第4回QC検定結果の講評QC検定センターから1級の品質管理検定合格証が届きました。

2007年12月17日

QC検定が国家資格までなるよう

2007年度のQC検定の受験者数は約15、000名であったと
「標準化と品質管理」の12月号に記載されてましたが、

一方機械系での資格である
日本プラントメンテナンス協会が行っている機械保全技能士
は2005年度実績で27,000名の実績となっています。
(日本プラントメンテンス協会発表)

また、機械保全技能士は国家資格となっていますが、
QC検定資格は公的な資格となっておりません。

歴史が浅いためか、QC検定資格は
まだまだ、受験者数とそのレベルで機械保全技能士との差がある事実は
否めません。

このQC検定資格が国家資格と昇格するよう、
日本品質管理学会&規格協会等にがんばっていただきたいものと思っています。


そして、ますますQC検定資格が発展し、グローバルな資格にまでも
なるよう期待したいと思っております。




山田ジョージ at 19:31│Comments(0)TrackBack(0) QC検定試験全般 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

第4回QC検定結果の講評QC検定センターから1級の品質管理検定合格証が届きました。