が解らないのかの自分の弱点を把握することが
大事です。QCストリーでの現状把握というフェーズです。

ここで頭に入れていただきたいことは、
概ね70点取れば合格するのですから、
品質管理の実践分野で
例えば我々が日常使っている語句と違う、難解な言い回しのあるISO等の分野は深入りしないことです。
例えばISOの科目で5問出題されたとしますと、その内の基本的なものを2,3問解ければ良しとし、出題頻度の高い科目を勉強することが効率的な勉強方法です。重点指向ということです。

また、品質管理の手法では
計算問題が出題されますので、
この中で何が解って、どの科目が不得意なのかを
はっきりさせる事です。
QCで言うところの原因を特定することです。

原因が特定されたらその対策として、
如何にして効率的に勉強していくことが重要と
なってきます。
そんなみなさんの強力な味方になってくれる
計算問題が解らないかといってあきらめないで
ください。

・このまま計算問題が解らないといって、
2級に挑戦しないで終わらせますか?

・あなたの望みをかなえてくれるコースです。

QC検定2級受験対策コース

◆前回の受講者の喜びの声◆
山田様
ご無沙汰したいます。
「QC検定の通信教育」のご指導ありがとうございました。
本日、WEB合格発表の結果を確認したところ、
私の受験番号が掲載されていました。
おかげさまでQC検定2級に合格できました。
ありがとうございました。(^^)V
(男性N様)

・ご無沙汰しております。
正式に合格通知が来てからご連絡しようと思っておりましたが
Web上で2級合格であることを確認しました。
いろいろお世話になりました。
(男性S様)

 


・こんにちは!
予想通りで3級合格しました。
先生のレポート理解しやすくで勉強になりました。ただ、QC経験ない
の私沢山文の理解できなくで残念です。まだ、頑張ります。
ありがとうございます!
(中国出身Z様)

連絡いただきありがとうございます。
おかげさまで、3級合格いたしました。
お送りいただいた問題を5回以上は、やりました。
 特に、計算問題については非常に役に立ったと考えております。
 PCの不調にてメールの返信ができていませんでしたが、
お送りいただいた内容は、覚えるようにしておりました。
 次回2級も受験しようと考えております。
(男性K様)

 





山田ジョージ at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月05日

QC検定2級のISO9000問題

9月7日に実施されたQC検定2級のISO9000で定義される用語について

の問題の解説です。

ISOの用語は本来英語を日本語に翻訳したためか、独特の言い回し

になっており、平易な文言になっていないように思われる方も

多いと思います。

問題は5問あって、その選択肢は8つあります。複数回は用いないと

あります。

”兵舛亡悗靴徳反イ鮖愆し、管理するための調整された活動

→これに当てはまりそうな用語は、品質マネジメントと品質マネジメントシステム

の2つが候補に挙げられます。

これは悩ましい選択です。ISOでは、

品質マネジメントシステム:品質に関して組織を指揮し、管理するためのマネジメントシステム

品質マネジメント:品質に関して組織を指揮し、管理するための調整された活動

従って、品質マネジメントということです。

これは、正解しなくても良しとしましょう。70点とれば合格するのですから、

この違いを知らなくても気にしなくても良いと思います。

▲肇奪廛泪諭璽献瓮鵐箸砲茲辰得擬阿防縮世気譴拭

品質に関する組織の全体的な意図および方向付け。

→品質方針と品質目標のどちらかだと読み取れます。意図、方向から

品質方針が該当します。

I兵舛亡悗靴董追求し、目指すもの。

→目指すから品質目標を選びます。

ど兵鼠弋畛項が満たされるという確信を与えることに

焦点を合わせた品質マネジメントの一部

→残っている選択肢、品質保証、品質表、品質計画表、品質判定基準から

もっとも当てはまりそうな、品質保証を選択します。

ジ帖垢離廛蹈献Дト、製品、プロセスまたは契約に対して、どの手順および

どの関連する資源が、誰によって、いつ適用されるかを規定する文書

→文書ですから、品質表と品質計画書が該当することがわかります。

誰によって、いつ適用されるかの文言より計画の意味ととらえて

品質計画書を選びます。

私も、3年前まで品質管理責任者としてやってきましたが、

品質マネジメント要求事項は、なじめないような文章に記述されています。

ISOの勉強は、あんまり深く入らず、半分ぐらいの正解でもOKといった

気持ちで取り組まれた方が効率的と思います。



山田ジョージ at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月21日

2級の出題された問題

適用・区分   2005 2006 2007.03 2007.09 2008.03
■基本統計量       
・平均値の求め方  ○  ○ ○ ○
・分散/標準偏差の求め方  ○ ○ ○ ○
・計量値、計数値とは  ○    
・変動係数の求め方   ○ ○  ○
・メジアンの求め方   ○ ○  ○
・工程能力指数    ○  ○ ○
・範囲       ○
       
■QCの7つ道具       
・チェックシート   ○ ○   
・特性要因図   ○ ○  ○ 
・パレート図   ○ ○ ○  
・散布図   ○ ○ ○ ○ ○
・ヒストグラム   ○ ○ ○ ○ ○
・管理図(種類含む)  ○ ○ ○  ○
・グラフ   ○ ○ ○ ○ ○
       
■品質管理の基礎       
・品質管理活動知識   ○ ○ ○ ○
・QC的問題解決   ○   ○
・統計的品質管理     ○ 
・購買&外注管理      ○
・品質保証       ○
       
■組織の管理と活動       
・日常管理活動   ○   ○ 
・QCサークル活動    ○ ○ ○ 
・方針管理      ○ 
       
■標準化       
・ISO9001の概要   ○ ○   
・JISの概要   ○ ○  ○ 
・標準化知識   ○ ○ ○ ○ ○
       
■サンプリングと検査       
・検査の方法/種類   ○ ○ ○ ○ 
・サンプリングの種類   ○ ○ ○ ○ 
・官能検査    ○   
・規準型抜き取り検査    ○   
       
       48問   48問   61問  68問  73問




山田ジョージ at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月20日

QC検定3級の出題傾向

過去に3級に出題された問題を調査しました。

 


QC検定ケンテイ(3キュウ)の出題シュツダイ傾向ケイコウタイサク
 
適用テキヨウ区分クブンカイカイカイカイカイ
基本キホン統計トウケイリョウ      
平均値ヘイキンチモトカタ 
分散ブンサン標準ヒョウジュン偏差ヘンサモトカタ 
計量ケイリョウケイ数値スウチとは   
変動ヘンドウ係数ケイスウモトカタ  
・メジアンのモトカタ  
工程コウテイ能力ノウリョク指数シスウ 
範囲ハンイ   
■QCの7つ道具ドウグ     
・チェックシート   
特性トクセイ要因ヨウイン 
・パレート  
散布サンプ
・ヒストグラム
管理カンリ種類シュルイフクむ) 
・グラフ
品質ヒンシツ管理カンリ基礎キソ    
品質ヒンシツ管理カンリ活動カツドウ知識チシキ 
・QCテキ問題モンダイ解決カイケツ  
統計的トウケイテキ品質ヒンシツ管理カンリ   
購買コウバイ外注ガイチュウ管理カンリ   
シナシツ保証ホショウ   
組織ソシキ管理カンリ活動カツドウ     
日常ニチジョウ管理カンリ方針ホウシン管理カンリ活動カツドウ   
・QCサークル活動カツドウ  
標準化ヒョウジュンカ    
・JIS/ISO9001の概要ガイヨウ   
標準ヒョウジュン知識チシキ
■サンプリングと検査ケンサ     
検査ケンサ方法ホウホウ種類シュルイ 
・サンプリングの種類シュルイ 
48モン48モン61トイ68モン73モン

QC7つ道具、基本統計量、標準化、サンプリングと検査

 


に重点を絞って勉強すれば70点は可能だと思われますが。

エクセルで作った表が上手に貼り付けれませんでした。





山田ジョージ at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月30日

第5回QC検定合格基準の補足説明 について

第5回QC検定合格基準の補足説明

今回2級において一部実践分野問題で極めて難度の高いものが
判明したしたということで、2級の合格ボーダーラインを下げたとの
コメントです。

察すると2級問題の【問8】で品質マネージメント原則の1つの組織と
供給者の関係に関連したものが出題されております。

この問題は2006年の1級にも同様の問題が出題されております。

たぶんこのことについてコメントされいると判断します。

ISO9000の品質マネージメントの
h)供給者との互恵関係
組織及びその供給者は相互に依存しており、両者の互恵関係は両者の創造価値
能力を高める。

2006年の1級問題では語句を選ぶ問題で

相互依存、創造的価値

2008年の2級では
互恵 、依存、価値

ここのことが
「今後の対策級レベルを一定に保持していく・・・・・・」との
コメントになったのでしょうか?

・問題作成者は2級と1級と違った人、メンバーなのか?
・各級の問題のすりあわせは行なっていないのか?

今回はちょっとすっきりしないことにはなりましたが、

所詮人間がやることなのでミスはあると寛大になりましょう。

ブログランキングに登録しておりますので、
下記の項目のクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ




山田ジョージ at 19:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年04月29日

第5回QC検定合格者発表(Web)

28日に、日本規格協会のホームページにて

3月23日に実施された第5回QC検定の合格者の発表が

ありました。

合格された方はおめでとうございます。

そこには、今回のみの特記事項がありました。

詳しくはこちらです。

合格規準の補足説明

2級の実践分野で極めて難度の高い問題があったため

70点に達する人少なかったので、合格のボーダーライン

を下げたとのコメントでした。

手元に2級の問題がないので、正確なことは言えませんが、

2級の問題を見たときに

ISOの問題で、昨年の1級に出題されていた「協力工場との互恵関係」を

問う問題があったと記憶していますが。


ブログランキングに登録しておりますので、
下記の項目のクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ



山田ジョージ at 07:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年08月30日

QC検定の過去3回出題傾向

日本規格協会がホームペイジで発表している
QC検定1級の出題傾向を調べました。
今年の3月で3回実施されました。

*( )の数字は回数

◆品質管理概論・実施法など◆
・方針管理の進め方(1)
・設計、製造、市場段階の品質(1)
・部門別管理、機能別管理(1)
・新QC7つ道具(2)
・品質工学の概要と特徴など(2)

◆品質管理の統計的手法◆
・正規分布の性質(0)
・不適合品率の推定(0)
・相関、回帰分析(3)
・管理図全般(1)
・抜き取り検査方式の設計と実施(3)
・実験計画法の活用(3)
・直交配列(3)
・品質工学の各手法など(0)

◆検査◆
・購買管理と検査など(1)

◆信頼性◆
・信頼性の概念、意義等(1)
・寿命分布と故障率(1)
・FMEA,FTA(0)

◆標準化◆
・JIS,ISO,IEC規格の概要など(2)

上記より
・相関、回帰分析
・抜き取り検査
・実験計画法&直交表

を重点に勉強したほうが良いのか?




山田ジョージ at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月29日

QC検定1級受験対策

先ずは、28日の記事は文字が飛んでいました。 訂正し、お詫びいたします。

ブログ初心者のため、次回からは、プレヴューを必ずしないと。

昨年の1級問題から、自分が間違った問題より

 【問1】購買管理と検査
JIS Q 9000(ISO 9000) 品質マネージメントの原則  供給者との互恵関係で( )の語句を選ぶ問題

→組織及びその供給者は(相互に依存)しており、両者の互恵関係は両者の(価値創造力)を高める。  
 
品質マネージメント原則は8つある。
a)顧客重視
b)リーダーシップ
c)人々の参画
d)プロセスアプローチ
e)マネージメントシステムのシステムアプローチ
f)継続的改善
g)意思決定への事実に基づくアプローチ
h)供給者との互恵関係

【問4】アローダイヤグラム 最短日数とくれば一番遅い日数のこと。

 【問7】直交表(分割法)  
「交互作用効果」「平均平方和の期待値」のルールを知らなかった。

◆交互作用効果に関するルール◆
 a.同じ群に属する二つの列の交互作用効果の列はその群より低次の群の列に現われる。

 b.二つの異なる群に関する2列の交互作用効果の列は2群のうちの高次の群の列に現われる。

◆平均平方和の期待値に関するルール◆
a.二次単位誤差の分散はすべての要因の期待値に入り、その係数は1である。

b一次単位誤差の分散は一次単位要因の期待値の中に入り、その係数は、一次単位要因を固定した時の  二次単位因子の水準数となる。

c.要因の期待値に含まれる分散成分の係数は、全ての観測数をその要因の水準数で除したものである。

昨年度9月は60点ぐらいでしたか? 久しぶりに、テストだったので、あっという間に120分が過ぎてしまいました。

長机で2名受験だったので、隣の受験者が消しゴムで消す時に、机が揺れていた ことが、気にはなった。 いずれにせよ、力不足で落ちたか。続きを読む



山田ジョージ at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月25日

ISO 9001(JIS Q 9001)

今日は昨年の9月に出題された問題でISO9000に関するものです。

ゝ格要求事項の中で、第7章の製品の実現のみが、適用不可能とされている。

JISQ9000に含まれる用語の定義も、JISQ9001の一部とみなされる。

I兵船泪縫絅▲襪傍述したあれば、別に文章を発行しなくてもよい。

ご浜責任者は、必ずしも品質管理関係する部署に所属する者である必要はない。

ド兵船泪諭璽献瓮鵐肇轡好謄爐鬟船Д奪し、是正し改善していく仕組みとして、マネージメントレビューと内部監査が要求されている。

ζ睇監査で発見された不適合は、必ずしも発見された部署に原因があるとは限らない。

内部監査で発見された不適合は、発見された領域に責任をもつ管理者が是正処置する。

┸該困派堙合が発見された場合には、それが是正され不適合状態が解消するまで、審査登録はできない。



山田ジョージ at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)