QC検定試験まで後5週間QC検定試験まで1カ月の過ごし方

2008年02月20日

QC検定受験票送付される。

今日は偏りを考慮した工程能力指数の求め方の説明です。

偏りを考慮した工程能力指数CpK=規格の上限ー平均/3*s
              =平均ー規格の下限/3*S
 
で表されます。どちらか小さい値が答えとなります。

では例題です。

上限規格値62 下限規格値20 平均値50 標準偏差2のとき

偏りを考慮した工程能力指数CPK=(62−50)/3*2=2 また
               =(50−20)/3*2=5

となる。

小さい数字が答えとなるから  答え:2 


さて話は変わって、

15日に受験票が発送されました。

今回の大阪会場は関西大学です。

関西大学と言えば、30数年前大学受験を目指していて

初めて合格した学校が関西大学でした。

結果的には、経済的な理由もあり、また運良く地元の大学に受かった

ので、地方の大学を選択しました。


18日から訪問者数が40〜50%アップしております。

嬉しい限りです。

みなさん、試験が近づいてきたので、いい意味での緊張感がでてきたの

ですかね。

それと、明日から私のプロフィールの中の数字が1つ増えています。




山田ジョージ at 20:24│Comments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QC検定試験まで後5週間QC検定試験まで1カ月の過ごし方