2016年06月07日

難しくなった2級対策

21回(2016年3月)の2級試験は、過去最低の合格率となりました。
これまでの合格率は     
2011年9月:40.73%  
           ↓      
2012年3月:38.48%  
           ↓      
2012年9月:40.57%    
              ↓     
2013年3月:40.93%  
           ↓      
2013年9月:37.22%    
              ↓     
2014年3月:29.86%  
              ↓     
2014年9月:24.99%  
              ↓     
2015年3月:25.09% 
           ↓     
2015年9月:26.79%  
           ↓     
2016年3月:21.23%    
です。

3月実施の2級試験では、問3の計数値の検定と、問6の実験計画法の2問が難しかったと判断します。その中でも、計数値の検定は正規分布に近似法は利用できないとの内容であったので、難易度が高くなりました。
この二項分布の確率関数の直接計算する問題は、現在市販されているテキストに記載されていなく初見の問題でした。

ただ、以前に投稿しましたが、現場対応力で数問は正解できますが、その本質的な直接計算法の自分の知識も不確かですので、県立の進学校(毎年東大に数名合格している)の高校で、数学を教えている先生に問3の解説を依頼しましたが、よく分らないとの回答が返ってきました。

この試験を受験される人は、ほとんどの方が社会人ですので、まとまった勉強時間が取れない悩みがあるかと思います。
このような環境下での、社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることで、完璧を目指さない、ボーダーラインの得点で合格する意識を強く持つことです。

よって、このような専門家さえも分からない問題を理解しようとするために時間を費やすことはやめるほうが得策だと思う次第です。




山田ジョージ at 06:13│ QC検定2級