記述問題

2013年02月02日

学生(大学生)は1級試験に合格できるのか?

QC検定試験の受験資格には「各級とも制限はない」と発表されています。
しかし、学生(大学生)が1級試験を合格するには、2次試験である「論述」が大きな壁になっていると思います。
その理由は、論述試験問題の注意事項に
「対象の業務に関するあなたの立場を明確にすること」
が条件として与えられていること、また、
論述問題の「テーマ」は受験者が関与した、または自社の事例を用いての記述を問われており明らかに社会人を対象としていることが読み取れと思います。

ちなみに昨年の9月の論述の試験問題は4つのテーマが出題されています。
1.企画、開発段階でのBNEからの効果の上がった事例
2.方針の設定から処置までの問題と改善計画
3.品質問題解決の事例
4.重回帰分析の事例
項目3を除いて、他の3つのテーマは全て、
あなたの関与した、または自社の事例を用いて記述せよとなっています。

実務経験の乏しい(全くない)学生にとっては不利なテーマだと判断できます。

規格協会のHPで、この試験の対象となる方を各級別に発表しており、そこの表では
大学生、高校生などの学生は3級、4級に扱われていますので、当初から学生が1級、2級を受験することは想定していなかったと思われます。
しかし、最近では、中学生が2級試験に合格したとの主催者からの発表(推奨?)もありますので、なんらか(実務経験を条件として付加するのか、等)の見直しも必要だと思います。

このような環境下で、今度の3月に1級を受験する学生諸君(X君へ)、
1次試験の手法、実践の2つの分野で高得点を取れば、合格する可能性は大きいと思いますので、ハンディを乗り越えて頑張ってください。



山田ジョージ at 06:14|Permalink

2012年11月24日

1級試験の合格基準の変更が発表されました。

日本規格協会のHP上で
「1級試験(手法・実践分野、論述)に関する試験区分の設定 及び 合格基準の改定について」発表されています。

その内容は下記のとおりです。
従来の手法分野、実践分野、論述の問題を、一次試験(手法分野、実践分野)、と二次試験(論述)に区分して合格判定されることです。

今回の改定は、試験自体が変わりませんの、受講者目線では、あんまり影響のない変更だったかと思います。

過去の受験対策記事でも投稿しましたが
1級試験は、論述・手法分野・実践分野の3分野から点数で合否が判定されます。
手法・実践分野は定量的に判定できますが、論述分野の評価は、定性的な判断にゆだねることになります。
QC検定1級は、約1、000名受験していますので、1000人分の論述した答案を読むだけでも大変なことだと思います。さらに、評価するのですから、最低2人以上の採点者で行われているものと推測します。
最初から、1000人分の書かれた論述を評価することは、現実的には、していなく、手法分野、実践分野で、合格基準70%以上とった受験者だけが、論述の評価対象となっていたのではないでしょうか?

新たな基準では、手法・実践分野で50%以上で1次試験合格した人が2次試験:論述で50%以上、トータルで70%以上で合格となっていますが、仮に手法・実践分野で50%であった人が、論述で90%とらないと合格できないことになります。
現実的には、手法分野、実践分野で70%以上でないと合格できないのではないでしょうか?

受験者の立場では、1次試験合格で、2次試験不合格になった、その論述の評価が知りたいと思っているのではないでしょうか?
1次試験の結果は自己採点で評価可能だからです。

論述の評価基準と発表されています。
・プロセス・ストーリー・方策が過不足なくまとめられている.
・プロセス・ストーリー・方策に誤りがない.
・効果・特徴や問題点の考察が妥当である.
・十分な経験に基づく記述であることがわかる.
・記述に特別な工夫が見られる.
・当たり前でないアイデアが見られる.

この評価合格基準では試験対応が難しいと思います。

2次試験での不合格者には、不合格だけでなく、例えば
論述試験をランク(A、B、C)に評価し、その結果を受験生に開示した方が良いと思います。
他国家資格ではこのような試験運営をおこなっていますので、定性的な評価の透明性を高めるためにも是非検討してほしいと思います。





山田ジョージ at 09:11|Permalink

2011年10月11日

QC検定1級試験の論述問題の評価基準の対応

以前、QC検定1級試験の基準回答で問1 論述問題での評価基準を紹介しました。
今回はその対応・書き方についてコメントします。

評価基準は全部で6項目あります。
最初に´↓を満足する書き方のフレームは、QCストリーで記述することで対応可能と思います。

「テーマ設定」から「今後の進め方」までの問題解決のストリーのことです。
1級を受験する方を対象に、理解されてることを前提に記事を書いていますので、、ここではQCストリーについて、詳しく記述しませんので。
このストリーに沿って記述すれば、悩むことなく展開できると思います。
書く内容は別として。

.廛蹈札后▲好函璽蝓次∧策が過不足なくまとめられている。
▲廛蹈札后▲好函璽蝓次∧策に誤りがない。
8果・特徴や問題点の考察が妥当である。

続いて残りの下記の3項目の書き方の対応ですが、非常に難しいですね。

そ淑な経験に基づく記述であることがわかる。
サ述に特別な工夫が見られる。
εたり前でないアイデアが見られる。

勤務年数や改善期間を明記する。
工夫したことを、強調する。
とかが考えられますが、本質とは離れますので、このような対応は×です。

また、
評価基準には、誰でもわかるような内容になっていることの基準はありませんので
このことを前提に類推します。

記述する立場から、評価する立場に視点を変えてみますと、
例えば評価者が大学の先生だと仮定すると、(誰でも良かったのですが)
受験生の多くは製造業だと思いますが、多種多様な業界に勤めている人だと思われます。
A4サイズ1枚だけでの情報で
受験生の書いた会社の中で改善・方策など、その会社の独特、固有的な語句で記述されている内容
の理解はできるのでしょうか?

自分の勤めている、会社の中で、実際に改善してきたことを、記述すれば
少なくても、Δ旅猝椶亘足できるのではないでしょうか?
評価者にとって、自分の専門と違っていますので、読む内容は新しいことばかりでなので
当り前ではないと思われるでしょう。きっと。

結論として、
記述問題の対応は、会社の中で自分が行った内容を、QCストリーで書けばOKだと思います。
神経質に記述問題の対応に時間を投入するよりも
前にも書きましたが
1級は、選抜的要素が強いので、他受験生が正解するような問題は、きっちりと正解し、
他受験者が、正解できそうでない問題(マニアック的な問題)を+1問を正解するよう勉強方法
が良いかと思います。

*難度の高い=細部の知識を必要とする問題をマニアックな問題と定義しています。




山田ジョージ at 17:03|Permalink

2011年09月27日

QC検定1級試験の論述問題の評価基準は

QC検定1級試験の基準回答で問1 論述問題での評価基準は下記の通り発表されています。

・プロセス、ストーリー、方策が過不足なくまとめられている。
・プロセス、ストーリー、方策に誤りがない。
・効果・特徴や問題点の考察が妥当である。
・十分な経験に基づく記述であることがわかる。
・記述に特別な工夫が見られる。
・当たり前でないアイデアが見られる。

仮に、1項目を5点評価(5:良い、4:やや良い、3:普通、2:やや悪い、1:悪い)とすると
6項目ありますので、満点が30点となり、その70%は21点が合格ラインとなります。
しかし、この基準で70%の評価を得るときには、「何を」、「どのように」書けばいいのか、
6つのハードルが高くて、悩みますよね。

QC検定1級は、約1、000名受験していますので、1000人分の、論述したものを、読むだけでも
大変なことだと思います。さらに、評価するのですから、最低2人以上の採点者で行われているものと
推測します。

ここからは大胆な推測?ですが、
手法分野、実践分野で、合格基準70%以上とった受験者だけが、論述の評価対象となるのではないでしょうか?
言い換えれば、マークテストで70%以下の人は、読まれていないのでは、ないでしょうか?

いずれにしましても、推測であることを、了解しておいてください。
ただ、最初から、1000人分の書かれた論述を評価することは、現実的には、しないと思いますので
大きくは外れていないでしょう。

1級は、選抜的要素が強いので、他受験生が正解するような問題は、きっちりと正解し、他受験者が、
正解できそうでない問題を+1問を正解するようなことが、合格への勉強方法です。
もちろん、手法、実践分野のことを指しています。

マニアックな問題の勉強は、ほどほどにしておくべきです。そうしないと、深みにハマってしまって
際限がなくなることを留意しておいてください。

合格にかけた貴重な時間VS1級合格で得られることを見極めてから、スタートする方が良いかと思います。

*難度の高い=細部の知識を必要とする問題をマニアックな問題と定義しています。




山田ジョージ at 16:38|Permalink

2010年10月30日

範囲が広くなったQC検定1級対策

9月の1級の合格率は過去最低の12%となりました。1級試験は成績上位者から、15%前後選ばれる選抜的要素が強い特徴があります。他の級試験では合格ボーダーラインがありますので、競争相手は自分自身ですが、これに加えて1級では他受験生がライバルとなります。

従って、合格水準である70点をクリアーしながら、他受験生より1点でも余計に点数を稼ぐ気持ちが大事であります。

今回の試験では、QCの広義的な解釈での範囲線上から「在庫管理」「経済性分析」などが出題されました。
従来のQC+広義のQCまでも勉強しないと、合格が難しい傾向となってきました。

その対応策として
1級予想問題集に「投資の経済性」の例題を記載しましたので、是非理解されライバルに一歩前に行ってくださるよう活用してください。

「投資の経済性分析」は、国家資格である中小企業診断士の1次試験科目「財務・会計」の出題範囲であります。私は、22年の中小企業診断士の1次試験に合格しておりますので、みなさんに有益な情報提供できるものと確信しております。これがその合格証書です。

DSCN0394





























尚、9月に1級で出題された【問3】繰り返しのある単回帰分析に関しては、予想問題集にその類似問題が記載してありましたので、この予想問題集を入手された方は、今回他受験よりもアドバンテイジがあったと確信しております。

1級予想問題集に「投資の経済性」下記より申し込めます。続きを読む



山田ジョージ at 08:38|Permalink

2010年04月13日

QC検定1級論述問題の対応

1級には論述問題が出題されます。実際に行なってきたことを記述しなければならないので、受験対策が難しい問題です。

今回は下記の3つの設問からひとつを選んで、
・QCサークル活動の活性化に向けて実際に行なった取り組みについて
・会社内で品質管理活動で関与した内容、あるいは自社の事例について
・品質工学について関与した、または、自社の事例について
その設問に対して、記述するものであります。

受験者の中で、実際に自分がやったことがある人は、なんとか記述できたと思いますが、全く経験しなかった方には、上記の設問は難しかったと思います。
知識としては持っているが、実際に行なったことがないと、対応が難しい問題です。

今回設問1を選ばれた受験生の中で、QC検定1級記述式レポートを読まれた方は、ここに記載してある「QCストリーの中での現状把握の重要性」「QC活動の活性化に向けての方策、効果等」の段落を自分の文章としてつなぎ合わせて記述すれば、対応ができたと思います。

このレポートは私が以前勤務していましたF工場(600名)で、QCサークルの工場全体のまとめ役であった時に、活性化の方策として
・リーダー研修会
・ミニ発表会
・月刊誌の発行
等を企画・推進してきた経験をまとめたものであります。

実務経験の浅い受験生、いわゆる事務・間接部門が主で現場・品質管理部署経験が少ない人 を対象としています。

今後1級を受験される方に、参考になればとの思いです。



山田ジョージ at 10:30|Permalink

2010年02月25日

QC検定1級記述式問題の対応

3月21日に1級を受験される皆さん、記述式問題の対応はされていますか?

日頃パソコンで書類など作成しているので、漢字を手書きする機会がほとんどありません。 
よって、たまに手書きで文章を作成していると、なかなか漢字が出てきませんし、正確には書けませんよね。

この記述問題は、自分の作成した文章が相手(採点者)に伝わることが不可欠です。そのためには、日頃から文章を書いていることが重要だと思います。
しかし、試験までの1ヶ月間での期間では一朝一夕にはなかなか文章力は身につかないと思いますので、ワンポイントをコメントします。

「一文を短くすることを意識するようにしてください。」

この理由は、長くなれば長くなるほど文法的におかしくなりがちになり、日本語として支離滅裂になってしまう可能性が高くなるからです。
また、限られた試験の時間内で、長い文章だと、修正などをする時、ごちゃごちゃしてしまいますが、短い文章なら最初から書き直しも楽に出来ます。

過去出題された問題を、自分の頭で考え、そして手書きで文章化してみることを進めますので、是非やってみてください。

また、記述問題対策として
・事務・間接部門が主で現場・品質管理部署経験が少ない人 
を対象に

記述問題事例集

がありますので、参考になればとの思いです。

皆さんの合格をお祈りしています。



山田ジョージ at 12:19|Permalink

2009年08月10日

QC検定1級用「記述問題解答事例」

9月6日のQC検定試験まで1ヶ月を切りました。
勉強している中で一部解らないところがあっても最後まで続けることが大事です。これからの学習が結果を左右します。
このQC検定試験は定員枠が決まっていなく全体で70%とれば
合格できると主催者サイドから発表されておりますので試験直前まで、可能なかぎり「あがき」ましょう。
合格したいと言った強い執念が、合否の結果の「違い」を生み出すことは間違いないと思います。

また、この時期は問題演習を中心とした、アウトプットの学習を心がけることが重要です。何回繰り返し行なうったのかが合否のポイントとなってきます。
本試験では1つの問題にこだわりすぎたために、解ける問題に取り組む前にタイムオーバーといったことにもなりかねませんので
特に1級を受験する人はどう対応していくのか自分なりの戦略を
事前にはっきりさせておいた方が良いと思われます。

さらに1級には記述式問題が出題されますので、過去の問題をテーマとして「手書き」で練習された方が効果的であると判断します。今はほとんど、自分の手で書く機会が少なくなってきておりますので、なかなか直ぐには簡単な漢字もでてこないと思われます。

続きを読む



山田ジョージ at 08:55|Permalink

2008年03月12日

QC検定1級記述式問題対応

2008年3月23日のQC検定試験まで後10日になりました。
QC検定1級記述問題のワンポイントレッスンの紹介です。

対象
・入社2,3年位で改善活動事例の経験の少ない人
・事務・間接部門が主で現場・品質管理部署経験が少ない人

そんなあなたにとっておきの回答事例を紹介します。
品質管理歴33年の私が、これまでの経験を踏まえた事例を 過去の問題でまとめました。

さらなるスキルアップを目指している方への特典です。

QC検定1級記述式問題事例集の無料配布

下記のバナー広告2社へ資料
請求(無料)された方をが対象としています。
ただし、各社へは1資料のみです。




QC検定1級記述式問題事例集
を送ります。

お申し込みされた会社名と項目名を下記まで連絡ください。
折り返しPDF添付ファイルとして返信します。
お名前と、お住まいも明記ください。
連絡アドレス:korosuke199907@yahoo.co.jp

  



山田ジョージ at 20:04|Permalink

2008年02月17日

QC検定試験まで後5週間

3月23日に実施されます、QC検定試験まで、後5週間となりました。

 私が、QC検定試験で気に付いた点について注意点を記述しますので、 お役に当てればと思います。

 。傳淡…蝪欝蕕砲蓮記述式問題があります。日頃パソコンで文章など作成しているので、手書きで書くことの機会がほとんどありません。
よって、たまに手書きで文章などを書いているとなかなか漢字が出てきませんよね。(私だけかもしれませんが)
従って記述式問題対策として、過去出題された問題を、手書きで一度やられた方が良いと思います。

 ■欝蕕任魯沺璽シート解答用紙と記述式解答用紙が配布されますので、ここにも名前、受験番号は必ず書くこと。

 3撞藏δ未任垢。マークシートの記入は直にやられた方が良いと思います。問題用紙に一度書いて、後でマークシート記入することは、時間的にロスにもなると思います。
マークシートは結構小さな字なので、年配者にはちょっと見にくいかもしれませんので、マークシートの問題と解答との対応させるために、定規等当てて、記入間違いないよにされた方がいいのでは。

ぜ分の解る問題から進めていく。これは昨年2級を受験した人から聞いたことですが、1問目に計算問題があったから、これに時間をとられ過ぎた。とのことですので、解る問題から解いてくスタンスが良いかと。70点とればよいのですから。

 シ彁撒,√の計算ができるものを必ず持っていくこと。

Γ欝藥邯海聾畍紊らありますので、お昼には、ビールを飲まないこと。(笑い)



山田ジョージ at 05:51|Permalink