2008年02月04日

分散の加法性について(QC検定2級)

分散の加法性を求める問題は過去4回中3回出題されています。
今回(3月)もかなり高い確率で出題されものと思います。

分散の加法性とは、簡単に言えば 2つ以上の部品(例として)から構成される全体の平均、分散は その個々の平均、分散の足し算で求められと言うことです。
例題1. 
部品xの平均=8cm   分散=0.09         
部品yの平均=5cm     分散=0.16の時      
z=x+y  の平均、 分散は?      
平均値=8+5=13cm      
分散=0.09+0.16=0.25 となります。

例題2.  
部品xの平均=8cm   標準偏差=0.3             
部品yの平均=5cm     標準偏差=0.4              
z=x+y  の平均、 標準偏差は?        
標準偏差の2乗=分散より      
分散=0.09+0.16=0.25      
標準偏差=0.5 となります。

例題3. 
部品zの平均=13cm 分散=0.25である。       
部品zは部品xと部品yから構成される。       
今、部品xが平均=8cm 分散=0.09の時 yの平均 と分散、標準偏差は?       y=z−x   より       
平均は 5cm         
分散=0.25−0.09=0.16       
標準偏差=√0.16=0.4
分散の加法性(2つの変数が独立している場合)は上記のパターンで 解決されます。 よって、分散の加法性の問題はクリアーしましたね。


「よくわかる分散の加法性」
解説書の無料配布

このサイトに訪問していただいている読者の方への特典です。
下記のバナー広告のサイト3社から資料を請求(無料)された方には、
「よくわかる分散の加法性」解説書を送ります。

請求された資料名を下記まで連絡ください。
折り返しPDF添付ファイルとして返信します。
お名前と、お住まいも明記ください。
連絡アドレス:korosuke199907@yahoo.co.jp


自己啓発を行なう貴方へ





山田ジョージ at 20:00│ QC検定2級 | 分散の加法性

この記事へのコメント

1. Posted by さん   2008年02月04日 22:59
4 今日初めてこのホームページを知りました。すごく参考になりました。3月の試験に向けて今から頑張ります^^今後もどうか良きアドバイスをお願いします。
2. Posted by 挑戦中   2008年02月04日 23:11
いつも参考にさせていただいております。
僕は9月に2級に合格することができ、
3月に1級を挑戦する予定です。

今は実験計画法に重点を置き、直交表まで
なんとか辿り着きました。

あと少し勉強した後、今度は回帰分析の基礎
から勉強しようと思っておりますが、なかなか
理解しやすい参考書やサイトが見つかりません。

そこでお尋ねしたいのですが、回帰分析をこれから
勉強するにあたり、お勧めの参考書やサイトなど
はありますでしょうか?

よろしくご指導願います。
失礼します。
3. Posted by 山田です。   2008年02月05日 19:07
さん さんへ

お褒めにあずかり、恐縮です。

今後ともよろしくお願いします。

挑戦中 さんへ

日科技連から出版されている
品質管理のための「実験計画法テキスト」しか浮かびません。

当方も最近購入しました。新書だと4200円です。
もちろん、ユーズド価格で購入しました。

このテキストには、昨年の9月の1級問題の中で
回帰分析(繰り返しのある場合)が
説明されております。

9月以前この本を見つけていたら、スムーズに
解けたと思っていますが。。。
4. Posted by さん   2008年02月07日 14:54
5 コメント返信頂き ありがとうございます。

毎日QC検定、品質管理に関するHPを検索して
いますが、なかなかありませんね。
こちらの最新記事は本当に核心!って感じです。

少し勉強している中で自分は管理図の読み取り方、
係数に関すること、統計が弱点であることに
簡単に気付きました。自慢ではありません^^;

とっぷり文系の私ですが 3級検定に受かって
実践に生かせるよう頑張ります。また、力を
貸してください。




5. Posted by 管理人の山田です。   2008年02月08日 20:59
さん さんへ

過分なるお褒めの言葉、ありがとうございます。

自分の弱点がわかりましたか。
QC的には、現状把握&要因分析ができたということですね。

次は対策ですね。重点指向して効果ある対策に結び付けてください。

70点がボーダーラインらしいですので、
競争相手は自分だけと言うことです。

頑張ってください。