2017年09月29日

2017年9月2級試験(実践分野:問8~問16)

今回は2017年の9月に実施された2級試験実践分野(問8~問16)について解説します。
この分野からは49問出題されました。
手法分野では48問だったので、合計97問題数となり、
合格基準が70%以上であるので、97*0.7=67.9となってしまい、分かりやすさと透明性からも、何故100問にしないのかと思う次第です。

また、実際の試験場では、まず実践分野から手掛けていくことを薦めます。その実践分野の中でも、秒殺的に解答できる、○、×問題から取り掛かることがベストかと。
具体的には
問11、15、16です。
その理由は、QCの知識がなくても、文章的に不自然と判断できるものがあるからです。以下その設問です。

×になる例として、
問15の,任蓮嵒ず~なくてはならい。」のような断定的な文章

○になる例として
問15のイ任蓮~場合がある」といったように、広義に記述されている文章

さらに、
問8は「検査」からの出題で
設問NO50は後の語句から正解は判断可能だったかと。”契約”が正解に選ばられる語句とは、違和感を感じましたね。

問13は標準からで5問
選択肢は複数回用いてもよいとなっていたので注意が必要でした。

問16
「三方よし」「企業は社会の公器」などの語句は参考程度でok。

今回の実践分野の難易度は、基本知識を取得していれば、合格基準をクリアーできた内容だったかと思います。社会人の方は、合格にこだわった受験対策で合格を勝ち取ってください。



山田ジョージ at 05:52│ QC検定2級