QC検定とファイナンスとの関係→期待値(リターン)と分散(リスク)QC検定で勉強している期待値と分散と確率

2011年10月13日

QC検定で勉強している期待値(リターン)と分散(リスク)

昨日の続きです。

今日は、期待値=リターン標準偏差=リスクの問題を紹介します。

問題1
今年の中小企業診断士試験の「財務・会計」で出題された問題です。

以下の表は、オートフォリオA〜Iのそれぞれのリスクとリターンを示したものである。
投資家がリスクを回避的であるとき、選択されるべきポートフォリオとして最も適切な
ものを選べ。
ただし、リスクはリターンの標準偏差で測られたものとする。

       A B C D E F G H I
リスク    3   3 3 4 4 4 5 5 5 
リターン    4 5 6 4 5 6 4 5 6 

正解:C

QC検定の合格を目指して勉強しているみなさん、
期待値、標準偏差はしっかりと理解しましょう。
QC以外の場面でも、きっと役に立つものと思います。








山田ジョージ at 07:15│ QC検定試験全般 
QC検定とファイナンスとの関係→期待値(リターン)と分散(リスク)QC検定で勉強している期待値と分散と確率