品質管理検定レベル表の改定によって”難易度”は本当に変わらないのか?3級試験では,過去問を勉強することは合格への必須な作業です。

2015年02月26日

これからの勉強で合否が決まります。!

昨年より職業訓練校の短期課程で、「経営管理・生産管理+品質管理検定3級」の講師を務めていますが、前半の経営・生産管理の科目が終了しましたので、昨日(2月25日)からQC検定3級の講義をスタートさせました。

当初23名が受験予定でしたが、就職が決まった方(1名)が退校されましたので受験者は22人となるものと思われます。

第1日目の内容は、3級の試験範囲である手法の分野の一つ
「データの取り方・まとめ方」について説明をしました。

具体的には
.如璽燭亮鑪
・計量値と計数値の違いについての具体例
・計量値と計数値が組み合っている場合

∧貊乎弔班庫
・正規分布
・無限母集団と有限母集団の違い

4靄榲計量
・練習問題として、1,2,3,4,5の5つのデータの
平均値、中央値、範囲、平方和、不偏分散、標準偏差、変動係数の計算
・不偏分散≠分散

す程能力指数
・何故Cp=1.33が良いのか
・Cpkの簡易な計算方法
等です。

3級を受験する方で、これから勉強を始めようとしている人へ
時間的には十分間に合いますので、始めた勉強は最後まで続けることが合格への
ポイントです。




山田ジョージ at 04:18│ QC検定3級 
品質管理検定レベル表の改定によって”難易度”は本当に変わらないのか?3級試験では,過去問を勉強することは合格への必須な作業です。