品質管理検定レベル表の改定品質管理検定レベル表の改定によって”難易度”は本当に変わらないのか?

2015年02月09日

「品質管理の実践」分野の効果的な受験対策!?

このQC検定試験は「品質管理の実践」と「品質管理の手法」の2つ分野から出題されると発表されています。

例えば、2級試験の「品質管理の実践」の大項目は下記の通りです。
■品質管理の基本
■管理と改善の進め方
■品質の概念
■プロセス管理と品質保証
■問題解決
■検査及び試験
■標準化

この分野の効率的な勉強方法は過去問題集をテキスト代わりとして、繰り返し利用することが効率的です。
そのやり方として
,海譴泙任硫甬醋笋鯑手する。
該当箇所に正解を記入する。(選択番号でなく、正解の語句)
テキスト代わりとして、読む。(2〜3回)
こ催箇所の正解語句を消して、問題を解いてみる。

間違った問題については△ら再度行い、問題文章の中で前後関係から正解とされている適切な語句を理解できるまで繰り返し勉強を行なうようにします。
このように過去問を活用すれば「品質管理の実践」の受験対策のテキストはいりません。

最初解らなくても、ある程度の正解の候補を絞ることができます。その絞った中での一番適切な正解を、問題文として意味が通る感覚を上記の勉強方法で掴むことが大事です。

ここで注意が必要なのは、、最近の試験では問題文が長いので、慣れておく必要があり、過去問を勉強することは合格への不可欠な要素です。

過去問は直近の2〜3年分あれば十分でしょう。

過去問題で学ぶQC検定3級(2015年版)

過去問題で学ぶQC検定2級(2015年版)



山田ジョージ at 09:49│ QC検定2級 | QC検定3級
品質管理検定レベル表の改定品質管理検定レベル表の改定によって”難易度”は本当に変わらないのか?