3月QC検定試験2級実践分野を振り返る。(その1)QC検定試験を受験される方へ。今からでも大丈夫です。!

2012年06月07日

QC検定試験対策で勉強している「確率の考え方」が身についていますか?

今回は、QC検定試験の科目の一つである「確率」について記述します。

当時の菅首相が浜岡原発の運転停止を決めた要因として、
政府の地震調査本部の発表
「浜岡原発下で発生すると想定される東海地震の発生確率は、今後30年以内で87%」
だと言われています。

この数字だけをみると、ほとんどの人が、まずいと思われ、
菅首相の判断が適切だと思われますよね。

しかし、確率として考えた場合
1年間で地震が発生する確率をPとすると、
1年間で絶対に地震が起こらない確率は1−P。
1年目に起こらない、2年目も起こらない、3年目も起こらない・・・・・・・・となって、30年間ずっと起らない確率は
(1−P)の連続する積になるので、(1−P)の30乗。
従って
(1−P)の30乗=1−0.87=0.13より
計算すると、P≒0.066となり、約6.6%となります。

1年以内に地震が起こる確率は約6.6%となりますから、最初の87%の数値と比較すると、えらく印象が違うと思いませんか?

87%という数字に惑わされて、すぐ起るというふうに勘違いする人が多いと思います。数字に煽られないためにも、折角QC検定試験で確率の勉強もするのですから、このような知識も身につけたいものです。


参考書籍
「数学を知らずに経済を語るな」:高橋洋一





山田ジョージ at 09:15│ QC検定2級 | 確率分布
3月QC検定試験2級実践分野を振り返る。(その1)QC検定試験を受験される方へ。今からでも大丈夫です。!