過度な不安感は捨ててください。QC検定3級講座の2日目

2013年02月20日

QC検定3級の講義内容です。

1月9日より職業訓練校で、「経営管理・生産管理+品質管理検定3級」の講師を務めていますが、前半の経営・生産管理の科目が終了しましたので、昨日からQC検定3級の講義をスタートしました。
その内容の一部を紹介します。

第1日目の内容は、3級の試験範囲である手法分野から進めています。
具体的には
・データの種類
計量値と計数値の違いについての具体例
・母集団と標本
・サンプリングと誤差
ここでは、使用している市販のテキストの記載では
ばらつき:真の値と個々のデータの差
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ばらつき:平均値からの個々のデータのふぞろいの程度
と修正説明をしております。
・基本統計量
練習問題として、1,2,3,4,5の5つのデータの
平均値、中央値、範囲、平方和、分散、標準偏差、変動係数の計算
みんさんも一度やってみてください。
・工程能力指数
です。

生徒さんの中で3級を取得された方が1名おられますが、みなさん前向きな熱意が伝わってきて、全員合格するような、わかりやすい講義内容で進めていく所存です。

読者の方で、これから勉強を始めようとしている人へ
十分間に合いますので続けることです。



山田ジョージ at 17:12│ QC検定3級 
過度な不安感は捨ててください。QC検定3級講座の2日目