3月QC検定試験の基準回答当QC検定受験対策ブログが最優秀賞を受賞!!

2012年03月26日

QC検定2級試験でオリジナル・テキストの例題が的中!

3月に2級を受験されたみなさん、発表された基準回答で自己採点をされましたか?

出題された手法分野について振り返ってみたいと思います。

第4問の単回帰分析の問題は
2級受験対策コースのオリジナル・テキストでは、単回帰式の分散分析表の作り方を記載しており、
さらに、テキストでの例題1、2はぴったし試験問題と同じ内容でありました。
オリジナルテキストの
例題1では
xの平均値、平方和、yの平均値、平方和、xyの積和 各々の数値が与えられている時の
最小二乗法による回帰式を求める内容
例題2では
分散分析表での、回帰変動、残差変動の平方和、自由度、平均平方、分散比の空欄を
埋めていく内容です。

受験対策コース受講者は、ばっちり点数がとれ、他受験生との差がついたと判断いたします。
もちろん、まじめに勉強していたことが前提となりますが。

回帰分析からの出題は久しぶりだったので、みなさんの出来は如何でしたか?
この単回帰分析からの出題は、過去に1級試験に2度出題された内容なので、
2級単独受験者(1級と併願受験していない)の多くは難しかったのでは、と思います。


第1問については、前々回までは、第1問は「サンプリング」の問題が定番となっていました。
今回は、前回に引き続いて、「検定」から出題されました。
今後もこの傾向が続くのではないでしょうか?
出題内容は、検定を行う手順を問う基本的な問題であったので、ある程度点数は取れたものと判断します。
また、問題文に
・平方和を分散で割った統計量
・ばらつきの帰無仮説
など、Χ(カイ)の2乗分布を導くための、key wordがあったので、すんなり正答できたもの思います。
反面、ここで間違えた人は、検定の基本的な知識を再度復習することが肝要です。

第2問は確率分布からの出題でした。
データの標準化から得られた値を正規分布表で読み取る知識があれば、ほぼ全問正解できる内容だったかと思います。
ただ、
Y−Xの標準偏差を
。亜ィ娃粥檻亜ィ娃魁瓧亜ィ娃
◆複亜ィ娃瓦裡仮茵檻亜ィ娃海裡仮茵砲諒進根
さすがに△療えは正解の選択肢になかったので、誤りに気がつかれたと思いますが。。。。
いずれにせよ、間違えた人は、しっかりと「分散の加法性」勉強する必要があります。
言い換えれば、2級合格するためには、ミスしてはいけない問題だと思います。


自己採点で不合格が確定的となった人へ

今申し込まれると、9月(6か月間)の試験日までサポートしております。(通常4カ月間)
QC検定受験対策コース






山田ジョージ at 09:56│ QC検定2級 
3月QC検定試験の基準回答当QC検定受験対策ブログが最優秀賞を受賞!!