2018年9月2級試験の手法分野は難しかったが実践分野はそうでもない第26回(2018年9月)3級試験

2018年10月09日

第26回試験のweb合格発表(2級編)

先の9月に実施されました試験結果の合格発表がありました。
合格されたみんさんおめでとうございます。
不合格となった方は、来年の3月の試験に向けて気持ちを切り替えてください。合格への王道は最後まであきらめないことです。

今回は、2級について投稿します。2018年9月(26回)に実施されたQC検定2級試験の合格率は前回の過去最低の数値17%から25%と8ポイント高くなりました。9月の2級試験の手法分野では、過去の出題傾向と違って難易度は高くなったと、コメントしましたが、実践分野が平易な内容だったのか、合格率は上がりましたね。手法分野で60%、実践分野で80%トタータル70%で合格?

難易度が高いと思った手法分野の問題は、具体的には、下記の通りです
問1:ウエルチの検定
問2:ポアソン分布の一般式を求める問題
問3:確率分布の基本性質を問う内容
問5:相関係数の検定統計量
問7:度数表からの統計量を求める注意力がいる面倒くさそうな問題
等が挙げられます。

2級受験対策は、
・実践分野が長文化傾向になってきて、この分野に時間がとられて、手法分野の計算問題の時間が足りなくなってきていることも挙げられますので、過去問で慣れておくこと。
・手法分野の計算問題では、基本的な計算式は、試験場で考えるのではなく、スラスラと手が覚えている状態までトレーニングすることです。

この試験を受験される人は、ほとんどの方が社会人ですので、まとまった勉強時間が取れない悩みがあるかと思います。
このような環境下での、社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることで、完璧を目指さない、ボーダーラインの得点で合格する意識を強く持つことです。
手法分野で60%、実践分野で80%トタータル70%で合格を勝ち取るといったところでしょうか?

合格率が低くなったからと言っても、高得点を目指した勉強は効率的ではありません。ゆめゆめ、成績上位合格者とかの欲を出さないことです。限られた時間内で合格にこだわってください。
合格にこだわった勉強をススメています。
2級eラーニング



山田ジョージ at 03:57│ QC検定2級 
2018年9月2級試験の手法分野は難しかったが実践分野はそうでもない第26回(2018年9月)3級試験