QC検定2級用の出題傾向を調べました。平方和とは(QC検定2・3級社内通信教育)

2008年01月24日

今日からQC検定3級通信教育スタートする

今日から、以前このブログでも紹介しました今回QC検定3級を

受験するM君に対して、メールを使った、通信教育をスタートしました。

計算問題を中心にやっていこうと思っています。

最初はメジアンを求める問題からです。

メジアンの問題は下記の4パターンしかありません。

・データ数が奇数個の場合

 。院ぃ押ぃ魁ぃ粥ぃ

 ■機ぃ魁ぃ粥ぃ院ぃ

・データ数が偶数個の場合

 1,2,3,4

 ぃ粥ぃ押ぃ院ぃ

メジアンとは中央値であるので、

有限個のデータを小さい順に並べたとき中央に位置する値。のことである。

ただし、データが偶数個の場合は、中央に近い2つの値の算術平均をとる。

メジアンの問題がでたら、

・まず数字を小さい順並べる

・奇数個の場合は中央の値
 
 よって 3

・偶数個の場合は

 よって (2+3)/2=2.5

これでメジアンはの問題はOKです。

M君の解答もOKでした。





山田ジョージ at 19:00│Comments(0)TrackBack(0) QC検定3級 | 効率的勉強方法

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QC検定2級用の出題傾向を調べました。平方和とは(QC検定2・3級社内通信教育)