2011年10月24日

再び!QC検定で勉強している期待値について

平成20年の中小企業診断士試験からの問題です。

問題
初期投資額400万円を必要とする投資案の
第1年度のキャッシュフローの現在価値200万円となる確率0.5
300万円となる確率が0.5と予測されている。

第1年度に200万円のキャッシュフローの現在価値が生じた場合に
第2年度のキャッシュフローの現在価値300万円となる確率0.5
400万円となる確率が0.5と予測されている。

また、第1年度に300万円のキャッシュフローの現在価値が生じた場合に
第2年度のキャッシュフローの現在価値300万円となる確率0.5
400万円となる確率が0.5と予測されている。

設問
仝什濂礎佑隆待値は?

∪橘8什濂礎佑隆待値は?

解答
。僑娃伊円
■横娃伊円

正解できましたか?

来年の1級の問題に出るかもしれませんよ。

解説は続きから

仝什濂礎佑隆待値
第1年度の期待値
200*0.5+300*0.5=250
第2年度の期待値
(300*0.25+400*0.25)*2=350

∪橘8什濂礎佑隆待値
600−200=400




山田ジョージ at 06:12│ QC検定1級