2015年03月01日

3級試験では,過去問を勉強することは合格への必須な作業です。

一般的に、過去の試験問題を勉強することは合格への必須な作業です。
特にQC検定3級試験は繰り返し類似問題が出題されていますので、過去問を知ることは不可欠です。

過去問題で学ぶQC検定3級(2015年版) 

過去問題を勉強する中で
々膤覆垢襪砲蓮⊆茲蠅海椶靴討呂い韻覆ぬ簑蠅覆里。
あるいは、
難易度が高いので正答が難しい問題なのか。
について把握することが必要です。

直近の2〜3年分の過去問をやれば、
繰り返し出題されている、「基本統計量」、「管理図」、「ヒストグラム」等はミスしてはいけない問題だと解るとでしょう。

ここで注意すべきことは
社会人の勉強は、合格に徹することです。完璧(満点)を目指すことではありませんし、全部理解する気持ちを捨てることです。そうしないと挫折する可能性が大きくなります。
完璧を求めるあまり、少し解らないところがでてくると、勉強を途中で止めてしまうことになります。こうなると不合格へ一直線です。

枝葉末節な細かい問題まで気配りせず、完璧を目指さない「ドライ勉強法」で合格を勝ち取ってください。




山田ジョージ at 07:05│ QC検定3級 | 過去問