2013年02月27日

QC検定3級講座の2日目

QC検定3級講座の2日目の内容は、3級試験範囲の手法分野
「QC7つ道具」「新QC7つ道具」について説明しました。

「QC7つ道具」で、特に頻出科目であるヒストグラムと管理図について記述します。
1.ヒストグラム
・作成上の注意点としては、級(柱)の数(√データ数)、区間の幅(測定単位の整数倍)、境界値などがポイントです。
・見方としては、二山型→層別、絶壁型→選別などがkey ワードです。

2.管理図
・用語として、3シグマ管理、群、群の大きさなどが重要な語句です。
・管理限界線の算出式は暗記しておくと良い。
・管理限界線内であっても、異常の判定ルールも重要です。

手法分野は2日(3hr/日)実践分野は1日で終える予定ですので、これから本格的に勉強しようとするみなさん、期間的には十分間に合いますので、あきらめず、前に進めてください。

3級の合格率は約68%で推移していますので、100%理解できなくても合格できます。
社会人の勉強は、徹底的に合格にこだわることです。
完璧を目指さず、合格にこだわった受験対策を推進しています。
QC検定3級受験対策コース




山田ジョージ at 06:36│ QC検定3級 | QC7つ道具