QC検定9月2級試験を振り返る(その3)QC検定1級試験の論述問題の評価基準は

2011年09月25日

QC検定9月2級試験を振り返る(その4)

9月の実施されたQC検定2級試験の手法分野の振り返りです。
前回の記事では最後といいましたので、今回の記事はオマケです。

今回の試験では、「サンプリング」、「相関・回帰」、「新QC7つ道具」の科目からは出題されませんでした。
「相関・回帰」は問題を出題す側からすると、計算問題が作りやすいのですが
今回は出題されませんでした。
その代わりといいますか、1級の試験問題で、回帰分析で、2級もどきな問題が出題されました。

今後2級を受験される方は、機会があったら、確認しておいてください。
最小二乗法を図示したもので、解りやすく、本質的な内容だと評価します。
最小二乗法が今一ピンとこない方には、図示されているので、いい教材だと思います。

読者の方から2級の勉強方法について質問を受けました。
内容は、数気靴習っていないので、計算問題が特に理解できないとの内容でした。

QC検定2級に合格するために、理解すべき計算式は約20個程度でOKですので、
あきらめず、繰り返しやられることをオススメします。
記憶するくらいまで、やられることが大事です。
最初解らない問題も、何回も繰り返しやれば、それなりに、なんとかなるものです。

最後まで、あきらめない気持ちを持つことが、合否の要因でしょうか。
もう一つは、全部の問題を解ろうとしないことです。
具体的には、試験でミスしても良い問題、正解すべき問題をきっちり
層別できていることがスタートです。
全部を解りたいとする気持ちは、理解できますが、勉強をやらない項目を
決めることも大事です。
社会人の皆さんは、合格にこだわるべきと思います。

そんな計算問題が苦手な方には、3月の試験日までサポートしています
QC検定2級eラーニング
がオススメです。








山田ジョージ at 15:38│ QC検定2級 
QC検定9月2級試験を振り返る(その3)QC検定1級試験の論述問題の評価基準は