平方和とは(QC検定2・3級社内通信教育)分散の加法性について(QC検定2級)

2008年01月30日

変動係数(QC検定2・3級社内通信教育)

今日は変動係数を求める問題です。

変動係数を求める問題は過去2、3級でも出題されています。

変動係数=標準偏差/平均値

であります。

ここで、試験場で、式が思い出せなくなった時の

ワンポイントアドバイス

問題では、標準偏差、平均値の各データが与えられています。

変動係数は%とありますので、常識的に、

1より小さい値が答えに近い値と予測できます。

一般的に平均値データ>標準偏差データより

割り算ということさえ覚えておれば、例えば 標準偏差 1、平均値 5

ならば

変動係数=1/5 しかありません。

よって、1/5=20%  です。

これで変動係数の問題が出題されてもクリアしました。


(変動係数の使い道)

標準偏差の大きさは原変量の大きさの影響を受けます。

原変量に大きな差のある変量の標準偏差を比較しただけでは、

どちらがより変動が大きいかの判断はできないので、

そこで、変動係数=標準偏差/原変量の平均値

を求めて、変動の大きさの相対比較に使います。






山田ジョージ at 20:18│Comments(0)TrackBack(0) QC検定3級 | 基本統計量

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平方和とは(QC検定2・3級社内通信教育)分散の加法性について(QC検定2級)