2017年01月12日

初めて合格率50%(2016年9月)をわった3級試験対策

これまでの3級の合格率は下記のとおりです。 
                      3級
2011年9月:67.47%
           ↓      
2012年3月:63.16% 
           ↓      
2012年9月:63.38%  
              ↓      
2013年3月:68.85%
           ↓      
2013年9月:51.15%  
              ↓      
2014年3月:50.69%
              ↓      
2014年9月:50.95%
              ↓      
2015年3月:50.24%
           ↓      
2015年9月:62.66%
           ↓      
2016年3月:55.98%  
           ↓ 
2016年9月:49.67%  

昨年の9月試験では、初めて5割をきった合格率となりました。
考えられる要因は2つあると思います。
一つは、QC検定資格の認知度も高まってきたことで、合格基準を限りなく正解率70%のボーダーラインに近づけてきたもとの思われます。

もう一つの要因は、新たに試験項目が追加となったことです。
(*品質管理検定レベル表 (Ver. 20150130.1)第20回から適用)

一般的に、試験の難易度は、下図のように試験範囲と知識レベルの2軸で決まりますので、3級試験項目では、「相関分析」「統計的方法」等が追加となりましたので、難しくなった思います。
ただ難しくなったといっても合格率が50%なので
合格率50%=平均点ですので、平均点をとるためには、みんなが正解する問題をミスしないことです。
そこで何を勉強するかと言いますと、これまでの頻出項目をやることです。

試験難易度





山田ジョージ at 14:35│ QC検定3級