QC検定資格をとれば数字に強くなる?

2018年11月07日

選択肢を絞り込むには、問題文をよく読むこと!

2018年9月の2級試験問1は検定からの出題で、選択肢の中には初見の語句「ウエルチの検定」があり、受験者の皆さんは戸惑われことと思われます。
ここは平常心で下記の基本知識で対応可能な内容でした。

最低限の基本知識はt検定量 です。
t=(xbar−μ)/(√V/√n)
を知っていることです。

設問は~い泙任△蝓8つの選択肢から4つを選ぶものです。
∧貶散の違い?を問う問題で、統計量 キ:VA/VBを。
ここは秒殺的に正解すべきもんだいです。
ク:VA−VBを選んで回答した人は、かなりの勉強が必要です。

試験片20個、計測法Aで15個、計測法B。母分散A、Bは異なるとの題意より
選択肢オ、の正解を選ぶことができます。

せ邯格20個、それぞれの計測法で10個、計測法B。母分散は同じとの題意より
選択肢エの正解を選ぶことができます。

〇邯格10個、2つの計測法との題意より
選択肢ア、の正解を選ぶことができます。

「平均値の差」の検定まで、十分試験対策をとってきた人は少ないと思われますので、なんとか今持っている知識で、正解する執着心が必要です。
今回の問1の問題では、検定統計量選択肢で,魯△肇きオとカぅΔ肇┐2択(確率50%)に絞ることができます。
実際の試験場で合否を分けるのは、鉛筆を転がして、運を天に任せて選択肢を選ぶか。それとも、何とか選択肢を3択→2択まで絞り込む「あがく」かによって合否が分かれます。




山田ジョージ at 07:14│ QC検定2級 
QC検定資格をとれば数字に強くなる?