QC検定試験を推奨している部署がある?QC検定1級で予想問題が的中していました。

2008年01月02日

QC検定1,2級必須問題:自由度を求める

自由度を求める問題は過去

QC検定試験で1級、2級でも、必ず出題されています。

今回は実験計画法(2元配置実験)で説明します。
(例)
2つの因子A,Bをとりあげる。
繰り返しのある2元配置実験を行う。
Aを3水準、Bを2水準、繰り返し数を3とする。
AとBの交互作用も考えるとする。

分散分析表を作成するには、まず自由度を求める。
1.主因子
Aの自由度:Aの水準数ー1=3−1=2
Bの自由度:Bの水準数ー1=2−1=1

2.交互作用
A×Bの自由度:(A自由度)*(Bの自由度)=2*1=2

3.全体の自由度
全体の自由度:(総実験数ー1)=18−1=17

4.誤差の自由度
誤差の自由度:(全体の自由度)−(A自由度)-(B自由度)-(A*B自由度)
=17−2−1−2=12

分散分析表

-----------------------------------------------------------
因子  自由度   平方和  不偏分散    F値
-----------------------------------------------------------
A      2     SA     VA=SA/2     FA=VA/VE
-----------------------------------------------------------
B     1     SB     VB=SB/1     FB=VB?VE
-----------------------------------------------------------
A*B    2    SA*B    VA*B=SA*B/2  FA*B=VA*B/VE
-----------------------------------------------------------
残差   12     SE     VE=SE/12
-----------------------------------------------------------
合計   17

分散分析表がつくれれば、後は、各F値とF表との5%(1%)との値を比較

すれば良い。

分散分析表をつくれるよう勉強しましょう。



山田ジョージ at 10:47│Comments(0)TrackBack(0) QC検定1級 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

QC検定試験を推奨している部署がある?QC検定1級で予想問題が的中していました。