2017年10月08日

2017年9月web合格発表で2級合格のIさん

9月(24回)のQC検定試験で2級に合格されたIさんよりメールをいただきましたので紹介します。Iさんは、8月の2級受験対策セミナーに近畿地域から参加された方です。
--------------------------------------------------------------------------
今年8月、QC検定2級受験対策講習(以下、セミナー)に参加させて頂きましたIです。昨日、日本規格協会のホームページで公表されたWEB合格発表において、自分の受験番号を検索した所、「合格」であることを確認しました。これで、晴れて合格確定となります。

思い出せば2ヵ月前、セミナー受講前は参考書を見てもさっぱり理解できず、過去問題集を解いてみるが、さっぱり解答できない状態でしたが、セミナー受講後は、合格への方向性が見えてきて、試験当日までの2週間でベストを尽くすことができました。

正直、今回の試験は準備万端で臨んだ試験ではありませんでした。セミナーでもお話しされていましたが、時間配分としては、「品質管理の実践」を30分(10:30〜11:00)、「品質管理の手法」を60分(11:00〜12:00)を目標に時間いっぱいまで粘り強く取り組みました。

実際は、「品質管理の実践」を20分程度、「品質管理の手法」を55分程度で時間は少し余る形となりました。「品質管理の実践」は長文化の傾向があるので、全部は読まず、解答に際して関連のある文章を読み解くようにしました。(全部読むのがいいのでしょうが、時間が足りない状況が予測されるので、そうしました。)

今回は、○×問題が13問あったので、最近の傾向としては、若干違う感じがしましたが、50%の確率で正答できると考えるとラッキーな問題だったと感じました。(ここは全問パーフェクト)

「品質管理の手法」は、問2のnp管理図の出題に少し戸惑い、最後の最後まで解答に悩みました。最悪、この設問を落としても、他の設問で点数を取ればよいと前向きにとらえ、他の設問に時間を割き、最後の15分で熟慮の上、カンでもマークシートを埋めるようにしました。(結果は8問中2問正解、6問不正解でした。)

問題の後ろにある付表を見て、正規分布表と抜取検査表しかないことにも驚きました。検定・推定の設問がない(過去問題では必ずといっていいほど出題されるはず)のかと思い、改めて確認すると一つもないことに気づきました。今回は、過去にはない若干違うタッチで出題されていると感じました。(出題者が今までとは違うのか? よく分かりませんが・・・。)

そのためか、今回の合格率が36.38%(前回21.05%)と15.33%アップしています。なので、平均点が上がったのかなと感じました。というのも、会社の後輩が自己採点で71%(「品質管理の手法」59%、「品質管理の実践」83%)だったそうですが、WEB合格発表で確認した所、不合格だったとのこと。合格基準には達しているようなのですが、概ね70%というのがネックになっているようです。(ひょっとしたら、本人のマークミスもあるかもしれないので、なんとも言えません・・・。)

セミナーで、基本知識で合格基準に達することを話しされていたこと、また、2級挑戦一回で合格することができました。はるばる富山まで行った甲斐があり、感謝しております!ありがとうございました。
---------------------------------------------------------------






山田ジョージ at 08:24│