QC検定試験の出題範囲である確率の考え方を実生活に品質管理検定3級の講師を務めます。

2012年12月27日

品質管理検定(QC検定)新制度の概要

品質管理検定の新制度の概要がHP上で発表されています。
当初11月25日に発表予定でしたが、諸般の事情?とやらで1ヶ月延期されたものです。

発表された概要です。
「2級不合格通知書→成績レベルの情報開示」
・受験者の多くは自己採点しているので、試験の結果は把握できているのではないでしょうか。自己採点をしていない受験者を対象とてして情報開示することなのでしょう。しかし、資格試験は、合格、不合格だけでいいのではないでしょうか。
むしろ、1級の2次試験論述に定性的な評価としてA(総合得点60%以上)、B(総合得点60%未満)等を知らせることは受験生にとって有益な情報となるのでは?

・過去の品質管理検定2級試験で自己採点で63%の正答率の方が合格されていますが、そもそも、合格基準が概ね70%以上としていること自体を、国家試験並みの70%以上と見直しされた方がすきりすっきりすると思いますが。

「準1級の創設」
・受験料を○○%割り引くとありますが、何%なのでしょうか?
・品質管理検定2級不合格者A判定で不合格となった人にも受験料の割引を適用すればよいのでは。
・1次試験で70%で準1級合格とありますが、2次試験の評価は、どないなっているのか気になるところです。

概要は品質管理検定1,2級不合格者への再受験を促すためにモチベーションの維持制度を新たに作ったということです。
1ヶ月延びましたので、かなり詳細な内容を期待しておりましたが、今一な内容だったかと思います。
受検する皆さんはどのように感じられたのでしょうか?





山田ジョージ at 17:10│ QC検定1級 | QC検定2級
QC検定試験の出題範囲である確率の考え方を実生活に品質管理検定3級の講師を務めます。