2015年9月実施の2級試験を振り返る(2)新たな品質管理検定レベル表対応

2015年11月24日

QC検定2級計算問題対策

前回の記事で読者の方から質問がきましたので紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月にQC2級を受験し、苦手な計算問題で落ちてしまいました。

来年3月に再度チャレンジしようかと思っています。
(中略)

実験計画法の計算式が掲載されていましたが、私には全く意味が分かりません。

こんな私でも理解可能になりますでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

計算式とは次のことのようです。
総平方和=ΣΣ(データ−水準の平均)の2乗+nΣ(水準の平均−総平均)の2乗
      =残差平方和+級間平方和

分散分析表を作成することできればOKだと思いますが。
このような方は全部を理解しようとするがあまり、それに時間をとられ、不合格になる人が多いと思います。
少々乱暴にいうと、実験計画法は全くダメ(勉強しない)であるが、他の手法分野で点数を稼ぐ手段も考えられますが。。。。。。





山田ジョージ at 09:19│ QC検定2級 
2015年9月実施の2級試験を振り返る(2)新たな品質管理検定レベル表対応