QC検定2級の壁を破れ!「QC検定1級の効率的な勉強方法」について

2008年03月01日

QC検定1,2級(単回帰分析)

今日から3月です。試験まで後3週間です。

 今回は、QC検定1級、2級でも毎回出題されています、回帰分析についてのワンポイント解説します。

相関係数と寄与率とはです。

 ・相関係数
 。科竸間の直線関係のたしからしさを示すものである。
 △海侶舷瑤里箸蠅Δ訝佑糧楼呂蓮治院繊棕韻任△襦
絶対値が大きい方が、2つの変数間の直線関係のたしからしさが大きいことを示す。

しかし下記の項目に留意する必要がある。ここのところが良く出題されます。 A.1に近い数値でも、必ずしも、2つの変数間に因果関係があるとは言えない。因果の可能性示しているのみである。

B.逆に限りなく0に近い数値でも、二次関数や指数関数の場合も考えられるので、関係がないとは言えない場合がある。

・寄与率
_鶺直線のあてはまりのよさを示すものである。
△海隆麝仁┐里箸蠅Δ詒楼呂錬亜腺院複亜鵝腺隠娃亜鵝砲任△襦
この値が大きい程、回帰直線のあてはまりが良いことを示す。
ぃ嘉栖屬魴襪崗豺腓痢寄与率は100%である。 相関係数の2乗が寄与率です。

相関係数の求め方と直線回帰式の求め方もおさらいをしておいてください。



山田ジョージ at 08:27│Comments(0)TrackBack(0) QC検定2級 | 相関・回帰分析

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QC検定2級の壁を破れ!「QC検定1級の効率的な勉強方法」について